元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

1カ月で10億元を使い切ることはできるのか?中国のコメディ映画『西虹市首富』

2018年の中国映画『西虹市首富』をネットで観ました。ネットでレビューを見かけて、面白そうだなぁと気になっていたコメディ映画です。まあまあ笑えました。が、まず日本には来ないだろうな。 

 

『西虹市首富』(2018年中国)

英題:Hello Mr.Billionaire

監督:閆非(イェン・フェイ)、彭大魔(ポン・ダーモー)

出演:沈騰(シェン・トン)、宋芸樺(ビビアン・ソン)ほか

baike.baidu.com

予告編↓

www.youtube.com

 

中国にある架空の都市、西虹(シーホン)市。弱小サッカーチームのゴールキーパー、王多魚(ワン・ドゥオユー、沈騰)は、中年に差し掛かり失敗も増え、チームから解雇されてしまう。そんな時突然、台湾にいるという親戚のおじいさんが亡くなり、莫大な遺産を遺していることを知らされる。その遺産を王多魚に相続するというのだが、そのためにはまず「1カ月で10億元を使い切る」というミッションが課される。

10億元(現在約152億円)の使い方には、「西虹市内で、合法なやり方でお金を使い切ること」「固定資産を残してはいけない。つまり、家や車を買うのはダメ」「寄付など他の人に与えてはダメ、全て自分のために使う」などの条件が付く。

しかし、思う存分散財しても、なかなかお金は減らない。一夜にしてビリオネアとなった王多魚はどうなる…?

 

中国の人気喜劇団、「開心麻花」制作のコメディ映画です。おバカなシーンもたくさんあり、分かりやすい笑いが満載でした。劇場で、多くの中国人観客が笑いながら観ている光景が容易に想像できます。私個人としては、おバカなコメディは中国映画、洋画に限らずあまり好きではないのですが、まあこのくらいなら許容範囲かな😅実際、自分も笑っちゃいましたし。サッカーの試合のシーンの円陣攻撃(?)は面白かった。

王多魚はあらゆる贅を尽くし10億元を使い切ろうとしますが、想像もつかない大金、なかなか減ってくれません。失敗することが目に見えていそうな、実現性の低いアイディアに投資したりもするのですが、投資して成功すると逆にお金が増えてしまう。爆笑。

しかし、お金と付き合う中で、お金よりも大事なものに気付いていく…のでしょうか( ´艸`)

 

カッコいい俳優さんは一人も出てきませんが(あ、"西虹の王力宏"はいたがカッコよくはない(笑))、こういう中国映画もたまには良いですね。開心麻花、覚えておこう。

 

📝この映画で覚えた中国語📝

守门员(shŏuményuán)…ゴールキーパー

打水漂(dǎ shuǐpiāo)…金銭・財貨を浪費する、無駄遣いするたとえ

园丁(yuándīng)…庭師、園芸職人

不劳而获(bùláoérhuò)…労せずして利益を得る。働かないで他人の成果をわがものにする。

倾家荡产(qīngjiādàngchǎn)…家の財産を使い尽くす。破産する。