ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

グルメストリートがまるでテーマパーク。ショッピングモール合生匯の21st Block

西大望路沿い、地下鉄7・14号線九龍山駅直結の、超巨大ショッピングセンター、合生匯(Hopson One)。

昨年オープンしたばかりの新しい商業施設です。

どうやら他のショッピングセンターよりもすごいらしいと聞き、気になっていて、

まずは噂のフードコートをのぞいてみようと、気軽に立ち寄ってみました。

 

行ってみたら…。

"気軽に"立ち寄るにはもったいなさすぎるほど、とんでもなくデッカい場所でした。日本人の感覚からすると。

 

f:id:minghuabj:20181116011045j:image

↑外観。夜なのであまり分かりませんが💦


f:id:minghuabj:20181116011031j:image

↑なんと、併設のグラウンドまでありました。


f:id:minghuabj:20181116010956j:image

↑この21st Blockというのが、話題のフードコートらしいです。


f:id:minghuabj:20181116011021j:image

↑外の方から階段を降り、突撃です。

 

私はてっきり、ちょっと大きなフードコートだと思っていたのですが、入ってみてびっくり。


f:id:minghuabj:20181116011003j:image
f:id:minghuabj:20181116011013j:image
f:id:minghuabj:20181116010944j:image

↑まるでテーマパークみたい😳

フードコートでは全然なくて、グルメストリートというか。

中国ではよくできている方なのではないでしょうか?

 

飲食店は断然中華のお店が多いですが、スナック系、スイーツ系、洋食などもありました。

ミルクティーやジュースのスタンドも目立っていて、ご飯目的以外にも利用できそうです。


f:id:minghuabj:20181116011052j:image

↑ラーメンの無敵家を発見。

他にも日本食店がありました。


f:id:minghuabj:20181116011024j:image

↑なんか…ダメなくまモンがいる💧(笑)


f:id:minghuabj:20181116011041j:image

↑電車もあるし。子どもが来ても喜びそうです。


f:id:minghuabj:20181116011010j:image

↑上に車がぶら下がっていたり🚗


f:id:minghuabj:20181116010952j:image

↑お父さんと子どもがケンケンパで遊んでいたり👦

 

内装に凝り外の世界とは一線を画した空間ができていました。そしてとにかく、ここだけでも十分な広さです!


f:id:minghuabj:20181116010948j:image

↑21st Blockの店舗だけでもこーんなにあります。飲食店以外にショップもちらほら。

 

私もどこかで食べて帰ろうかとも思いましたが、結局…

f:id:minghuabj:20181116010941j:image

↑スーパーで買い物をして、帰りました(笑)。

ここは基本的に高級スーパーですが、サラダ系は意外にもリーズナブルなものがありました。


f:id:minghuabj:20181116011017j:image

↑そして、ここにも。なんかダメなくまモンがたくさん💧(笑)


f:id:minghuabj:20181116011035j:image

↑21st Blockを出てショッピングセンター側すぐのところに、ゲーセンらしきお店が。

ダンスダンスレボリューションだ!

ダンスをしながら軽々とこなす中国人。上手い。


f:id:minghuabj:20181116011049j:image

↑ダンレボパフォーマンスに沢山の人だかりができていました。

 

本当は、合生匯ショッピングセンター内を一通り見て回ろうと思ったのですが、

店舗一覧を見て、またたまげました。


f:id:minghuabj:20181116011000j:image

↑合生匯の店舗一覧。

お、多すぎだってば!!

21st Blockで十分歩き回った気になっていたのに、この広い広いショッピングセンター、ちゃんと見ようと思うと半日はかかりそうです(笑)。

結局、気になっていたNOME↓辺りをぶらぶらして、この日は引き上げました。

メイソウのスウェーデン版!?勢いが止まらないIKEA風な雑貨店「NOME」に行ってみた - ふわふわ北京日和

 

いやー、これまでも散々、中国のショッピングモールはデカイデカイと思ってきましたが、

この合生匯は過去に見たものを上回る大型商業施設でした。

そして、中国の商業施設は、開業してもテナントが揃っていなかったり、集客に失敗しているところも目立ちますが、

この合生匯は、とてもにぎわっていました。特に、カップルや、若い両親と子どもというファミリーに支持されているようです。

 

