ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

鏡の世界に迷い込む。ミケランジェロ・ピストレットのミラー・ピクチャー『Oltre lo Specchio』@Galleria Continua 常青画廊

北京を代表するアート集積地、798芸術区には、大小さまざまな画廊が集まります。

 

798と、もう少し北に位置する草場地芸術区(私はここも大好き)には、外国系のギャラリーが北京に進出しているものもいくつかあります。

そのうちの一つが、Galleria Continua。中国語名は常青画廊。

 

f:id:minghuabj:20180930231709j:image

↑こちら。M Woods(木木美術館)↓の隣です。798の西2号門から入って東にひたすら進むと見つかります。 

minghuabj.hatenablog.com

 

Galleria Continuaは、イタリアのトスカーナで誕生したギャラリーです。

今はサン・ジミニャーノ(イタリア)、ムーラン(フランス)、ハバナキューバ)、そしてこの北京にギャラリーを構えています。

 

現在開催中の展覧は、イタリアのアーティスト、ミケランジェロ・ピストレットの個展『Oltre lo Specchio』。10月21日までです。

入場は無料でした。


f:id:minghuabj:20180930231713j:image

 

アートに詳しくない私はミケランジェロ・ピストレット氏について知らなかったのですが、

鏡のように表面を磨いたステンレススチールを用いて制作する「ミラー・ピクチャー」で知られるアーティストなのだそうです。

Michelangelo Pistoletto

北京では2008年以来2度目の個展とのこと。

 

と、私のように何も知らない人が入場しても、こういうギャラリーには普通、無料のパンフレットや中国語&英語で解説の書かれたフライヤーが置いてあるので、だいたいこんな内容の展示なんだな、というのが分かるし、持ち帰っておさらいもできます。 

 

f:id:minghuabj:20181001123155j:image

 

入ってみると、1階の広い空間には、それぞれの角度で設置された鏡が。


f:id:minghuabj:20180930231706j:image

↑無機質なんだけれど、それぞれ角度が違うので不思議な感覚になります。

このように、写真を撮っている人がたくさん。撮影は自由にできます。

 

f:id:minghuabj:20180930233115j:image

f:id:minghuabj:20180930232850j:image

 

観覧者が鏡に触れないようにと、スタッフが各所でずっと見張っていました。

 

f:id:minghuabj:20180930232845j:image


f:id:minghuabj:20180930232431j:image

↑これ面白い~。鏡に人の写真を貼りつけたような作品がいくつもありました。

撮り方によっては、自分を鏡に写り込ませてコラボレーションができますね(笑)。

今回の展覧では、このように中国を題材にした作品も公開されています。


f:id:minghuabj:20180930232522j:image

↑中国の公園で見る子ども。


f:id:minghuabj:20180930232425j:image

↑自撮りする親子を背後から撮る私(笑)。

 

2階に続きます。


f:id:minghuabj:20180930232854j:image

↑ボロさが逆に味がある階段を上ると…。


f:id:minghuabj:20180930232859j:image

↑先ほどの1階フロアを見渡せます。


f:id:minghuabj:20180930232422j:image

↑2階では主に、この鏡を叩き割るおじさんの作品が展示されています。

 

3階もあります。


f:id:minghuabj:20180930232429j:image

↑2階から3階への階段。

 

f:id:minghuabj:20181001123612j:image

↑3階の展示。


f:id:minghuabj:20180930232434j:image

↑天井が近くに。このギャラリーは、建築も良いです。798や草場地のギャラリーは、このようにハコ自体に趣があるものが多くて、それも魅力なんですよね。

空間をゆったり使った造りのギャラリーが多いように思います。

 

798ではこのような、外国人アーティストの個展も多く開催されています。

私のように芸術には疎いけれども、現代アートに興味があるという人にも、気軽に楽しめる場所ではないかな、と思います。

 

 

Michelangelo Pistoletto:Oltre lo Specchio

開催中~2018年10月21日

Galleria Continua 常青画廊

住所:朝陽区酒仙橋路2号798芸術区内

公式サイト

www.galleriacontinua.com

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村