ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

犬から新米飼い主へのメッセージ

犬を譲ってもらう際に、このような、飼い主に向けた注意書きをいただきました。誰が書いたのかは不明。

f:id:minghuabj:20180321231716j:image

↑まずは基本的な注意点。

食べさせてはいけない物、注射、お風呂など。

そして、六は、犬から新米飼い主へのメッセージが🐶

 

f:id:minghuabj:20180320093952j:image

これが、結構良いこと書いてあるではないですか。

かなり下手な意訳で恐縮ですが、訳してみます。

ウチのワンが男の子なので、「我」は「僕」にします。

 

(1)僕の一生はだいたい10年から15年。あなたとの別れが何よりも辛いことだよ。

 

(2)僕に命令する時は、僕に理解する時間をください。怒らないでね。僕はきっとあなたを許すけれど、あなたの忍耐と理解でもっと早く学習できるから。

 

(3)僕を去勢してね、そうすればもっと健康でいられるから。

 

(4)僕に良くしてね。この世界で一番あなたの愛が必要なのは僕だから。あまり長く怒ったり、冷たくしたりしないでね。あなたにはあなたの生活があり、友達がいて、仕事も娯楽もある。でも、僕にはあなたしかいないんだ。

 

(5)いつも僕に話しかけてね。あなたの言葉は分からないけれど、僕はあなたの声は分かる。知ってるでしょ?あなたが帰って来た時、僕がどんなに嬉しいか。僕はずっと耳を立てて、あなたの足音が聞こえるのを待ってるんだよ。

 

(6)僕に良くしてね。あなたがしてくれたことは永遠に忘れない。もし残酷なことをされたら、永遠に僕に影響するんだ。

 

(7)僕をぶたないで。僕には反抗する歯があるけど、あなたを噛みはしない。忘れないでね。

 

(8)僕がだるそうで、跳んだり走ったりしなくなったり、言うことを聞かなくなったと思ったら、僕を叱る前にちょっと考えてほしいんだ、もしかして何か問題が起きたのかもしれない。食べちゃいけないものを食べたかもしれない。病気かもしれない。もう年を取ってしまったのかもしれない。

 

(9)僕が年を取って、小さい時みたいに可愛くなくなっても、変わらず面倒を見て、病院に連れて行ってね。僕たちは皆、いつかは年を取るんだ。

 

(10)僕が年を取って、もう健康でいられなくなって普通の生活が送れなくなった時は、生きのびさせようとしないでね。僕はもうだめなんだ。

分かってるよ、あなたも僕との別れが辛いこと。でもこの事実を受け入れて、最期の時まで一緒にいてね。くれぐれも、「この子が死ぬのを見たくない」って言って離れたりしないでね。僕の命が終わる時、もしあなたに抱かれて、あなたの声を聞きながらあの世に行けたら、僕は何も怖くないよ。あなたは僕の家。大好きだよ!

 

なんだか、犬の顔を思い浮かべて書いていたらうるうるしてきました(汗)。

日本でも、ペットを飼う時こういうのってありますか?

 

f:id:minghuabj:20180321231020j:image

可愛い子です🐶

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村