大きいだけ、ただ有名ブランドを集めただけでは、生き残れないことはもうお店側も分かっていて、さまざまな工夫が生まれているように思います。

まだまだ勢いは止まりません。どんどん良くなるなぁ、中国。

 

 

合生匯

住所:朝陽区西大望路甲22号

http://www.dianping.com/shop/93948950

オーストラリアの超有名バーガーが北京進出!Royal Stacks

9月末に、オーストラリアの大人気ハンバーガー「Royal Stacks」が、北京に初の店舗をオープンしました!🍔

オープン前から、The BeijingerやTime Outなどの英語メディアで紹介され大注目。

気になっていて、週末ようやく行ってきました。

 

場所は、北京市中心部からはやや離れた東のエリア。

地下鉄6号線十里堡駅からさらに南の方です。

 

f:id:minghuabj:20181112132159j:image

↑こちら、今年夏に開業した複合商業施設、万科時代広場の1階。朝陽路沿いなので分かりやすいです。

Royal Stacksは外に面していて、すぐに見つかりました。


f:id:minghuabj:20181112132209j:image

↑こちらです。私は外から入りました。


f:id:minghuabj:20181112132142j:image

↑キャー、チーズバーガー餃子、ですって😳しかも毎週月曜の夜限定販売。気になるけれど、ちょっと勇気も必要です…(笑)。


f:id:minghuabj:20181112132124j:image

↑店内。それほど席数は多くないです。

お昼どきは混んでいるだろうと思って、ランチタイムが落ち着いた頃の時間帯を狙って行きましたが、それでもまあまあ混雑。

テーブル席は満席で、なんとかカウンター席に座れました。まあ、週末だったこともあるのでしょうけどね。

小さい子どもを連れたファミリーも目立っていました。週末、おやつの時間に、マクドナルドの数倍の値段はするオーストラリアのハンバーガーを食べに連れて行ってもらえるなんて、良いなぁ、贅沢だなぁ(笑)。

こういうところでも、都会の中国人の若い家族の過ごし方が豊かになってきているんだなぁと、ヒシヒシ感じます。


f:id:minghuabj:20181112132138j:image

↑窓側と奥はテーブル席。手前はカウンター席。


f:id:minghuabj:20181112132133j:image

↑窓側の席。


f:id:minghuabj:20181112132147j:image

f:id:minghuabj:20181112132120j:image

↑レジで注文し先払いでお会計。

店員さんも愛想が良いです。


f:id:minghuabj:20181112132214j:image

ジェラートと、ビールサーバーがありました🍻

私はソフトドリンクのセットを注文してしまいましたが、ビールもあるのはポイント高いです。

 

メニューを見ると、バーガーの種類は豊富で、とても迷いました(笑)。

結局、一番シンプルそうなSingle Stack Burgerの小セット(67元)にしました。ちなみに大セットもあります。単品だと50元。

セットは、バーガーにポテト+ソフトドリンク付きです🍟🥤


f:id:minghuabj:20181112132153j:image

↑まず、番号札代わりのブザーと、セットのソフトドリンク用のコップを渡されます。

ドリンクは氷が必要か聞かれます。

レジ近くにドリンクバーがありますので、渡されたコップにセルフで注ぎます。ファミレスのドリンクバーと同じで、コーラやジュースなどが数種類🥤


f:id:minghuabj:20181112132203j:image

↑できましたー♡小サイズなのでやや小ぶりで可愛いです。そして、パッケージデザインもキュート♪

これは、特別なものは何も入っていない、とてもシンプルなバーガーです。シンプルだからこそ、素材の味が分かるというか。うん、おいしいです😋小サイズでも私には十分なボリュームでした。

なお、私はオーストラリア本場で食べたことがないため食べ比べはできないです、あしからず〜。

 

うっかりセットを注文してしまったため、普通のポテトになったのですが、

本当は事前に写真を見て気になっていた、チーズソースがトッピングされたポテトが食べたかった!

