ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

牛スープで牛肉しゃぶしゃぶ♪ 三公潮汕鮮牛肉火鍋

家の近くにあり、その存在は知っていたものの、

なーんだか魅力が分からなくて、訪れることがなかった火鍋のお店…。

 

f:id:minghuabj:20170909190807j:plain

↑夜に撮ったらますます分かりませんね(笑)。

その牛肉火鍋のお店に、ついに足を踏み入れてみました。

 

f:id:minghuabj:20170909190837j:plain

↑外から見ていた印象より全然小ぎれいだった!

そして、壁の向こうにも席があります。なんと個室まであった。

遅めの時間に行った時、店員さんに営業時間を聞いたら、

「深夜2時までやっています」とニコニコ言われました(驚)!

 

f:id:minghuabj:20170911000621j:plain

↑お店に入ってすぐ、肉切り場が!ワイルドです。

 

牛肉火鍋という名前を聞いたことはあったけれど、いまさら初挑戦。

周りのテーブルを覗くと、あれ、スープの色が薄い!

メニューを見ても、全然辛そうじゃない!

 

…そう、こっちは勝手に、火鍋と名前につくものは、辛い鍋なのだと思い込んでいたのです。

しかし、辛くなくても鍋は「火鍋」なのですな、中国では。

そういえば、日本の鍋だって、中国語メニューにすると〇〇火鍋ってなりますもんね。

今まで辛くて赤い火鍋ばかり食べていたから、「火」鍋は辛いと思ってしまっていたのです。ハハハ~。

 

初心者丸出しでよく分からないまま、スープと具材を頼んでみました。

注文したら早速、セルフでタレを取りに。

 

f:id:minghuabj:20170909190938j:plain

↑タレや薬味、調味料を自分の好みで取ります。

私は決まってゴマダレ+葱。

そして麻油があったのでひとかけ。麻油好きなんです、辛いけれど。

って、私のブレンドタレ、中国人からしたら邪道なんだろうな(汗)。

火鍋好きの中国人で、すっごくおいしくタレをブレンドする人たまにいるんですけど、自分では再現できない!

 

f:id:minghuabj:20170909191011j:plain

↑メニューの裏表紙に書いてあった、肉の部位図鑑。

なんか、牛舌(牛タン)以外、私が知っている名前と全然違うんだけど…なんだなんだ?

焼肉屋とかスーパーで見かける名前ではないぞ。

 

f:id:minghuabj:20170909191033j:plain

↑とりあえず、燕京ビール(鮮啤8元)。グラスがちょっとおしゃれ(笑)。

「ビンダ」(冷たいの)と言わないと、常温が出てきます。

 

f:id:minghuabj:20170909191100j:plain

↑初回、よく分からないまま「骨汤」スープを選んでみた。38元。

牛骨で取ったスープ。これ、おいしいー!

そして、2回目の訪問時は、「清汤」スープ(19元)を選んでみたのですが、

値段が2倍も違うのに、味の違いがよくわからなくて、結局どっちもおいしい(笑)。

そしてどちらも、スープにはデフォルトでトウモロコシ、冬瓜、セロリが入っています。

 

f:id:minghuabj:20170909191122j:plain

↑ほうれん草、きのこ盛り合わせ、凍豆腐

凍豆腐は、高野豆腐に似ています。

 

f:id:minghuabj:20170911000717j:plain

↑揚げ腐竹。腐竹は中国の湯葉みたいな感じ。

揚げたの初めて見ました。結構なインパクト(笑)。

 

そして、お肉!

って、お肉が一番先に出てきたけどね。

注文して即、先ほどの写真の肉切り場で切ってくれているみたいです。

 

f:id:minghuabj:20170909191152j:plain

↑吊龙伴。札には「10~12秒しゃぶしゃぶする」と書いてあります。

 

f:id:minghuabj:20170911000658j:plain

↑2回目は、嫩肉にしてみました。

名前の通り柔らかくて、私はこっちが好き。

(「嫩」(nen)は柔らかいという意味)

 

具材が揃い、早速しゃぶしゃぶ。

上の写真にある通り、この鍋、見慣れないざるのようなものがついてきました。

使い方がよく分からず、たまにざるに乗せてしゃぶしゃぶしてみたり(笑)していたのですが。

後で調べてみると、肉を一気にざるの上でしゃぶしゃぶして、

色が変わってきたら、ざるをあげて鍋の縁に引っ掛けて、自分のペースで食べる。

というのが、正しい食べ方のようです。

 

初めてで若干戸惑ったものの、

牛のスープでカットしたばかりの牛肉をしゃぶしゃぶ、なかなかイケます!

変な味ついてないし、辛くもなくて優しい味。

わりと日本人の味覚にも合うんじゃないかな?

そして、店員さんの愛想も接客態度も結構良いことも手伝って(?)、

初回訪問時に気に入ってしまい、それから何度もリピートしています(笑)。

(それなのに、正しい食べ方を知らなかったという(笑))

 

中国の鍋は辛い、と思い込んでいる人、

牛肉火鍋はアリですよ!

あ、名前の「潮汕」とは、広東省にある地域の名前。

南方の火鍋スタイル、北方の羊肉しゃぶしゃぶとは違って面白いですね。

 

うーん、広い中国、まだまだ未知の食べ物が山ほどあります。

食べられる中国の料理が一つ増えました(笑)。

 

 

三公潮汕鮮牛肉火鍋

住所:朝陽区工人体育場北路世茂工三13号院1号楼底商

三公潮汕鲜牛肉火锅电话,地址,营业时间(图)-北京美食-大众点评网

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村