ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

北京のセブンイレブンのおにぎり。個人的に譲れないこだわり!

日常的に利用しているセブンイレブン

北京や上海には、日系のコンビニであるセブン、ローソン、ファミマ、ampmなどが進出しています。

もちろん現地のお客様がターゲットなので、日本とはラインナップが大きく異なります。

日本のコンビニって素晴らしすぎますよ。一時帰国するたび、目を輝かせてコンビニに入っています(笑)。

 

北京ではセブンイレブンをよく利用しています。

おにぎりののり、パリパリ系としっとり系があって、私は断然パリパリのりの方が好き。

 

f:id:minghuabj:20180612134927j:image

↑最近よく食べているおにぎり。左はサーモン、右は鶏肉&梅です。おいしいですよ。

ツナもよく食べています。

ツナは、しっとりのりとパリパリのりの2種類あるので、必ずパリパリを選んでいます。


f:id:minghuabj:20180612134931j:image

カニかまわさび味。「脆香海苔」とあるのが、パリパリののりを使っているおにぎりです!

 

私はセブンイレブンでおにぎりを買う時、個人的な絶対条件があります。

裏のラベルを見てみましょう。


f:id:minghuabj:20180612134934j:image

↑産地が「北京市平谷区」であること!工場の住所は、平谷区の経済開発区です。

この工場は、日本の技術指導が入っており、工場としてのレベルが高いのです。安全面、品質面でも安心できるし、何より他の工場のものよりおいしい。おいしそうに見えるのです。

実際、工場見学にお邪魔したこともあります。とても清潔で、中国の工場のイメージをはるかに上回るものでした。

※工場見学は一般の受付はされていません

 

このことを知ってから、セブンでおにぎりやお惣菜を買う時は、平谷区で作られた商品以外は買わなくなりました(笑)。

何種類か商品のラベルを見比べてみると分かりますが、おにぎりもお弁当も、複数の工場から納品されているので、全てが平谷区直送というわけではないのです。

選ぶ時は平谷チェックが欠かせません!

 

他のコンビニのお惣菜をなかなか食べる気にならないのも、やっぱりセブンの平谷で作られたものが安心だから。

おいしいものが北京より豊富な上海でも、コンビニのお惣菜に関して言えば、上海のコンビニの商品よりも北京のセブンの平谷の商品の方が絶対おいしい。と、思っています(笑)。

 

おにぎり、サンドイッチ、お弁当、惣菜系を買う時は、ぜひラベルをチェックしてみてはいかがでしょう。

って、そんな暇な人はなかなかいない??

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村