元・ふわふわ北京日和

北京住み→日本に本帰国。現在は中国に関係あったりなかったりの気ままなブログ。

【和歌山】「稲むらの火」の舞台の神社、廣八幡宮へ初詣。素敵な切り絵御朱印も(広川町・御朱印)

2023年になり、年始の休みに白浜方面へ小旅行(県内ですけど(笑))。

途中、廣八幡宮へ初詣に立ち寄りました。和歌山の広川町に鎮座しています。初めての参拝。

Instagramでよく拝見していて、素敵な御朱印も授与されているし、行ってみたかった神社の一つです⛩ 愛犬ぽー🐶も一緒に、車で伺いました。

駐車場に車を停めて、初詣でにぎわう境内へ。

 

f:id:minghuabj:20230109233306j:image

↑朱色の立派な楼門にびっくり!重要文化財に指定されています。青空に映えますね。

 

f:id:minghuabj:20230109233421j:image

↑楼門前で、ぽー🐶をパチリ。

 

八幡宮の創建は不詳ですが、なんと

神功皇后三韓を征しての帰途、この有田広村にも行幸されたというご縁があり、欽明天皇(6世紀中頃在位)の御代に、河内国誉田八幡宮より勧請されたと言い伝えられています。

(「御由緒」より)

とのことで、かなり古くからあると思われます。誉田八幡宮とご縁があるのですね!誉田八幡宮も素敵な神社でした。

minghuabj.hatenablog.com

豊臣氏紀州征伐により一部焼失したものの、その後紀州徳川家の保護を受けて再興していったのだそうです。

八幡宮なので、御祭神はもちろん應神天皇誉田別命(ほんだわけのみこと))。そして、神功皇后(気長足姫命(おきながたらしひめのみこと))、仲哀天皇足仲津彦命(たらしなかつひこのみこと))です。

 

そしてここは、「稲むらの火」でも有名な神社です。私はよく知らなかったのですが、HPによると、

安政元年、大津波が広村(現在の広川町)を襲った際、濱口梧陵は稲むらに火を放ち、村人を高台に避難させました。この「稲むらの火」で村人が避難した神社がこの廣八幡神社です。
八幡神社では稲むらの火・濱口梧陵に関連する行事や防災への取り組みを行っています。

(「https://hirohachimanjinja.or.jp/稲むらの火」より)

このことから、現在も毎年10月第3土曜日に、稲むらの火祭が行われています。

稲むらの火 - Wikipedia

さらに、「「百世の安堵」〜津波と復興の記憶が生きる広川の防災遺産〜」として、日本遺産にも認定されました。防災遺産として初めて日本遺産に登録されたのだそうです。

 

元日の初詣ということで、多くの人でにぎわっていたものの、それほど混雑はしておらずお参りしやすかったです。おそらくほとんどが地元や近隣の人でしょうね。地元で親しまれている神社という感じに、心が温かくなりました。

f:id:minghuabj:20230109233244j:image

↑手水舎。お花と折り鶴が可愛いです。

 

f:id:minghuabj:20230109233312j:image

↑写真右が拝殿、その奥が本殿です。写真左は、摂社の天神社。全て、重要文化財に指定されています。拝殿と本殿は室町時代の創建と考えられており、天神社は江戸時代1652年の建立とのこと。

本殿の両脇には小さな、若宮社と高良社がありました。これらも重要文化財

 

f:id:minghuabj:20230109233250j:image

↑神輿庫(みこしこ)に、金のお神輿が!説明書きにあるように、1805年(文化3年)、長崎県五島列島より奉納されたものなのだそうです。なぜ五島列島?と思ったのですが、広川町と、五島列島奈良尾町(現在の新上五島町)とが姉妹都市なのですね。