気になる方は、下の大衆点評のリンクから写真をどうぞ(笑)。

他のバーガーも、ジェラートやシェイクなど甘いものも、食べてみたい!

 

市中心部の人が集まるエリアとは離れていても、

このバーガーを食べにやって来るお客さんはしばらく途絶えそうにはありません。

バーガー好きは一度、試してみてはいかがでしょうか🍔

 

 

Royal Stacks 

住所:朝陽区十里堡甲3号院甲1号

http://www.dianping.com/shop/111958605

カジュアルな香港の茶餐庁。北京に店舗がたくさんある太興餐庁(頤堤港店)

香港の茶餐庁スタイルの飲食店は、中国大陸内にもたくさんあります。

メニューの種類が豊富、かつカジュアルな雰囲気のお店が多いので、

ファミレスのような感覚で、一人でも気軽に利用しやすいです(笑)。

 

北京で、一人でたまに訪れる「太興餐庁」。

北京市内にたくさん店舗があります。空港にもありますね。

 

f:id:minghuabj:20181014163817j:image

↑こちらは、14号線将台駅直結のショッピングモール、頤堤港(Indigo)2階にある店舗です。

いつもそれなりにお客さんが入っていてにぎわっています。


f:id:minghuabj:20181014163840j:image

↑店内は広いです。


f:id:minghuabj:20181014163844j:image


f:id:minghuabj:20181014163828j:image

f:id:minghuabj:20181014163823j:image

↑本のメニューもありますが、このようにチェックを入れて店員さんに渡します。

…しかし、2度目に訪れた時には、これがなくて、店員さんに直接注文しました。どっちでもいいのかな?(笑)

 

ある日の私のオーダー。


f:id:minghuabj:20181014163813j:image

↑旺角菠蘿油(11元)。

私の愛する(笑)香港スイーツです♡あれば絶対に食べたい。

ここのお店では、バターが別になって出てきました。切り込みを入れてあるメロンパンみたいなパンに、バターを挟んで食べます。おいしい♡


f:id:minghuabj:20181014163838j:image

↑燕京ビール(23元)と蒜香黒椒鶏中翼(4個入り33元)。

このチキン、ビールに合います。想像以上においしくてヒットでした。


f:id:minghuabj:20181014163833j:image

↑港味晶瑩鮮蝦餃(31元)。エビ餃子みたいな感じです。

エビがプリップリ🦐これも外さないおいしさでした。

これだけ出てきたので、店員さんに言って酢を持ってきてもらいました。そのままでも悪くはないけれど、個人的には酢をつけた方が良いな。

 

そして、また別の日のオーダー。

 

f:id:minghuabj:20181102234626j:image

↑咖喱香港仔魚蛋(29元)。カレー味の魚のすり身、という感じ。

このカレーはややクセがあるので好みが分かれそうです。日本のカレーとは違います。


f:id:minghuabj:20181102234621j:image

↑毎日精選時令老火湯(一人前29元)。すごく健康的そうなスープ!身体にしみます。


f:id:minghuabj:20181102234630j:image

↑香港スイーツの定番、楊枝甘露(29元)。マンゴーとタピオカ、ポメロが入っています。

とろとろ食感。ポメロがもうちょっと多い方が嬉しいな。

 

メニューがとても多くて、試したことのないお料理もたくさん。

辛くないものも多いし、安心できる味のお料理がそろうのも、辛いものに疲れた時には嬉しいですよね。

 

 

太興餐庁(頤堤港店)

住所:朝陽区酒仙橋路18号頤堤港2階

http://www.dianping.com/shop/5466729

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京のお土産、2018年11月編

私用により、一年以上ぶりに、日本に一時帰国しています。

旅行客でも在住者でも、多くの日本人が抱えていると思われるお悩み…そう、お土産選び。

北京のお土産って何買ったらいいの?中国の物って(特に食べ物)あまり喜ばれないし、むしろ「お土産要らないから」とすら言われるし!

空港のパンダクッキーはいかにもな感じでなんだかなぁ…もっと良いのないの!?

