ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

前途汽車のショールーム×カフェ Qiantu Lounge 前途体験館

中国は今空前の(?)EVブーム。電気自動車に対する意欲は、日本をはるかに超えていると思います。

4月に開催された北京モーターショーでも、EVメーカーの躍進が目立っていたみたいです。私は行きませんでしたが。

中国人の知り合いに聞いた話だと、新興EV企業は確認できているだけでも50社以上だとか。しかもその中で既に倒産(買収?)した企業も出始めているとのこと。凄まじい勢いです…。

 

そんなEVメーカーの中でも特に目立っている企業は数社あると思います。

4月、三里屯のど真ん中にショールームをオープンした前途汽車(Qiantu Motor)もその一つ。

 

ショールームの場所は、三里屯のランドマーク、太古里南区と北区の間にある那里花園の1階。なんてハイソ(?)なロケーションに(笑)。

しかも、単なる車のショールームというだけではなく、カフェを併設しているそうです。名前も中国語では「前途体验馆」、英語はQiantu Lounge。そうか、ラウンジか。

この辺りを歩けば意識しなくとも目に入るので、覗いてみました。

 

f:id:minghuabj:20180516235615j:image

↑バーストリートに面した店構え。スタイリッシュ路線です。

 

f:id:minghuabj:20180517000258j:image

 

車を買う気はもちろんないけれど、入ります。

展示している車は、2台だけ。

前途汽車が知られるようになったのは、スーパーカータイプのEVを他社に先駆けてお披露目した時からだそうで、

ここに展示されているのもその車なのかな?

車には詳しくないため、役に立つコメントができず恐縮です😅

 

f:id:minghuabj:20180516235723j:image

f:id:minghuabj:20180516235737j:image

f:id:minghuabj:20180516235825j:image

↑二人乗り。

f:id:minghuabj:20180516235835j:image

 

もう一台、ブルーの車。

f:id:minghuabj:20180516235756j:image

↑トンボは前途汽車のエンブレム。センスが個性的というかなんというか…😳

 

f:id:minghuabj:20180516235856j:image

 

店内の半分以上はカフェ&イベントスペースになっています。

 

f:id:minghuabj:20180516235936j:image

f:id:minghuabj:20180517000324j:image

↑本がたくさん売っています。小説、デザインやアート関係、旅行、料理などの国内外の本が揃います。

 

f:id:minghuabj:20180517000343j:image

f:id:minghuabj:20180517000405j:image

f:id:minghuabj:20180517000518j:image

f:id:minghuabj:20180517000545j:image

↑日本の本も。

 

f:id:minghuabj:20180517000443j:image

↑一番奥のスペース。スクリーンあり、イベントにも使えるようです。

 

f:id:minghuabj:20180517000616j:image

↑バーストリートを眺める窓際の席。

 

f:id:minghuabj:20180517000629j:image

↑トンボ〜💫

 

私は注文しませんでしたが、コーヒーにも力を入れているそうですよ。

 

このQiantu Lounge、ここが1号店で、HPによると上海や蘇州など他都市にもオープン予定みたいです。

車は買わないけれど、勢いのある新しい企業がこうやって街の風景を変えていく様子には日々圧倒されます。

しかし外車好きな中国人に、国産メーカーが、EVとはいえ果たしてどれだけ売れるのか、未来はあるのか。動向に注目するのも面白いですね。

 

 

前途体験館 Qiantu Lounge

住所:朝陽区三里屯路81号那里花園

http://www.dianping.com/shop/102419255

公式サイト

www.qiantumotor.com

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村