ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

アートに囲まれたラグジュアリーなデザインホテル~ホテルエクラ北京

東大橋のおしゃれなショッピングモール、芳草地(Parkview Green)。

他の大衆的な(?)モールと違って、一歩先を行っている感があり、なかなか見応えがあります。

 

その芳草地に入っている、ホテルエクラ北京。

トリップアドバイザーの2017年トラベラーズチョイスで、

ホテルアワードの中国1位になっています。

www.tripadvisor.jp

 

私は、ちょっと前に中を見学したことがあります。

(例によって、泊まってはいませんが)

これがもう、個性が強すぎてラグジュアリーで、驚きっぱなしでした!

 

f:id:minghuabj:20170809132616j:plain

↑芳草地の外観。正面のエントランスから入り、左側がエクラのロビーです。

 

ロビーの写真は撮っていませんでした。

しかし、足を踏み入れると、その世界観に圧倒されます。

どこもかしこもアートがあふれていて、さながら美術館や

お金持ちの美術品コレクション部屋のようです。

 

それもそのはず、ホテルのオーナーは、香港の不動産王という

聞くだけで富豪なイメージ…。

 

そういえば、モールの芳草地にも芸術品がところどころに置かれていますし、

この建物全体が、アートが大きな柱というか、テーマになっていることがうかがえます。

 

客室は16階から20階に位置。

全100室と、部屋数は多くない方だと思いますが

それだけ、一部屋一部屋にこだわって作っているのを、これから目の当たりにするのでした。

 

さっそく客室階へ。

エレベーターに乗ると…

 

f:id:minghuabj:20170809132647j:plain

↑エレベーターの中にこんな椅子が!

 

客室階は、各階にテーマを設定しているそうです。

 

f:id:minghuabj:20170809134355j:plain

↑西洋風のフロア。この彫刻、「(サルバドール・)ダリ」!

 

f:id:minghuabj:20170809134511j:plain

↑この階にずらりと並ぶビンテージ自転車をはじめ、芸術品の多くは、オーナーのコレクションだとか…(くらくら目まいが(笑))。

 

他に、中国風のフロアもありました。

 

そして、お部屋はスイートをいくつか見学。

それぞれのお部屋に芸術品が備わっていて、奇抜というか突飛にすら思える装飾もあります。

こんなホテルのお部屋、見たことない!と、凡人の私は驚きが止まりません(汗)。

 

f:id:minghuabj:20170809134629j:plain

↑マイアミスイート。この絵画は、うーん…?

 

f:id:minghuabj:20170809134706j:plain

↑ベッド脇の電気スタンド。この白いおもちゃの銃のようなものが、電気のリモコンになっているんです。試しにやってみたら面白かった。

 

f:id:minghuabj:20170809134736j:plain

↑マイアミスイートのバスタブ。

 

f:id:minghuabj:20170809134823j:plain

↑この部屋に限らず、スイートはどれも広い広い。

 

f:id:minghuabj:20170809134851j:plain

↑マイアミスイートには、白いグランドピアノまであります。

どんなセレブが来るんだ、と何度も心の中で突っ込みましたよ…。

 

f:id:minghuabj:20170809135040j:plain

↑こちらはプレジデンシャルスイートの一部。

プレジデンシャルスイートは、一番広い最高級の部屋です。

その広さ、なんと600㎡ですって…。

部屋の中に、20人くらい座れる円卓もありましたもん。

 

f:id:minghuabj:20170809135115j:plain

 

f:id:minghuabj:20170809135148j:plain

↑お手洗いキュートです。

 

一部のお部屋には、広いテラスが付いています。

どの写真がどの部屋のテラスか分からなくなってしまいましたが、こんな感じです。

中にはテラスにプールが付いているお部屋も。 

 

f:id:minghuabj:20170809135236j:plain

 

f:id:minghuabj:20170809135302j:plain

 

もう、本当にゴージャス。

お値段ももちろんそれなりにしますし、スイートとなればなおさら一般人には手が届きません。

 

ただし、スイートではない標準的なお部屋であれば、わりとベーシックなデザインで装飾も控えめとのことです。私は今回見ませんでしたが。

装飾がありすぎるのはちょっと引く…とか、ゴージャスでなくてもいいからこのホテルに泊まってみたい、という人も、そちらならきっと大丈夫だと思われます(笑)。

 

ホテルの担当者によると、

スイートは、芸能人が訪れて雑誌の撮影に使われたり、

セレブ(誰?)のプライベートなパーティが開かれたりもしているそうです。

 

さて、ホテルにはレストランバー「George's」もあります。

1階はバーやアフタヌーンティー、2階は食事にふさわしい感じ。

 

f:id:minghuabj:20170809135334j:plain

↑↓2階。やっぱり、どこを切り取ってもアートだらけ。

f:id:minghuabj:20170809135356j:plain

 

f:id:minghuabj:20170809135449j:plain

↑1階。ここで一杯飲むだけでも、気分転換になりますよ私は(笑)。

 

f:id:minghuabj:20170809135520j:plain

↑茶器もエレガントです。

 

George'sは、宿泊客でなくとも利用できます。

アフタヌーンティーや、夜のDJイベントなども開催しているようですよ。

 

いやいや、泊まらなくても十分、非日常感を味わわせてもらいました。

このように、とても個性的なデザインですので、

人によって好みが分かれると思いますし、落ち着かない人もいるかもしれません。

もちろん設備は十分ですし、そういった意味では快適でしょう。

何しろ、トリップアドバイザーの中国1位ですしね。サービスも期待できるのではないかと思います。

 

ある意味北京にいることを忘れそうな、ラグジュアリーな空間。

ワクワクを求めて、また覗きに来ようかな♪

 

 

ホテルエクラ北京

Hotel Eclat Beijing 北京怡亨酒店

住所:朝阳区东大桥路9号

公式サイト

www.eclathotels.com

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村