ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

勢いを感じるブックチェーン店~Sisyphe西西弗書店(来福士店)

中国は今、国慶節&中秋節の連休真っ最中。

連休前に、東直門の一大ショッピングモール、来福士購物中心をぶらぶらしていたら、

本屋がオープンしたとかで、あちこちに大々的に広告が貼ってありました。


気になって立ち寄ってみました。

モールの2階です。


f:id:minghuabj:20170928015802j:plain

↑エントランス。あら、なんだか良い感じ。カフェも併設しているようです。

しかし、店名が読みづらい😅


日本では、至る所に本屋さんがありますが、

中国で本屋さんって…正直、廃れているような所が多いです。

新華書店とか、全然ワクワクしないし(笑)。

それでも北京ではここ最近、センスの良い本屋さんやブックカフェが増えてきた気はします📑


f:id:minghuabj:20171002104030j:plain

↑北京テーマの装飾。お土産になるグッズがあったりするのかな?


f:id:minghuabj:20170928021207j:plain

↑グッズは売っていますが、あまりお土産になるようなアイテムは見つかりませんでした。


f:id:minghuabj:20171002104209j:plain

↑お店からのメッセージ。

「リュックサックが重い?預けましょう!

    立っていると疲れる?座りましょう!

    買うのは高すぎる?写しましょう!

    ご意見はありますか?仰ってください!」

みたいな意味だと思います。(私解釈)

って、あれ?新しいと思ったら、1993??


そして、店内をぶらぶら。

配置など、日本の本屋さんを彷彿とさせます。


f:id:minghuabj:20171002104109j:plain

↑小説で売れるのはやっぱり東野圭吾さんの作品。

村上春樹さんも根強い人気です。


f:id:minghuabj:20171002104142j:plain

↑『君の名は。』(中国語名:你的名字)から、人間失格羅生門失楽園まで!


f:id:minghuabj:20171002104236j:plain

伊坂幸太郎さんの『ゴールデンスランバー』だ!中国語名は『金色梦乡』。

私、伊坂幸太郎さんの大ファンで、『ゴールデンスランバー』は特に好きな作品の一つです。

中国でも翻訳されて読まれているなんて、なんだか嬉しいです。


そういえば、中国の本屋さんでは、文庫本を売っているのを見たことがありません。

私は小説を文庫で読む派です。小さくて持ち運びにも保管にも都合が良いし、価格もハードカバーより安いし。

文庫本は日本独特の文化なのかな?

文庫のような持ち運びに便利なサイズなら、中国でももっと本が売れるのではないかと、おせっかいにも思ってしまいます。

…って、今は電子書籍で読むから売れないのかな😓

 

f:id:minghuabj:20171002104254j:plain

くまモンの本が存在感大😏

くまモンは中国語で酷MA萌(ku ma meng)、中国でも人気です~。


f:id:minghuabj:20171002104454j:plain

↑旅行ガイドブックのコーナー。るるぶ地球の歩き方の中国版もあります。


f:id:minghuabj:20171002104525j:plain

↑キッズコーナーもありました。

0歳から12歳までが対象と幅広いです。


f:id:minghuabj:20171002104554j:plain

↑奥の方に併設されていたカフェの入り口。


f:id:minghuabj:20171002104617j:plain

↑カフェで注文すれば、一度に1冊、本が持ち込み可みたいです。

読んだら元に戻してね、と書いてありますので。


この本屋さん、来福士以外にも複数店舗があるようです。

なんだか勢いを感じます。

トレンドを発信できるような、エンタメ性があってまた来たいと思えるような書店が、今後中国でも増えてくるかもしれませんね。


 

西西弗書店(来福士店)

住所:東城区東直門南大街1号来福士購物中心2階

西西弗书店(来福士店)电话, 地址, 价格, 营业时间(图)-书店-北京购物-大众点评网

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村