…なんて声もよく聞きます。そうですよね〜😅

 

私も実は毎回、一時帰国のたびに悩みます。

これまで買っていたのは、

・やっぱり定番、中国茶🍵その辺のではなく、一応、呉裕泰などの大きいお店でパッケージもちゃんとしているものを選びます。

どんな年代の人にも渡せるので、やっぱり中国茶は無難なチョイスです。

・女友達には、ワトソンズのツバメの巣パックとか。

・バラマキには、プリッツやコロンの中国限定版。

他にも、日清のカップヌードルやポッキーなど、日本メーカーの中国バージョンであれば、多少は安心感あるし漢字のパッケージが面白いのでまあまあウケてもらえます。

 

準備に時間があれば、相手の名前を彫った印鑑も良いですよね。

琉璃厰でオリジナルの印鑑作り!日本人客も多い戴月軒(琉璃厰東街店) - ふわふわ北京日和

↑この時は年配の方にお渡しして、とても喜んでいただけました。

南羅鼓巷で花文字のお名前なんかも特別感があって良さそうですよね。

 

Tシャツや、ウケ狙いの小物が許されるなら、創可貼8(Plastered 8)のアイテムもチェックしたいところ。北京でイギリス人が始めたTシャツブランドで、お土産の定番としてよく挙げられます。

南羅鼓巷や798芸術区内にショップがありますよ。

 

クラフトビール好きには、京A↓のグッズなんかも他と差別化できて良さそう!

北京を代表するブリュワリー、京Aの2号店がオープン★外国人だらけで大盛況! - ふわふわ北京日和

 

まあ、北京でお土産は探そうとして良い物が見つかるとは限らないので(以前、買いたいものを探して歩き回ったけれど見つからず買えなかった、ということがあり💧)、

私は、「これお土産に良さそう!」という物に出会ったら、雑貨などは先行して買っておいたりもします(笑)。

 

今回、お土産に買ったもの。

 

●同仁堂のコスメ

北京の大御所漢方ブランドといえば、同仁堂です。

漢方薬を買うつもりは全くなくて、コスメを買いに行きました。

中国の老舗による漢方配合のコスメなら、ちょっとは良さそうだし中国っぽいし、良いんじゃないかな、と。

 

f:id:minghuabj:20181114214605j:image

↑アイクリーム(右)とハンドクリーム(左)。

アイクリームは300元くらいで、だいたいスキンケアアイテムはそれなりのお値段します。

他にも化粧水や乳液、クリームなどがありました。

それに反して、ハンドクリームは15元くらいとリーズナブル。なので、自分用にも一つ買いました(笑)。早速使っています🙌

 

ちなみに行ったのはこの同仁堂↓

f:id:minghuabj:20181114214714j:image

10号線金台夕照駅そばの、財富中心オフィスビルの2階の店舗です。


f:id:minghuabj:20181114214710j:image

↑店内はそれほど広くなく、化粧品コーナーもこぢんまり。

本当は、前門の店舗とか大きい所に行けたらもっとよかったんですけどね〜。旅行で来られる方を連れて行きたい場合は、前門の方が雰囲気も楽しめるのでいいんじゃないかと思います。

 

スターバックスのご当地限定グッズ

ご当地タンブラーは結構集めている人も多いと思います。

もちろんタンブラーも売っていますが、今回私は、マグカップにしました☕️

 

f:id:minghuabj:20181115001616j:image

↑北京(左)と中国(右)。各139元と、安くはないです。

小さいサイズや旧デザインのもありますが、今回は年下カップルにちゃんとしたものをあげたかったので😝

 

●雑貨

f:id:minghuabj:20181114214609j:image

故宮のレトロなメモパッド(各18元)。

前門のPage One↓で購入しました。

今北京で話題の本屋がカッコいい。24時間営業の大型書店Page One(北京坊店) - ふわふわ北京日和

 

そして、空港でも買えます✈️

以前は、空港で変えるお土産って本当に微妙なものばかりだったように思うのですが、

今回雑貨を見つけて、いくつか購入。

T3のセキュリティチェックに入る前にある本屋さんで売っていました。

 

f:id:minghuabj:20181115001555j:image

↑左から、チャイナドレスモチーフのしおり、北京ステッカー、北京テープ。12〜25元くらいです。


f:id:minghuabj:20181115001551j:image

↑テープ。北京の名所が並ぶの、なんだか可愛いです。


f:id:minghuabj:20181115001558j:image

↑シールはこんな感じでした。

 

