元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

【マカオ】佐賀県の女子は皆知っている、パフェ自慢のうふふ。なんとマカオに進出していた!

IR施設が立ち並ぶ、マカオのコタイ地区。

ギャラクシー(澳門銀河)にも度肝を抜くどデカさの建物が立ち並んでおり、

リッツカールトン、バンヤンツリー、JWマリオット、ホテルオークラ、そしてギャラクシーと、5つのホテルが入っています。

 

そのギャラクシーとつながっている、ブロードウェイマカオ澳門百老匯)に足を伸ばしてみました。

 

f:id:minghuabj:20180419231602j:image

↑写真左側がブロードウェイ、右側の宮殿みたいなのがギャラクシー。

 

グルメストリートがあると聞いたので、ぶらぶらしてみると…。

f:id:minghuabj:20180419224932j:image

↑正面奥に、なんだか平仮名の聞き覚えのある店名が…。

 

f:id:minghuabj:20180419225010j:image

↑嘘だーっ、うふふじゃないかーっ!!!

ほんとにあのうふふ?えええ、なんでマカオにあるのさーっ!

 

…って、私の心の叫び、何のこっちゃ、ですよね(汗)。

「うふふ」というのは、佐賀県にあるカフェレストランの名前。複数店舗展開しています。

パフェの種類が豊富で、たぶん佐賀の女子は絶対一度は訪れているであろう、地元の人にはとても有名なお店なのです。

なぜ私がうふふを知っているのかって、申し遅れましたが、私が佐賀県出身だからです(笑)。

佐賀人として、これは入るしかない!

謎の気合いが入り、突撃してみました。

 

f:id:minghuabj:20180419225029j:image

↑パフェメニュー。これこれ、うふふのパフェは種類がとにかく多いんです。ああ、懐かしい!

 

f:id:minghuabj:20180419225112j:image

↑店内。なかなかにぎわっていました。

 

f:id:minghuabj:20180419225054j:image

↑メニューには全て日本語が併記してあります。佐賀からお店の人が誰かマカオに来ているのでしょうか。

 

f:id:minghuabj:20180419225130j:image

↑膨大なパフェの中から選んだのは、ティラミスコーヒー(56MOP)。

ああ、こういうパフェを食べたのはいつぶりでしょう。北京で食べたことがない気がします(笑)。というか、北京ではこういうパフェになかなかお目にかかれません。

コーヒーのほろ苦さがほどよくておいしかったです。

 

なんだか一人勝手にテンションが上がってしまい、思わず地元の友人に

マカオにまさかのうふふがあるっちゃけど!」と勢いで連絡しました(笑)。

 

ただね、海外ではニセモノ・パクリの可能性もあるわけです。

ショップカードを探したら、レジにありました。

 

f:id:minghuabj:20180419225147j:image

↑おお、これは本物だ!と、地元の友人にも写真を送り、意見一致(笑)。

後でHPを見たら、ちゃんとマカオ・香港のお店の情報も掲載されていました。

 

ブロードウェイのグルメストリートは、このようにいろいろとお店が集まっています。↓

f:id:minghuabj:20180419231359j:image

 

f:id:minghuabj:20180419231417j:image

↑うふふは、佐賀横町、だって!

佐賀と言われても、絶対コレを見たマカオの人や中国人は分からないだろうなー(汗)。

 

ということで、マカオの紹介のつもりが超ローカルネタになってしまいましたが、

佐賀からいきなり海外展開して頑張るうふふ、応援しています!

 

 

氹仔銀河百老匯 UFUFU CAFE

住所:氹仔銀河百老匯美食街H-G006-011

www.coffee-ufufu.com

 

 

↓ランキング参加中!その他北京情報いろいろ! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村