ふわふわ北京日和

2014年1月から北京在住、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

上質なステーキ肉が自慢のお肉屋さん、Meat Mate(頤堤港店)

将台駅直結のショッピングモール、インディゴ(頤堤港)にて。

地下1階のBHGスーパーの向かいに、イートインもできるお肉屋さんがあります。

 

f:id:minghuabj:20181215002838j:image

↑こちら。Meat Mate、中国語名は鮮食肉舗。小さな店構えで、イートインも可能です。

三元橋の鳳凰匯購物中心にも店舗があるほか、北三環路の環球貿易中心にも最近オープンしたようです。


f:id:minghuabj:20181215002648j:image

↑クリスマスシーズンに訪れたので、店内の装飾がクリスマス仕様でした。

奥の冷蔵庫にもお肉がずらり。


f:id:minghuabj:20181215002721j:image

↑上には、イートイン用のメニューが掲示してあります。

ステーキをこんなに気軽に食べられるお店は珍しいかもしれません。って、お値段はそれなりにお高いですが。軽食メニューもあります。


f:id:minghuabj:20181215002809j:image

↑オープンキッチンでステーキを焼いています。

ステーキの焼き方は、レア、ミディアムレア、ミディアム、ウェルダンなどと選べるようです。

中国語ではそれぞれ「三分熟」「五分熟」「七分熟」「全熟」という言い方になります。もちろん、「三分熟」だと3割焼いているということ。カタカナよりも断然、漢字って分かりやすいですね(笑)。


f:id:minghuabj:20181215002827j:image

↑お肉の部位がいろいろと並んでいます。和牛と書いてあるのは、豪州産和牛種肉ですね。

(※日本の和牛は中国では輸入禁止になっています。そのため、中国で売られていたり、日式焼肉店でメニューに和牛と書かれていたりするのは、実際は豪州産和牛種肉であることが一般的です。というか、本当に日本の和牛を使っていたら、中国で法律違反だし、発覚すれば外交問題にもなりかねませんから。先日も、第三国経由の裏ルートで中国に密輸されかけ、中国入国の際に水際で止められたとかで、日本でもニュースになっていましたよね。

なので、その辺を知らず、焼肉店や他飲食店の紹介で豪州産などと書かずに「和牛使用」と書いているお店やメディアは勉強不足、もしくは要注意、と個人的に思っています。私は前職でメディアの仕事をしていてこの点は業界の常識でしたが、例えば中国の若い子が立ち上げたようなネットメディアなどでは、平気で和牛と書いている記事が散見されます。)


f:id:minghuabj:20181215002756j:image

↑お肉の他にも、ハムやオリーブなどが並びます。

変に高いんじゃ…と思ったところ、ハムは意外にも1パック20元くらいからありました。


f:id:minghuabj:20181215002624j:image

↑こちらはチーズ。手前のフルーツチーズのほか、カマンベールやミモレットなど、ちょこちょこ置いています。

私は学生時代にチーズ屋さんでアルバイトをしていたことがあり、チーズの種類は勉強したのでちょっとは分かります( ´艸`)


f:id:minghuabj:20181215002601j:image

クリームチーズ(ブルーベリー)と、ビアシンケンを買って帰りました。

ビアシンケンは中国語で啤酒肠、となっています。たっぷりこの量で約27元。良い具合のしょっぱさで、ビールのおつまみにぴったりです。

チーズは、甘く柔らかいのを想像していたのですが、硬くて塩気の方が強くて、想像と違いました。甘く柔らかいデザートチーズが買えたと勝手に思っていたので、勝手に残念がる私…💧

甘いデザートのようなクリームチーズが食べたいなぁ。

 

私はお持ち帰りで、しかも主力商品のお肉を買っていないというダメ顧客ですが(笑)、

それにしても、あんなに小さめの店内はほぼ満席で、若い中国人のお客さんたちは決してお手頃とは言えない(高級な部類と言ってもいいと思う)ステーキを頬張っていて。 

もちろん安い店ではなく、その辺のスーパーで 買うようなお肉とはかなり差別化を図っており、

そこにステーキを軽食感覚で食べに来る人たちでにぎわっているのは、やはり金銭的余裕がある人に支持されているのだろうな、と思いました。

ステーキを食べたいのであれば、他にももっと良いレストランが北京にも数軒あるものの、

こういうお店にふらっと訪れてステーキを食べるという選択をするのって、なんだか面白いです。

コスパを気にしてしまうケチな日本人(=私)的には、実際利用したくなるかは微妙かなぁとも思いますけれどね(^-^;

 

 

Meat Mate 鮮食肉舗(頤堤港店)

住所:朝陽区酒仙橋路18号頤堤港商場LG階

http://www.dianping.com/shop/94017490

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村