いつも、北京のセンスの良いお土産を探して、いまだに迷います(笑)。

これ良いよ!っていうおススメがあればぜひ教えてください♡私も引き続き探しますよ〜🙂

 

798芸術区のランチ巡り〜Vanttであつあつハンバーグ

北京のアートスポット、798芸術区。

よく出没している私は、エリア内にたくさんある飲食店を巡っています♪

 

今回ランチに選んだのは、大型ギャラリーUCCAの目の前にあるカフェレストラン。

ちなみにUCCAはまだ外観改装工事中です。

 

f:id:minghuabj:20181112235052j:image

↑こちら、Vanttというお店です。

オープンテラス席が目立つ飲食店が3軒並んでいて、そのうちの一番東側。隣の隣はレストランバーTimezone 8↓です。

798芸術区内、大型ギャラリーUCCAの目の前。オープンテラスで目立つレストラン、Timezone 8 - ふわふわ北京日和

寒くなる前は外の席が気持ち良いけれど、冬はやっぱりちょっと寂しい。


f:id:minghuabj:20181112235040j:image

↑店内。

Timezone 8よりは狭くこぢんまりしていますが、天井が高く、木のレトロな感じがなかなか良し👍

ビールサーバーもありますね。ドラフトで飲めるのはポイント高いです🍻

 

…と、気づいたこと。

メニューが、近くにあるカフェレストランLas Coffee↓とすーごく似ています。

798芸術区内のカフェレストラン。レトロで開放的な空間のLas Coffee - ふわふわ北京日和

店員さんのユニフォームにはLas Coffeeと書いてあります(笑)。

どうやら、この2軒は姉妹店っぽいですね〜。同じオーナーかな。


f:id:minghuabj:20181112235048j:image

 

注文の仕方もLas Coffeeと同じでした。

メニューの番号を紙に書いて、レジに持って行って先払いでお会計。

 

私はあったかいものが食べたくて…


f:id:minghuabj:20181112235100j:image

↑ハンバーグ(58元)を注文しました。

出てくるのにやや時間がかかっていたものの、食べてみると、

おおおっ?期待値が低かったせいもあるものの(笑)、かなりイケるではないですか!

なんちゃって日本食のお店より、ずっとおいしいと思いました。付け合わせのポテトも、グー👍です。ボリュームも十分でお腹いっぱい。

パンプキンスープ🎃は、サービスですと言われて一緒についてきました。こちらも甘くておいしい!

 

なんなんだ、意外に良いランチができました(笑)🍴


f:id:minghuabj:20181112235111j:image

夜はお酒を楽しむのも良さそうです。

 

Vantt

住所:朝陽区酒仙橋路798芸術区内798中二街D09-1号

http://www.dianping.com/shop/92501424

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

肉まんがおいしい季節です。散歩中にお手軽食べ歩き

愛犬ぽーの散歩中、飼い主は食べ歩きしちゃいました。

 

f:id:minghuabj:20181027220449j:image

f:id:minghuabj:20181027220455j:image

↑んん、何か良い匂いがするのかっ?


f:id:minghuabj:20181027220444j:image

↑肉まん屋さんを発見しました!

肉まんというか、中国では「包子」(バオズ)で、

肉だけではなく、野菜や豆腐やいろいろなものが入ったバリエーションがあります。


f:id:minghuabj:20181027220430j:image

↑せいろでホクホク、蒸したてを狙います♪

散歩中はもう、財布は持ち歩きません。必要ないから。

スマホさえあれば、何か買う時は微信支付か支付宝でQRコード「ピッ」で買い物終了です♪このバオズ屋さんももちろん対応。

 

