ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

大作なのにB級、でも意外に面白い!?映画『グレートウォール』

チャン・イーモウ監督と言えば、私はやっぱり『初恋のきた道』なんですよね。

その後、アクション大作を撮るようになって、すっかり彼の作品を観なくなっていました。

 

でも、この米中合作映画『グレートウォール』は、

長城が舞台なのにマット・デイモンが主演って何ナニ?と、気になって鑑賞。

 

『グレートウォール』(The Great Wall)2016年

監督:張芸謀チャン・イーモウ

出演:マット・デイモン、景甜(ジン・ティエン)、ウィレム・デフォー劉徳華アンディ・ラウ)、鹿晗(ル・ハン)ほか

 

あらすじはAmazon商品サイトや公式サイトをご参照ください。

私は英語音声(一部中国語)&中国語字幕で観たので、もしかすると全部理解できていないかもです。

 

宋の時代。60年に一度、人間を襲来する怪物「饕餮」(tāo tiè/タオティエ、とうてつ)と長城を舞台に戦うアクションです。

長城は饕餮の襲撃を防ぐために作られた、という、大胆な解釈で描かれます。

 

ヒロインの景甜、香港スターのアンディ・ラウ(『インファナル・アフェア』好き♡)の他にも、中国側キャストがかなり豪華。

中国の超売れっ子鹿晗、アイドルグループTFBOYSの王俊凯(ワン・ジュンカイ/宋の皇帝役!)、

彭于晏(エディー・ポン)、林更新(ケニー・リン)など。

私が分かるだけでもこれだけ出ているので、

中国の観客はもっと嬉しいだろうなー、と。

 

で、感想。

大コケし、酷評も多いらしく、ツッコミどころは確かに満載ですが、

意外にも面白かったです(笑)。

まあストーリーにひねりはないんだけれど、難しく考えず楽しめました。

 

CGの迫力や色の使い方、圧倒的なエキストラの多さなど、

中国ならではの強みをうまく見せていた感じです。

ロケも中国で行われたとか。

饕餮という、ワケの分からない怪物がもう気持ち悪くて(笑)。

ちなみに饕餮は、古代中国の伝説の怪物だそうです。どえらいビジュアルになったなぁ。

 

ハリウッドのアクションものとは違って、

見たことのない戦い方をしていたのも面白かったです。

女性兵士たちが長城からバンジージャンプをして、迫り来る饕餮に攻撃したりとか。

今にも壊れそうな(!)気球に乗ったりとか。

 

チャン・イーモウってこういう映画も撮るんですね~。全然イメージが違ったので新鮮でした。

 

ちなみに、公式サイトには、

マット・デイモンチャン・イーモウらがエピソードを語っている

スペシャル映像がアップされています。

エキストラには、少林寺から来たメンバーもいたとマット・デイモンが語っていました。

 

 

『グレートウォール』公式サイト

greatwall-movie.jp

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村