ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

リーズナブルさに脱帽。人気の浙江料理レストラン、緑茶(工体店)

ショッピングモールなどでよく見かけるレストラン、緑茶。

浙江省の料理を提供しています。

レストランなのに「緑茶」って名前、なんだか面白くて可愛い。

 

もう3年前くらいになると思いますが、友人にすすめられて初めて緑茶に行ったのは、大望路にある光華店。

人気店のようで、とっても混んでいました。

その後何度か行きましたが、やっぱり行列ができるほどの人気。

しばらく行ってなかったけれど、ふと工体店に行ってみました。

 

f:id:minghuabj:20171212011648j:plain

↑世茂工三にある工体店。あれ、緑茶ってピンクでしたっけ?可愛い。

そして、工体店は全然混んでいません。私が見たことのある他の店舗は、平日でも並ぶほどにぎわっているというのに。ここは穴場かも?(笑)

 

f:id:minghuabj:20171212011711j:plain

f:id:minghuabj:20171212011743j:plain

↑半個室のようなテーブルもいくつかあります。

 

f:id:minghuabj:20171212011933j:plain

↑普通の夕食時に行ったのに、予想に反して空いていて逆にびっくり(笑)。

わりとシックな雰囲気で、一見、高級レストランなんじゃないかと思う内装。

 

しかし!

この緑茶、驚きのリーズナブルなお値段で、お腹いっぱい中華が食べられてしまうのです。

 

f:id:minghuabj:20171212012140j:plain

↑メニューの一部。鉛筆でチェックを入れてオーダーします。このように、メニューは豊富。そして、文字がずらりと並んでいるので、分からないものは想像で(笑)。

オーダーにもよるものの、お安くないですか!?

 

2人で訪れましたが、安いのでいろいろ頼んでみよう!と注文。

 

f:id:minghuabj:20171212012205j:plain

↑麻醤油麦菜。10元!

油麦菜にごまだれソースがかかっています。ごまだれソース、なんだかピーナッツバターっぽい味に感じました。

私は中国に来て、油麦菜という野菜に出会い、好きになりました。日本にはないですよね!?

個人的に、ほうれん草とレタスの真ん中みたいな食感だと思っています。

 

f:id:minghuabj:20171212012235j:plain

↑麻婆豆腐。8元!

小皿ではなく3~4人前くらいあるのに、びっくりの安さです。

もちろん日本で食べる麻婆豆腐よりは辛いですが、中国で食べる基準で言うと、優しめの辛さだと思います。ご飯が進みます。

 

f:id:minghuabj:20171212013906j:plain

↑雪菜純豆腐。12元!

優しい味のスープです。

 

f:id:minghuabj:20171212013840j:plain

↑石鍋鶏湯豆腐。22元。

ちょっと甘めの味付け。

そして、豆腐ばかりになりました(笑)。

 

f:id:minghuabj:20171212012434j:plain

↑小鍋土豆。15元!

ピリ辛のじゃがいも。味が濃くておいしい。

 

f:id:minghuabj:20171212013543j:plain

↑面包誘惑という名前のハニートースト。28元。

これがこの日一番高い品となってしまいました!

緑茶に来たら、これを注文する女子の多いこと。でもこれって、まさか浙江料理…ではないですよね(笑)。全然中華デザートっぽくない看板デザートで意表を突くのが面白いです。

いかにもカロリーが高そうですが、やっぱり食べたくなってしまう。甘いものは別腹です。

 

こんなに注文して、いつも通りビールもたくさん飲んで、2人でお会計は150元弱。

そこら辺のローカルな食堂でもないのに、ましてや高級感すら感じられるこのレストランで、驚きの安さです。これが人気の秘密なのでしょうね。

(工体店は空いていますが…)

 

品数が多いので、次回はまた違ったオーダーができそうです。

ちょっと多めの人数でワイワイ中華を楽しむのにも、緑茶は知っておくと使えると思います♪

 

 

緑茶(工体店)

住所:朝陽区工体北路13号世茂広場工三4階

http://www.dianping.com/shop/5423552

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村