 

f:id:minghuabj:20230109233257j:image

↑他の参拝客がなでていたので、気になって私たちもなでました( *´艸`)手前が福石、奥が五島石。

「五島石」(画像右)は、江戸時代に広川町の姉妹町・九州五島列島奈良尾町(現在の新上五島町)へ出稼ぎに行った人たちが記念に持ち帰ったものと伝えられています。明治中期ごろまでは青年の力くらべにこの石が利用されました。「福石」(画像左)は、この石を持ち上げた人の記念として奉納されたもので、触ると福があると言われています。

(「https://hirohachimanjinja.or.jp/廣八幡神社みどころ紹介」より)

 

もう少しゆっくり境内を散策したかったのですが、元日で人も多いため、石をなでて終了しました(笑)。鯉が泳ぐ池もありましたよ。

参拝を終え、御朱印を拝受しました。お正月の切り絵御朱印をいただきました。

f:id:minghuabj:20230109233301j:image

↑今年の干支、うさぎさんと松竹梅があしらわれた、とっても素敵な御朱印です🐰いただけて嬉しい(*^_^*)

稲むらの火を描いた御朱印帳もありました。通常御朱印はいただかなかったけれど、次回のお楽しみにします。

 

重要文化財の社殿、温かな雰囲気、稲むらの火からの防災への取り組みなど、印象に残る素敵な神社でした⛩

 

八幡宮

住所:和歌山県有田郡広川町上中野206

https://hirohachimanjinja.or.jp

 

 

【和歌山】高野山、雪が積もる幻想的な奥之院へ。こうやくんの可愛い御朱印帳も(高野山・御朱印)

2022年末、久しぶりに高野山へドライブ🚙

冬は雪が積もっていることが多い高野山。パパさんが車をスタッドレスタイヤにしてくれたので、訪れることができました。ノーマルタイヤは危険です⚠

一年の感謝を込めて、愛犬ぽー🐶も一緒に参拝。金剛峯寺と奥之院へ向かいました。

高野山への訪問記は何度もアップしているので、今回はお寺自体の紹介は省略します。

 

予想通り、車でぐんぐん登り高野山に近づくにつれ、気温が下がり雪が増えてきました⛄

2021年の元日に訪れた時も雪が積もっていました。雪の高野山は2度目の参拝です。

その時は壇上伽藍のみ訪れました。寒すぎて、他の場所へ行く余裕もなく、幻想的な壇上伽藍に魅せられて下山したのでした↓。

minghuabj.hatenablog.com

 

f:id:minghuabj:20230103015813j:image

金剛峯寺。積もった雪が迎えてくれました。

 

奥之院は、中の橋から参拝。こちらは、金剛峯寺よりさらに雪が深く積もっていました。

f:id:minghuabj:20230103015818j:image

↑奥之院の参道にて。大混雑の紅葉シーズンを終えて、厳しい寒さの高野山。さすがに人は少ないです。ぽー🐶も少しだけ歩きました🐾

 

f:id:minghuabj:20230103015916j:image

↑奥之院はただでさえ幻想的な雰囲気なのに、真っ白な雪に覆われると、その幻想世界がさらに神々しさを帯びているように思えます。

 

f:id:minghuabj:20230103015807j:image

↑これだけ雪が積もっているのに、この参道を歩いていると、なぜかそこまで寒さを感じませんでした。なぜだろう。

たくさんの武将や諸大名のお墓・供養塔に囲まれ参道を進み、ついに最奥の弘法大師御廟へ。信仰深いわけではない素人の私でも、ここに来るといつも、心が落ち着き不思議な感覚を覚えます。

※御廟へのペットの立ち入り、撮影などは厳禁です。

 

金剛峯寺で、御朱印をいただだきました。

通常御朱印は以前いただいたことがあるけれど、今回はこちらをいただきたくて。

f:id:minghuabj:20230103015823j:image

弘法大師御誕生一二五〇年記念の御朱印です。弘法大師、奥之院、金剛峯寺、根本大塔、三鈷の松、三鈷杵と、高野山の特徴が詰まったイラストですね。

 

f:id:minghuabj:20230103015836j:image

↑さらに、こうやくんの可愛い御朱印帳も拝受しました。ずっと欲しかったのです(⋈◍>◡<◍)こうやくん…可愛い💛裏表紙には後ろ姿。この後姿がまた可愛いじゃないですか。

 

f:id:minghuabj:20230103015827j:image

御朱印帳カバー。こうやくんの頭の中は…壇上伽藍の中門ですね。あれ、仁王さまの前にこうやくんもいるじゃない!

