ふわふわ北京日和

2014年1月から北京在住、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

NY発の絶品ミルクレープが北京にも進出!行列のできるLady M(三里屯太古里店)

ニューヨークで大人気のケーキショップ「Lady M」が、三里屯太古里にもオープンしました!

北京ではまず朝陽大悦城にオープン。そしてこの三里屯太古里、さらに西単大悦城の現在3店舗あります。

朝陽大悦城にオープンした時から、中国人の若い女の子の間ですごく話題になっていて、私も行きたい行きたいと思っていました❣️

 

Lady Mは世界的にも有名なのですでにご存知の方も多いと思います。

NYで大評判のケーキショップで、看板商品はミルクレープ。

北京のほか、上海や深セン、香港、マカオ、台湾などにも進出していますが日本には未上陸だそうです。

公式サイトに世界の店舗情報が掲載されていますよ◎

 

週末、家から一番近い三里屯太古里店へ訪問。

ちょっと前に朝陽大悦城に行った際にLady Mを見かけたのですが、なんだかショッピングモールの通路にテーブルを置いたような店舗設計が落ち着かなさそうに見えてあまり好みでなく…。行くなら三里屯の方が良いなと個人的に思っていました。

 

f:id:minghuabj:20190304012637j:image

↑ここです!太古里南区の2階、Tom Fordの上です。エスカレーターで上がると、入口があります。


f:id:minghuabj:20190304012247j:image

↑この行列👀週末の午後だったからかもしれませんね。私も並んで30分以上待ちましたよ〜。同じく最近行ったお友達の話だと、早めの時間はもう少し空いていたみたいです。ちなみにこの行列は、店内の席を待つ人です。

確実に食べたいものを注文したいなら午前中が狙い目かも。

私が行ったのは夕方近い時間でしたが、すでにその日売り切れた品も出ていました💦


f:id:minghuabj:20190304012228j:image

↑店内利用の行列に反して、お持ち帰りはほとんど並びません。テイクアウトで買って行く人もちょこちょこ訪れていました。

 

席が空くのを待って、ようやく順番が来ました。


f:id:minghuabj:20190304012223j:image

↑店内は白が基調の、シンプルながら高級感もそなえたデザインです。


f:id:minghuabj:20190304012236j:image

↑こちらのスペースと、店員さんが立っているさらに向こうの方にも席があります。


f:id:minghuabj:20190304012323j:image

↑テイクアウト用のケーキが並ぶショーケース。もう少しお安ければ持ち帰りでも買いたいところです。

f:id:minghuabj:20190304012259j:image

f:id:minghuabj:20190304012241j:image

↑各商品の製造日と賞味期限が記してあり安心。

 

店内利用のメニューの一部です。

f:id:minghuabj:20190304012610j:image

↑右ページにはLady Mの紹介文が書いてあります。現在中国大陸には上海、杭州、南京、北京、深センに展開。今後も店舗を増やす予定とのことです。勢いが止まりませんね。


f:id:minghuabj:20190304012232j:image

↑ミルクレープの種類いろいろ。どれもおいしそう~♡季節限定のアールグレイを注文しようとしたら、その日はもう売り切れたと言われ残念。ローズも売り切れ。やはり早めの時間に来るべきでしたね。


f:id:minghuabj:20190304012522j:image

↑というわけで、一番スタンダードなシグネチャー・ミルクレープをチョイス。


f:id:minghuabj:20190304012312j:image

シグネチャー・ミルクレープ(68元)と、ストロベリーホワイトチョコモカのアイス(45元)。

た、高い!けれど、本場アメリカでお値段はいくらだろう?と気になってネットで調べてみたら、1ピースだいたい8〜9ドルのようです💲中国の方が高いものの、そこまで差はないかな?

このミルクレープ、とてもおいしかった!中国でこんなおいしいミルクレープ食べたことないです。って、ミルクレープ自体あまり売っていないけど。

アメリカのスイーツって、カラフルでコテコテ重めのスイーツをどうしてもイメージしがちですが、このミルクレープはとても繊細で優しい味わいでした。

ああ、思い出すだけでもまた食べたい。


f:id:minghuabj:20190304012306j:image

↑今日美術館で開催されていた、『愛的芸術』のビジュアルだ!ジョン・レノンオノ・ヨーコ、マリーナ・アブラモビッチ。Lady Mとコラボレーションしていたのですか👀 

minghuabj.hatenablog.com

 

高いのでしょっちゅうは来られませんが、絶品ミルクレープはまた食べたい♡他の味も気になります! 

それにしても、高いのにこれだけ人が集まっているのを見て、中国の消費力はやはりすごいと思いました。

若い女性グループかカップルが大半でしたが、子ども連れのファミリーもちらほら。さらに、私の後ろに並んでいたのは若い男性2人組でした。「並んでるし、持ち帰りにするか?」「いや、せっかく来たんだからここで食べよう」的な会話が聞こえました。スイーツ男子??

そして、さらに中国で店舗を増やし続けるLady M。マーケティングも成功しているのではないでしょうか。高いスイーツが売れないなんて、そんなことはないです。

そんな海外勢に比べて、日本勢は寂しい。スイーツのレベルは高いのに、海外進出には消極的というか…。リスクを考えるのも分かりますが、そればかりを憂慮しすぎではないかと、中国の消費動向を見ていて思います。

もちろん、中国の難しさはあるのも十分分かるし、中国進出したのにうまくいかず苦労している方々を私もたくさん見てきました。ビジネスに関して安易に言える立場では全くありませんが、日本のスイーツレベルの高さは世界に通用すると、一消費者として思います。応援しています!

 

 

Lady M(三里屯太古里店)

住所:朝陽区三里屯太古里南区

http://www.dianping.com/shop/125129134

公式サイト

www.ladym.com

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村