ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

清西陵そばに眠る、ラストエンペラー溥儀のお墓へ再び。入れないピンチ!?

週末、北京から車で西へ西へとお出かけ。

高速道路に乗って、途中SAに立ち寄ったりして↓、道も間違えたりして(笑)。

minghuabj.hatenablog.com

 

途中大雨が降ったこともあり、4時間近くかけて到着したのは、

世界遺産の清西陵。

…ではなく、清西陵の裏の墓地。

ラストエンペラーとして知られる、溥儀のお墓です。 

 

昨年も清明節(4月。中国のお盆のような、お墓詣りの時期)に行きました。

その時の記事↓。

minghuabj.hatenablog.com

 

今年も清明節に行きたかったのですが行けず、7月になって行ってきたのです。

 

お供え用にお花を買うつもりでしたが、高速を降りてから、花屋は見つかりませんでした。

運転してくれている中国人の友人が、「お花がなければ、お酒でも良いよ」と教えてくれて、

途中の売店で、白酒を購入しいざ墓地へ。

 

ようやく到着した、河北省・清西陵の崇陵の裏に位置する、華龍皇家陵園。

皇族の方々が眠っている墓地です。

 

f:id:minghuabj:20180728130350j:image

↑こちら。

看板には、「溥仪墓」の文字も見えます。

 

前回は、門が閉まっていましたが

ドライバーさんが守衛さんに話をしてくれ、入ることができました。

今回も、入れる気満々で行ったら…

守衛さんに止められました。

 

守衛さん「2時半までしか入れない」

※その時点でほぼ2時。入場時間の案内板などは一切なし。

運転してくれた中国人の友人「OK、すぐ行くから」

守衛さんがどこかに確認しに行く。戻って来る。

 

守「今日は雨が降ったせいで足元が緩んでいるため入れない」

※この時、雨はすっかり上がっている

 

私たち「昨年も来たからわかる。足元はコンクリートだし大丈夫なはず」

守「ダメだ。私たちもこれが仕事だ、仕方ない」

友「彼らは日本人で、毎年溥儀にお参りするために日本からわざわざ来ているんです!彼らはもうすぐ日本に帰ります。今日が最後のチャンスなんです。溥儀に一目お参りするだけでいいんです、すぐ終わりますから、入れてください!」 

…と、多少(!?)誇張を交え、交渉してくれる友人。このくらいの押しの強さがこういう場では必要です(笑)。

 

しばらくの押し問答の末、向こうが折れてくれたのか、

どうにか入ることが許されました。よかったー!


f:id:minghuabj:20180728130359j:image

↑またお目にかかれました。こちらにラストエンペラーが眠っています。


f:id:minghuabj:20180728130355j:image

↑お供えの白酒と共に。黄色の瓶が映えます。

溥儀さん、喜んでくれるかなぁ。

 

私たちのほんのわずかの滞在中、ずっと守衛さんが後ろからついて来て見張っていました。

が、何はともあれ、北京から約4時間かけてやって来て、お墓まで来れて本当に良かったです。

もし入れなかったら、売店で購入した白酒を持ち帰るところでした(笑)。

 

と、いうことで、

もし、溥儀のお墓に行くことがあるならば、できるだけ早めの時刻に行き、

門前払いされる可能性があることを承知で、それでもなんとか入れてもらえるよう、情に訴えるか、中国人と一緒に行き説得してもらうか、の準備をしておくことをおすすめします(笑)。

 

お墓詣りを終え、一同ほっとして、北京へ帰る高速にて。

河北省から北京へ入る時に、警察の検問がありました!

ドライバーの免許証・身分証・車の証明書(?)を、ランダムに検査されます。

私たちの車は引っかかりませんでしたが、万一同乗者にも提示を求められる可能性もあるので、運転していなくてもパスポートを携帯していくのがいいですね。

この検査、北京から河北省へ入る時はありませんでした。

北京へ入る車を厳しく検問しているのでしょう。

 

雨の中長時間運転してくれ、守衛さんとも交渉してくれた友人には感謝です🙏

 

※上記は2018年7月の情報です。今後変わる可能性もありますので都度ご確認ください。

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村