ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

一度は行っておきたい。知る人ぞ知る、胡同の小さなイタリアン~mercante

おいしいイタリアンが北京にも増えてきましたが、

中でも個人的なお気に入りは、mercante。

ここ、ぜひとも一度は行っておきたい!

場所はやや分かりにくいですが、知る人ぞ知る人気店です。

でも、そのロケーションも、mercanteの大きな魅力であることは間違いないと思います。

 

南鑼鼓巷、什刹海、鼓楼東大街の中間あたり、

ローカル色の濃い胡同にあります。

知らなければ見過ごしてしまうくらい、周りの胡同に不思議と溶け込んでいる店構え。

 

f:id:minghuabj:20170724151058j:plain

f:id:minghuabj:20170724151113j:plain

↑外観。お店の前は何回も通っているのに、夜の暗い写真しか撮っていませんでした。しかも季節が違う(汗)。

周りはかなりローカルで、商店などが並んでいます。

 

mercanteのオーナーは、イタリア人のOmarさん。

何度かお会いしているので顔見知りになりました♪

北京の胡同が好きで、このロケーションを選んだそうです。

 

Omarさんの故郷はイタリアの中部よりちょっと北の辺りで、パルミジャーノ・レッジャーノや、パルマハム、ボロネーゼなどの本場。まさに美食の宝庫だと教えてくれました。

mercanteのメニューは、Omarさんの故郷の味がメインになっています。

ちなみに、麦子店のイタリアンFIUMEは姉妹店。

 

f:id:minghuabj:20170724151337j:plain

f:id:minghuabj:20170724151616j:plain

↑店内はこぢんまりしていて、席数は少なめ。予約して行く方がいいと思います。

 

夜に訪れたら、照明はわりと暗めに落としてあって、雰囲気良し。

なので逆に、写真を撮るのが難しくて、

私のスマホカメラでは、お料理が全く綺麗に撮れませんでした(汗)。

以下の写真、写りが悪くてすみません!本当はもっとお料理の色合いも良いんです~。

 

そして、メニューは季節によって変わったりするので、下記はご参考まで。

 

f:id:minghuabj:20170724151635j:plain

↑サービスのパンと、生ハムの盛り合わせ(138元だったかな)。

パンは毎日お店で焼いているそうです。ハムもチーズもおいしくて、この時点で既に幸せ(笑)。

 

f:id:minghuabj:20170724151656j:plain

↑ほうれん草のボロネーゼ(68元)。パスタももちろん自家製です。

麺にほうれん草を練り込んであります。これ、大ヒット。また食べたい!

まだあるかな?メニューから消えないでほしいです。

 

f:id:minghuabj:20170724151718j:plain

↑名前は忘れましたがフィレステーキ。分厚いけれどペロリと食べてしまいました♡

 

そういえば、イタリアンだけれどピッツァがなかったような。

しかしそれも、あえてなのだと思います。

メニューの品数はそれほど多くないけれど、無理をせず、丁寧においしいものを一つ一つ手作りしている感じがします。

 

f:id:minghuabj:20170724151742j:plain

↑デザートにはパンナコッタ(36元)。パンナコッタ大好きです♡

 

写真には撮っていませんが、豊富なワインリストを中心に、ドリンクもイタリアのものを揃えてあります。

イタリアのビールを薦められて頼んだら、ワインボトルのようなおしゃれなボトルで出てきました。面白い~。

 

お安くはないしアクセスも良いわけではないので、頻繁には行けませんが、

ご褒美に訪れたくなる、素敵なお店です。

このロケーションも含め楽しめるのは、北京ならでは。

 

他のお料理も楽しみに、また来たいです♪

 

 

mercante

住所:东城区方砖厂胡同4号

Mercante商贾 意大利餐厅电话,地址,营业时间(图)-北京美食-大众点评

 

 ↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村