ふわふわ北京日和

2014年1月から北京在住、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

ビジュアルインパクトとカロリーがハンパない!オーストラリア発の甘すぎスイーツFreak Shake(藍港店)

その存在を知ってから、甘い物好きとしては北京でどうしても一度食べておきたかったスイーツ。

それは、オーストラリア発のFreak Shake(フリークシェイク)です!

大衆点評で、フリークシェイクの写真を見つけた時のインパクトが大きすぎて、一度自分でも食べてみなければと突撃。

 

フリークシェイクとは?

日本ではまだあまり知られていないようですが、オーストラリア発祥で火が付いたスイーツのジャンル。

ミルクシェイクにメレンゲやらドーナツやらケーキやらクリームやらビスケットやら、とにかく甘い物をやたらとデコレーションします。もう、やり過ぎ感に脱帽(笑)。

そのビジュアルインパクトから、写真映えも抜群で、インスタグラムでfreakshakeを検索するとカラフルでカロリーの高そうなシェイクの写真がたくさん出てきます。見ているだけでも楽しいです(笑)。

 

北京には、その名もFreak Shakeという名前のお店がチェーン展開していて数店舗あります。日本人も多いエリアでおなじみのショッピングモール、SOLANA(藍色港湾)のお店に行きました。

 

f:id:minghuabj:20190416174733j:image

↑SOLANAの入り口側なので目立っています。ちなみに中国語の店名は「变态奶昔」(変態奶昔)!もちろん、日本語で言う変態の意味ではなくて、その字のまんまです。

 

f:id:minghuabj:20190416174750j:image

↑お店の入り口では、巨大フリークシェイクが迎えてくれますよ♡

 

f:id:minghuabj:20190416174742j:image

↑カウンターで注文します。上の方にメニュー一覧があり、どれもやたらと甘そうですね( ´艸`)フリークシェイク以外にも、スイーツやドリンクがありました。

 

f:id:minghuabj:20190416174729j:image

↑フリークシェイクは、4種類のカップから選べます。左から、店内用カップ大(Freak)、店内用カップ小(Baby)、持ち帰り用カップ大(Freak)、持ち帰り用カップ小(Baby)。

せっかく来たんだから、ここは迷わず!!店内でFreakでしょう!

 

f:id:minghuabj:20190416174842j:image

↑ショーケースではこれまた甘ったるそうなデコレーションのドーナツを販売しています。1個18元。私は遅い時間帯に持ち帰りで買ったことがあり、買一送一になりました。

 

f:id:minghuabj:20190416174746j:image

↑店内は席数少なめのシンプルな感じです。

 

f:id:minghuabj:20190416174738j:image

↑キタ、キター!!!

フリークシェイクのチョコミント(48元)です。いやー、素晴らしいビジュアルだわ~(笑)。

私はチョコミントが大好きなので迷わずこれにしました。まあ見た目通り、ミント味というよりはひたすらに甘い!という感じですが(笑)。

モリモリのホイップはメレンゲ。一番上にはしっとりタイプのクッキー。甘さもボリュームも満点で、最後はお腹が苦しくなるくらいでした(;・∀・)

日本のスイーツが持ち合わせているような、繊細で控えめな甘さなんて全く眼中にないであろうスイーツです(笑)。やり過ぎだけど、たまにはいいじゃないですか♪

 

カロリーも気になるところですが、私は食べたいものを食べる方が優先なのでいいのです( ´艸`)

これだけカロリーおばけ・糖質おばけなものを食べてしまったのに、数日経つとまた食べたくなってきちゃいました…。

日本(の田舎)にも来てほしいです(笑)。

 

 

Freak Shake(藍港店)

住所:朝陽区朝陽公園路6号SOLANA藍色港湾1階M150号

http://www.dianping.com/shop/108307070

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村