元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

【奈良】かつての都を感じながら愛犬とのびのびさんぽ。平城宮跡朱雀門ひろば

愛犬ぽーを連れて、奈良の平城宮跡へ。

710年から都となった平城京の北端にあり、都の中枢を担っていたのが平城宮です。

平城宮跡は、「古都奈良の文化財」として世界遺産にも登録されています。

平城宮 - Wikipedia

 

今回も車で行きました🚙

週末だったせいもあるのか平城宮跡の駐車場が満車でしたが、近くに無料駐車場があったのでそちらへ停めました。

 

平城宮跡はとてもとても広いです!

朱雀門が復元され、朱雀門前も整備されて「朱雀門ひろば」として2018年3月にオープンしました。

犬は各施設の屋内に入れませんが、外は散歩させることができます🐶他にもワンコ連れの人たちを数組見かけました。

事前に目を通したこちらのるるぶ↓にも掲載されていました👀

 

f:id:minghuabj:20191103212610j:image

朱雀門前にて。とにかくだだっ広~い!ここだけでも十分さんぽできます( ´艸`)

 

f:id:minghuabj:20191103212544j:image

f:id:minghuabj:20191103212601j:image

f:id:minghuabj:20191103212620j:image

 

朱雀門、建物の内部には犬は入れません。

朱雀門前だけでも十分広いのに、朱雀門はもちろん入口にすぎず、朱雀門の向こうにさまざまな遺構があるんですよね。

平城宮跡クイックガイド » 平城宮跡MAP

今回はそちらまでは行かず、朱雀門ひろばをメインに散策しました。

 

朱雀門の向こうをちょっとのぞいたら、こんな感じ。

f:id:minghuabj:20191103213159j:image

↑この先もずーっと平城宮跡です。目の前には線路も通っていて、電車が横切るといにしえの都×現在が入り混じった面白い光景になります。

 

朱雀門ひろばに戻ります。

 

f:id:minghuabj:20191103212605j:image

↑奈良と言えば、のせんとくん、ぽーはなんだか微妙な目で見ています(笑)。

そして、その向こうに見えるのはなんと遣唐使船(もちろん復元)🚢

これに乗って中国へ渡る昔の人たち、すごい。

この遣唐使船には乗ることができますが、犬はNGのため私たちは乗らず。

しばらく見ていたものの、動きはしないのね(笑)。

 

朱雀門ひろばには、飲食や物販の施設、資料展示館などがあります。(全て施設屋内はペット不可)

レストランとカフェが入っている、「天平うまし館」の中に、遣唐使の紹介展示コーナーがありました。

 

f:id:minghuabj:20191103212533j:image

西安(かつての長安)を観光した時に、阿倍仲麻呂碑を訪れたのを思い出しました。そして長安といえばもちろん空海も。

 

f:id:minghuabj:20191103212554j:image

はるか昔から多くの人が憧れ学びの対象であった中国(当時は唐)。今は飛行機ですぐに行けるのに、なぜもっと皆行かないの!(笑)

 

f:id:minghuabj:20191103212615j:image

天平うまし館内のカフェで、大和茶のソフトクリームを買いました🍦450円。

  

f:id:minghuabj:20191103213221j:image

↑ぽーとまったりしていたら、「すみません、この子はどういう種類のワンちゃんですか?」と声をかけられました。やっぱりぽーの見た目は珍しいのかな?可愛いと言われまんざらでもないぽー君( ´艸`)

 

f:id:minghuabj:20191103212550j:image

↑は、鼻がデカい🐽

 

天平うまし館」の向かいには、お土産屋さん「天平みつき館」があります。

センスの良い奈良のお土産がいろいろ揃っていましたよ♪

その他、 展望デッキやVRシアターがある「天平みはらし館」、朱雀大路を挟んで西側には平城宮を紹介する展示施設「平城宮いざない館」があります。

 

ワンコは屋内に入れないなど入場エリアの制限はつくものの、外の敷地内だけでも十分広いので、のんびりお散歩には良いスポットでした🐶

 

www.instagram.com

 

平城宮跡

住所:奈良県奈良市佐紀町

heijo-kyo.com

朱雀門ひろば

www.suzakumon-heijokyo.com