 

f:id:minghuabj:20230103015832j:image

↑カバーの裏は、こうやくんの後ろ姿。中門にもこうやくんの後ろ姿。

じわじわくる…シュールで可愛い…(笑)。

 

令和5年は、弘法大師空海の誕生1250年記念の年。高野山でも行事が行われるのではないでしょうか。今年もまたお邪魔したいと思います☺

 

高野山 総本山金剛峯寺

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132

高野山真言宗 総本山金剛峯寺 (koyasan.or.jp)

 

高野山の過去の訪問記&御朱印

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

 

 

【奈良】見どころたくさんの西国第8番・長谷寺を再訪。素敵な御朱印帳と限定御朱印も(桜井市・御朱印)

2022年10月、奈良の桜井市にある長谷寺を再訪しました。西国三十三カ所第8番札所、花の御寺としても有名なお寺。2度目の参拝です。

前回はこちら↓

minghuabj.hatenablog.com

とても広くて見どころが多く、1度目の参拝でゆっくり回らなかった所もあるので、2度目も新しい魅力に出会うことができました☺

お寺の紹介は、前回記事に書いたので今回は省略します。

前回は、愛犬ぽー🐶を連れて車で訪問しましたが、今回は一人、電車で向かいました🚃近鉄大阪線長谷寺駅から徒歩約15分。いい運動になるけれど、夏は厳しいなぁ(笑)。

 

f:id:minghuabj:20221030231950j:image

長谷寺駅。小さくレトロな駅舎です。ここからてくてく、長谷寺の方へ向かいました。

長谷寺が近づくにつれて人が増え、賑やかになります。門前には、西国番外札所の法起院や、観音ぷりんの神亀堂、草餅のお店や三輪そうめんのお店などお土産屋さんが並んでいます。

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

 

f:id:minghuabj:20221030232551j:image

↑入山受付手前にある、子院の普門院に寄ってみました。こちらは不動堂、大聖不動明王を祀っています。

 

f:id:minghuabj:20221030232615j:image

↑手水者には、小さな盆栽(?)のようなものが置いてあって可愛い。

入山受付で入山料500円をお支払いし、立派な仁王門をくぐり、いつ見ても素敵な長い登廊を一歩一歩進んでいきます。写真は省略😅

本堂で、御本尊の十一面観世音菩薩立像、脇仏の雨宝童子立像と難陀龍王立像に手を合わせます。初めてではないのに、目の前にするとやはり圧倒されるオーラがあります。ずっと見ていたいくらい。

 

f:id:minghuabj:20221030232631j:image

↑舞台から見た本堂。

 

f:id:minghuabj:20221030232936j:image

↑本堂から見て東の方に位置する、子院の能満院へ。

 

f:id:minghuabj:20221030232924j:image

↑能満院の弘法大師修行像。かなり退色されています。

 

f:id:minghuabj:20221030232856j:image

↑能満院の仏足👣

 

f:id:minghuabj:20221030232817j:image

↑こちらは、前回訪れなかった本坊。重要文化財です。中に大講堂があり、この日は公開されていませんでしたので、外から見るだけ。

寛文七年(1667)徳川将軍の寄進で建立されたが、明治四十四年(1911)炎上。現在の堂宇は大正十三年(1924)に再建された。

(「境内案内|奈良大和路の花の御寺 総本山 長谷寺 (hasedera.or.jp)」より)