香菇油菜包(1.5元)と、猪肉大葱包(2元)を買いました。

香菇油菜包は、小さく刻んだしいたけと野菜(青菜かな?)の包子。日本ではなかなかお目にかかれない包子、おいしいです😋

猪肉大葱包は、日本の肉まんに近いかな。


f:id:minghuabj:20181027220438j:image

↑温かい方が断然おいしいので、買ってすぐに食べ歩き♪2個で3.5元というお安さです🙌

ぽーがじっと見ていますが、あげられないんだよー、ごめんよー🙇‍♀️

 

包子をコンビニではなくて手軽に食べ歩きできるのって、やっぱり中国っぽいです。

寒い季節、ホクホクあったか包子を頬張るのも良いものですね😋

 

誰も行かないと思いますが(笑)、一応大衆点評に店舗情報がありました↓。

包容心(団結湖店)

住所:朝陽区団結湖路姚家園口

http://www.dianping.com/shop/2389372

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

住宅地の片隅に、小さくてセンスの良いとっておきのカフェを見つけました♪Owlery Cafe & Brew 猫頭鷹公社

大型ショッピングモール・朝陽大悦城がランドマーク的存在の青年路エリア。

朝陽大悦城の近くで、素敵なカフェと出会いました。

 

f:id:minghuabj:20181112014358j:image

↑こちら。名前は、「Owlery Cafe & Brew 猫頭鷹公社」といいます。

朝陽大悦城から、青年路を北上し、西側にマンション群が立ち並んでいます。

大悦城のすぐ斜め向かいが潤楓水尚というマンションで、こちらにあるYANというブックカフェも人気↓。 

minghuabj.hatenablog.com

 

YANのある潤楓水尚よりさらに北側の、華紡易城というマンションの1階です。

青年路から華紡南路を左折すれば見つかります。 

 

ここ、外観を見ただけで、そのセンスに惹かれました。


f:id:minghuabj:20181112014310j:image

↑ドアノブが良いですね~!


f:id:minghuabj:20181112014418j:image

↑店内はこぢんまりとしていて、テーブルが4、5卓とカウンターのみの小さな空間。

それがまた、隠れ家っぽくて素敵です。


f:id:minghuabj:20181112014438j:image

↑カウンター。


f:id:minghuabj:20181112014305j:image

↑メニューは、カフェドリンクとビールがメイン。

ウィスキーやカクテルも提供しています。


f:id:minghuabj:20181112014348j:image
f:id:minghuabj:20181112014500j:image

↑店名にフクロウとあるように、店内には、たくさんフクロウの人形やグッズが置いてありました。


f:id:minghuabj:20181112014449j:image

↑上の棚も素敵だなぁ。ん??


f:id:minghuabj:20181112014406j:image

↑ここにもイター♡


f:id:minghuabj:20181112014319j:image

↑カフェラテ(32元)☕。クリーミーでおいしい一杯、北京の肌寒い午後に嬉しいです。

本当は本日のデザートも注文したかったのですが、この日は売り切れてしまったと言われて残念。

 

控えめな照明と、シックでレトロな内装。そして、かなりセンスの良い(と私は思いました)BGMが流れる店内は、とても心地良い空間でした。

お客さんもお一人様が多く、全体的に落ち着いていたし。もちろんWi-Fiも完備です。

カウンターに座るお客さんがマスターらしき若い男性と、カウンター越しにおしゃべりをしているのを見て、なんだか中国っぽくなくて(?)良いなぁと思いました。

 

バリバリ、ギラギラと内装に力を入れ、若者を惹きつけようとするカフェやショップが増えている中国(というか北京)で、

こんなに小さくてセンスの良いカフェは、胡同以外では珍しいと思います。

北京にもあったんだなぁ、こんな場所。

 

夜は、ウィスキーをしっぽり飲みに来るのもすごく雰囲気が合っています。

通いたくなるカフェでした。


f:id:minghuabj:20181112014425j:image

 

観光地や市の中心部からはやや離れているので、なかなか立ち寄りにくいかと思いますが、

近くを訪れる機会があれば、ぜひおすすめしたい一軒です。

 

 

Owlery Cafe & Brew 猫頭鷹公社

住所:朝陽区青年路29号院華紡易城22号楼15号底商

http://www.dianping.com/shop/65974464

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村