元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

サクサクとんかつが嬉しい♪衰えない人気のさぼてん(三里屯太古里店)

海外にもたくさん店舗がある、とんかつさぼてん。

芳草地に北京1号店がオープンした時は、ずっと行列が絶えなくて、

私も一人で入ろうとしたけれど、並んでいるので諦めた記憶があります(笑)。

その後、王府井、西単などにも店舗が続々オープンしました。

 

久しぶりにさぼてんに行きたくなり、三里屯のお店へ。

 

f:id:minghuabj:20180118011050j:image

↑太古里南区の地下1階です。中国語では「勝博殿」(胜博殿 shèngbódiàn)。

 

f:id:minghuabj:20180118011111j:image

↑明るく清潔な店内。この時は、私以外中国人客だったと思います。撮影時は閉店時間も近かったので空席がありますが、入った時はほぼ満席でした。

価格帯は決して安くはないのに、さぼてんは中国人に受け入れられている方だと思います。好きな日本食はとんかつ、という中国人の知り合いもいたっけ。

 

今回はヒレカツのセットを注文。小で68元だったかな?

f:id:minghuabj:20180118011131j:image

↑モリモリのキャベツと付け合わせ、そしてすりごま。ごまをグルグルすり潰しながら待ちます。

店員さんがちゃんと食べ方の説明をしてくれます。もちろん中国語ですが。

 

f:id:minghuabj:20180118011146j:image

↑来ました、とんかつ〜♪味噌汁とご飯もセットです。 サクサクのとんかつが海外でも食べられるのは、やっぱり嬉しい♪

とんかつのお供は、青島ビールです🍺中国ですから♪

 

f:id:minghuabj:20180118011207j:image

↑各テーブルに貼ってあるQRコード。これで、スマホでお会計ができるようになっています。現金やカードの場合はレジへ。 北京ではすっかり当たり前の光景になりました。

 

天喜に行った時には、58元、68元の丼を普通に食べている中国人を見て、北京のホワイトカラー層の所得は本当に上がっているんだなぁと思ったけれど、

さぼてんに来ても同じことを感じます。

一人前の御膳が80元、100元前後と、決して安くはないし、だからと言ってかしこまった高級日本料理店というわけでもない。 

さぼてんのような立ち位置のお店が繁盛するのって、(まだまだ一部だとは思いますが)豊かになっているのだろうなぁ、と感じました。

もちろん在住日本人にとっても、さぼてんが近くにあるのはやっぱり嬉しいですね♪

 

 

勝博殿(三里屯太古里店)

住所:朝陽区三里屯北路19号三里屯太古里南区B1階SLG21a-2

http://www.dianping.com/shop/17620217

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村