ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

マーラータンならまずここで♪楊国福麻辣燙

中国の辛いB級グルメといえば、日本でもひそかにファンが増えているらしい(?)マーラータン(麻辣烫)。

火鍋や串串香、麻辣香鍋など↓もいいですが、これらは2人以上で食べるのに適しているので、

一人で食べるなら、やっぱりマーラータンなのです♪

 

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

 

マーラータンは、汁ありと汁なしがあって、お店によって特徴も違います。

私は北京に来て、汁なしマーラータンにハマりました。

汁ありのマーラータンは、上海でもよく食べていたっけ。

 

ローカルすぎるお店にはやはり不安もあるので、優先的に大きなお店に入るのですが、

中でも気に入っているのは、楊国福(ヤングオフー)。

北京の至る所で見かけます。

 

f:id:minghuabj:20171125134934j:plain

↑こちらは、北新橋店。北新橋の駅からすぐの所にあります。

 

f:id:minghuabj:20171125135906j:plain

↑北新橋店の店内。一人で来ている人も多いです。もはやファストフードのような感覚です。

 

f:id:minghuabj:20171125141507j:plain

↑こちらは、建外SOHOにある国貿店の店内。

 

f:id:minghuabj:20171125140711j:plain

↑これも国貿店です。

 

マーラータンはこのように、野菜、キノコ、麺、肉類などの材料がずらりと置いてあるので、

自分でボウルに好きな具材を好きなだけ取ります。

拿渡麻辣香鍋と似ていますね。拿渡は、店員さんが取ってくれますが。

ボウルをレジに持って行って、重さを測ってお会計。

その際に、「微辣」「中辣」など、辛さのレベルがリクエストできます。リクエストできるかは、お店によりますが。

ボウルと引き換えに番号札が渡され、具材を厨房で調理してくれます。

でき上がったら番号が呼ばれて、調理されたあつあつマーラータンが出てくる、という流れです。

 

f:id:minghuabj:20171125135021j:plain

↑北新橋店で面白いものを発見。中国各地の味の特徴です。

(シミが飛んでいてごめんなさい…)

例えば、「甜上海」は、甘い上海。上海料理は甘いのが特徴です。

「麻四川」は、しびれる辛さ(麻)が特徴の四川料理

「辣湖南」は、四川料理よりも辛いと言われる湖南料理

あれ、北京は??一番右上の「涮北疆」?北疆って、北京じゃないですよね?あれ~?

 

f:id:minghuabj:20171125135059j:plain

↑そうこうしている間に、私のマーラータンができ上がりました♪

白菜、ほうれん草、春雨、糸こんにゃく、ブロッコリー、うずらの卵などたっぷり取りました。だいたいいつも20元台。

ちょっと麻油をたらすと、ピリッとさらに辛くなりおいしいです。

マーラータン、辛いですが、野菜もたっぷり取れるので実はヘルシーなんじゃ?と思っています。

満腹感が欲しい時は、麺を春雨ではなく乾麺にするのも◎です。

 

日本でもマーラータンのお店が増えているようですが、

中国ではより気軽に、そして安く食べられるのが嬉しいですね♪

 

 

楊国福麻辣燙

北新橋店

住所:東城区東直門内大街234号

http://www.dianping.com/shop/93183193

国貿店

住所:朝陽区建外SOHO東区8号楼底商0830号

http://www.dianping.com/shop/57736575

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村