ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

二十四節気がテーマの優しいスイーツを、心地良い空間で。元古本店

和宮近くの五道営胡同から伸びる、小さな路地、箭廠胡同。

ローカル色あふれていますが、ブリュワリーのArrow Factory Taproomや西洋料理Origineなど、注目のお店が営業しています。

 

その並びにある、元古(ユエングー)本店。

外からは見えないけれど、とても素敵な落ち着ける空間で、創作中国式スイーツとお茶が楽しめます。

 

f:id:minghuabj:20170708122342j:plain

↑外観。

 

f:id:minghuabj:20170708122410j:plain

↑木のぬくもりを感じる、一見シンプルだけれど温かみのある内装です。胡同歩きで疲れた体を休めるのにぴったり。

 

ここで外せないのが、四季や二十四節気をテーマにしたオリジナルのスイーツ。

(参考)二十四節気二十四節気 - Wikipedia

中国の自然な食材を使って、それぞれの季節をイメージしたスイーツを提供しており、

私にとってはかなり新感覚というか、嬉しい驚きでした。

 

春夏秋冬をそれぞれテーマにした4種のスイーツは、常時販売しています。

中でも一番人気というのが、こちら↓

f:id:minghuabj:20170708122434j:plain

↑春がテーマの茉莉青茶酪(ジャスミンティーケーキ・35元)。

ジャスミンの優しい味わいがふわっと口の中に広がる、繊細なムースです。私はこれが一番好き。

 

f:id:minghuabj:20170708122454j:plain

↑手前は、秋がテーマの枸杞米酒糕(クコの実とライスワインのケーキ・35元)。

米酒が香るほんのり甘いケーキ、中にはクコの実が入っています。

奥の丸いのは、名前を忘れてしまいました…。

どれも花茶ととても合います。

 

f:id:minghuabj:20170708122516j:plain

↑冬がテーマの雪耳百合団子(35元)。白キクラゲの食感が楽しいです。

 

二十四節気がテーマのスイーツは、季節によってメニューが変わります。

今は夏なので、「立夏」「小満」「夏至」といった名前のスイーツがメニューに登場している、といった具合です。

 

中国茶とユニークな甘味でほっと一息。北京生活の楽しみが一つ増えました♪

 

店内では、雑貨や工芸品も販売しています。↓

f:id:minghuabj:20170708122536j:plain

 

毎シーズン訪れたくなる、覚えておきたい一軒です。

 

 

元古本店

住所:东城区箭厂胡同34号

元古本店电话,地址,营业时间(图)-北京美食-大众点评网

 

 ↓ランキングに参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村