ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

【釜山】北京発フライトの遅延により、現地で両替ができないピンチ!

日本へ一時帰国→北京→釜山→北京→日本→上海(今ここ)。

ワケあって、ここ1カ月ちょいの間にこれだけ移動している私です。

早く北京に戻って落ち着きたい~。

 

さて、北京から釜山に弾丸一人旅へ出発した時の話です。

そもそも北京から釜山に行く日本人自体が、とても稀だとは思いますが、

もしかしてもしかして、同じように釜山を訪れる方がいるなら、参考になればいいなと。

 

最近、中国発着のフライトは遅延・欠航がひどい。

最近に限ったことではないかもしれませんが。

私が先週乗った、北京発釜山着の便も、2時間近く遅れました。

 

f:id:minghuabj:20170819014016j:plain

↑この日、天気も空気も良かったのに。別の理由があるのでしょうね(汗)。

 

と、遅れながらも無事出発し、釜山空港に着いたのは22時近く。

入国審査や荷物受け取りなどを済ませ、空港からホテルへ向かおうとすると、既に22時を過ぎていました。

 

移動するには、韓国ウォンが欲しい。

私はこれまで、北京から海外に行く時は

銀聯カードユニオンペイ)を使って現地のATMで現金を下ろしていました。

銀聯カード、本当に便利。日本でも、ベトナムでもカンボジアでもミャンマーでも、ATMで現金が引き出せています。

なので、人民元を多めに持って行って、両替するなんてことはやっていません。

 

では、韓国はどうだろう?と一応事前に調べておいて、

国際カード対応のATMであれば、銀聯カードで現金が引き出せるとの情報をゲット。

早速、空港内のATMを探しました。

 

すると、予想外の事実が発覚。

釜山空港のATMは、22時までで終了していたのです…。ちーん。

もちろん、銀行窓口もアウト。

 

しかし、ウォンがなければタクシーだろうと地下鉄だろうと、ホテルに行けない。困った。

手元に人民元はちょっとあったので、タクシーの運転手さんに英語で事情を説明して、途中で両替できる所を探してもらうか…。

ああ、もう少し早く空港に着いていれば、こんなことにならなかったのに。

恨んでもどうにもならないけれど、遅延をグズグズ恨む(笑)。

 

幸いにも、空港から市内に向かう電車が、まだ動いていることに気付きました。

空港の目の前にある空港駅に行ってみると、ATMを発見!

 

f:id:minghuabj:20170819014138j:plain

↑安心するのはまだ早いです。

右の機械で銀聯カードを試す→対応していない。

最後の望みを賭けて、左を覗く。

 

f:id:minghuabj:20170819014303j:plain

↑右下に、わー、銀聯カードのマークがある!

無事に、ウォンを引き出し、地下鉄の切符が買えました。

 

と、いうことで…。

★空港のATMが使えるのは22時まで

★空港向かいの駅に1台、銀聯カード対応のATMがある

 

以上、釜山に行かれる方がいれば、参考になれば幸いです。

入国前にウォンを両替して持って行けば済む話?ハハハ…。

 

ちなみに、空港以外の市内のATMも、国際カード対応のものとそうでないものがあるので、

国際カード対応のATMを見つけたら、多めに両替しておく方が良いです。

もちろん、クレジットカードや銀聯カード支払いができるお店も多いですが。

 

どうにかウォンをゲットして、地下鉄で釜山市中心部へ。

 

f:id:minghuabj:20170819014355j:plain

↑地下鉄ホームの様子。

 

f:id:minghuabj:20170819014444j:plain

↑空港から釜山駅方面に行くには、まずここで乗り換え。

 

f:id:minghuabj:20170819014527j:plain

↑暗くて全貌が見えないけれど、釜山駅は超ビッグ。

夜は駅前で、ダイナミックな噴水ショーが。

 

そんなこんなで、いや全く大したことはないのだけれど

予想外にあたふたしてしまった到着初日でした。

2泊3日のうち、思うように動けたのは2日目だけでしたが、

一人で計画を立てて街を歩き、とても楽しく過ごせました。

 

■おまけ■

 

私の好きなカルビーのスナック、おさつを発見。

 

f:id:minghuabj:20170819014608j:plain

↑ハングルの名前も「おさつ」!

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村