元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

北京のローカルB級グルメストリートに溶け込む、人気のおしゃれカフェ。Coffee Tags

北京のカフェ巡り。

若い女性を中心に人気だというお店の一つ、Coffee Tagsへ行きました。

場所は、地下鉄4号線平安里駅からすぐ。昔ながらのローカルB級グルメが集い、いつも老若男女の中国人でガヤガヤにぎわう、護国寺街です。

 

f:id:minghuabj:20190407120218j:image

↑この、大きくて目立つ護国新天地というビルが目印。

この護国新天地には、スターバックスやレストランが入っています。

私が気に入っているクラフトビアバーのNBeer Pub(牛啤堂)↓もあります。 

minghuabj.hatenablog.com

 

中には入らず、護国新天地の右側に視線を移すと。 

 

f:id:minghuabj:20190407120225j:image

↑SOFUホテルは、外国人にも密かに人気のおしゃれホテル!

そのSOFUホテルの右側が、カフェCoffee Tagsです。

外の席も出ていて、気候の良い日は外でゆっくり、ローカルの喧騒の中でコーヒーを楽しむのもまた良し。

 

店内は広くはなく、こぢんまり。

 

f:id:minghuabj:20190407120208j:image

↑コの字型のカウンターと、テーブルが数卓。奥の方にもわずかですが席があります。

 

人気店だとは知っていたけれど、いざ入店してみると、やっぱり混雑。

テーブル席は満席で、カウンターに座りました。

が、カウンターの椅子が高すぎて、落ち着かない💧私の身長が低いからか…(-_-;)

 

オリジナルのカフェドリンクには、それぞれ凝った名前がついています。

ケーキも食べようと思ったけれど、どれも40元以上と強気のお値段で、高すぎ!と、買う気になりませんでした。

 

f:id:minghuabj:20190407120230j:image

↑白夜(38元)という、素敵な名前のドリンク。これ、他店では"Dirty"と呼ばれる、中国で大流行しているドリンクのCoffee Tags版です。

コーヒーと一緒に、店員さんが店名のロゴ入りタグを渡してくれました。可愛い♡このタグは持ち帰ってもOKです。

 

Dirty(汚い・中国語で「脏」)なんて飲食物に付けるには、日本語の感覚だと抵抗を感じますが、中国ではこれが受けています。もちろん汚いものを出しているわけではありません(笑)。ここみたいにカフェのメニューで出すこともあれば、タピオカミルクティーのお店で黒糖がミルクに混ざる様子をDirtyと表現しているものもあります。パンの「脏脏包」も売り切れ店続出の人気メニュー。

Coffee Tagsの白夜は、ミルクにコーヒーが溶け込み、2層がだんだん崩れていく様子が楽しめます。

コーヒーの豆は選べたようなのですが、よくわからなかったので(汗)バリスタさんにお任せしました。

初めての感覚の一杯。飲み進めていくと、コーヒーの苦みとミルクの甘みのバランスがどんどん変化し、とても面白い味わいを楽しむことができました。

 

コーヒーはおいしいのですが、座っていた席がやっぱり落ち着かず。

早めの時間などを狙って、テーブル席でゆっくりした方がくつろげる気がしました。

 

店員さんたちはとてもフレンドリーで好印象。

各席には充電できるコンセントもあったし、インテリアもシンプルでセンスが感じられ、良いカフェだなぁとは思いました。

老若男女の中国人でガヤガヤしているこのロケーションならではの隠れ家感も、北京ならではの面白さがあります。

 

f:id:minghuabj:20190407120213j:image

 

良いカフェなのですが、スイーツのお値段が高いのと、カウンター席が落ち着けないのが難点。個人的には、中のビアバー牛啤堂で、クラフトビールとジャンクフードを頬張る方が、テンションが上がってしまうのでした(笑)。

 

 

Coffee Tags

住所:西城区護国寺街85号護国新天地1階

http://www.dianping.com/shop/96203460

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村