ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

辛い物好きは挑戦を!行くなら2人以上がベター~拿渡麻辣香鍋

中国の辛い料理と言えば、火鍋とか、麻辣燙(マーラータン)とかが思い浮かびます。

しかし、串串香と同様、麻辣香鍋は意外と日本人には知られていないような。

実際、私の周りの日本人も、食べたことがない人がわりといてびっくり。

 

minghuabj.hatenablog.com

 

麻辣香鍋は、簡単に言えば、汁なし麻辣燙といった感じの辛~い料理。

麻辣燙と同じく、ローカルすぎるお店は味にバラつきがあるし衛生面に不安なことも。

そんな中で私のお気に入りの麻辣香鍋店は、全国チェーン店の拿渡(ナードゥー)です。

 

私は、上海で働いていた時、よく同僚とお昼拿渡に行っていました。

だいたい、4人くらいで一緒に行って、一つの鍋を囲んで食べるとちょうどいいです。

野菜、肉、きのこなどの具材がずらーっと並べてあるので、

食べたいものを店員さんに伝え、ボウルに取ってもらいます。

人数を聞かれるので、「4人」と答えると、なんとなくそれぞれの具材を4人分入れてくれます。

4人の場合は、何も言わないとかなりの量を入れられるので、「これは少なめで」とかリクエストして調節してもらうこともできます。

ボウルの重さでお会計、という流れ。

お会計を済ませると、選んだ具材を厨房で調理してくれます。

 

北京にも店舗があるのは知っていたけれど、そういえば北京で食べていないな、と思い、

ふと、一人で工体にある世茂工三の地下のお店に入ってみました。

 

しかし!

この世茂工三のお店、暗い!

わざと照明を落としておしゃれにしている、とかではないんです。

営業しているの?って言いたくなる、やる気のなさそうな暗さ…。

店内の写真を撮る気もなくしました。ので、店内写真なしです(笑)。

 

私の記憶だと、他のお店はちゃんと明るかったはずなのです。

これから行くなら、世茂工三以外の支店をおすすめします!

 

気を取り直して、具材を選んで注文しました。

「1人」と伝えると、店員さんは「じゃあ少な目にしますね」と言って、

私が選んだ具材をボウルに入れていってくれます。

選び終わって、重さを量り、お会計。

店員さん「63元」

えええ!!!!高っ!!!!

 

麻辣燙でも、20元を超えると高いと思っているのに、63元なんて!

しかし、上海時代に4人でランチに行っていた時のことを思い出しました。

4人でワリカンして、だいたい一人30元以上は払っていたような。決して安いお店ではなかったんですよね。

1人で来ると、割に合わない感が出てしまうのでした。

 

f:id:minghuabj:20171106222852j:plain

↑番号札を渡され、席で待ちます。

北京&天津のお店の場所が書いてあります。

 

f:id:minghuabj:20171106222930j:plain

↑来ました~!約4年越しの、拿渡麻辣香鍋♪

写真では伝わりにくいんですが、このボウル、結構大きいんですよ~。

これを一人で食べるなら、たしかに割高感は仕方ないかも。

 

私が選んだ具材は、うずらの卵、ほうれん草、えのき、糸こんにゃく、レタス。

お会計時に辛さが選べるので、微辣にしたのですが、それでも結構な辛さ。

その上のランク、中辣以上は私食べられません。

一番辛い、特辣を食べられる日本人っているんでしょうか?いらっしゃったら尊敬します~。

 

微辣でも十分パンチが効いていて辛いけれど、ご飯が進んで、これがおいしいんです。

唐辛子がゴロゴロ入っていて、花椒もたっぷりなので、ちょっと慎重に食べますが(笑)。

辛い物好きな人は、きっとハマると思います♪

 

やっぱり拿渡の麻辣香鍋はおいしいです♡

そして、今回の教訓。

1人では行かない、行くなら2人以上で。

世茂工三のお店は暗いので印象良くない。行くなら他の店舗に!

 

 

拿渡麻辣香鍋(世茂広場・工三店)

住所:朝陽区工体北路13号世茂広場·工三地下1階

http://www.dianping.com/shop/5484387

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村