 

f:id:minghuabj:20221030232733j:image

↑本坊前には、天皇皇后や皇族の方の御手植え松がいくつも並んでいました。

 

f:id:minghuabj:20221030232801j:image

↑もっと目立つ位置に置けばいいのに、本坊前にひっそりとあった、写真撮影用の参拝記念看板😅

 

f:id:minghuabj:20221030232908j:image

↑本坊から見た、本堂です。やはり規模の大きいお寺だなぁ、としみじみ。

 

本堂前の納経所にて、御朱印を拝受しました。今回は、御朱印帳も購入しました❣

f:id:minghuabj:20221030232051j:image

御朱印帳は何種類かありますが、私は今回、この牡丹登廊がデザインされた御朱印帳を購入しました。小さいサイズ、カバー付き。イラストの柔らかいタッチが気に入ったので。

 

f:id:minghuabj:20221030232101j:image

↑裏表紙には、「おきよめ済」の印が押されています!

 

f:id:minghuabj:20221030232140j:image

↑1ページ目にいただいたのは、西国三十三カ所第8番の、江戸時代復刻御朱印です。前回拝受した、現在の通常御朱印と比較すると、「奉拝」ではなく「奉納経」、「大悲閣」ではなく「十一面観音」、「長谷寺」の上に「和州」と墨書きされています。もちろん、中央の朱印も異なりますね。

折り紙の栞と、ぼんぼりのスタンプが押された当て紙も嬉しいです。

 

f:id:minghuabj:20221030232114j:image

↑本堂の方でいただける、特別御朱印弘法大師御生誕千二百五十年を祝い授与されていました。幼い空海さんの印、可愛らしいです(*^_^*)

 

f:id:minghuabj:20230103013243j:image

↑紅葉の時期限定で授与されていた、見開き切り絵御朱印🍁西国第6番壷阪寺、第7番岡寺との三カ寺で開催されていました。3つ集めれば、専用の綺麗な台紙に貼ることもできたのですが、私は3つ全部行ける気がしなくて台紙は購入せず。実際、壷阪寺には行きましたが、岡寺には行けませんでした😅

この御朱印だけでも十分素敵です💛

10月だったのでまだ紅葉には早かったのですけれどね。紅葉の見頃はもっと綺麗だろうなぁ。

 

f:id:minghuabj:20221030232125j:image

↑能満院でも御朱印がいただけます。日限地蔵尊御朱印です。

 

写真は省略しましたが、再訪してもやはり素敵で見どころの多い場所でした。何度でも訪れたい、お気に入りのお寺です。

 

長谷寺

住所:奈良県桜井市初瀬731-1

奈良大和路の花の御寺 総本山 長谷寺 (hasedera.or.jp)

 

【奈良】長谷寺参拝のお土産に、神亀堂のなめらか濃厚な観音ぷりん(桜井市)

奈良・桜井市長谷寺に参拝すると、必ず買って帰るスイーツがあります。それは、観音ぷりん!

長谷寺門前に店を構える、神亀堂(じんきどう)というお店で購入できます。

もちろん、法起院も近いです。

minghuabj.hatenablog.com

minghuabj.hatenablog.com

 

f:id:minghuabj:20221024001858j:image

↑こちら。

店内の写真は撮っていませんが、ショーケースには看板商品の観音ぷりん(300円)がずらりと並んでいます。お味は、かすたーど、ちょこ、抹茶、小豆。季節限定で、水ようかんや梅ゼリーも販売されています。

私が初めて訪れた時は夕方で、かすたーどは既に売り切れていました。2度目に行った時は買えました★

この観音ぷりんは、長谷寺の西国スイーツ巡礼認定品でもあります。

第8番札所 長谷寺|スイーツ巡礼|西国三十三所草創1300年 いまこそ慈悲の心を (saikoku33-1300years.jp)

さらに、観音まかろん(250円)もありますよ。お味は全15種類!一つから購入できるのも嬉しいです。

 

f:id:minghuabj:20221024001904j:image

↑観音ぷりんのかすたーどとちょこ(各300円)、観音まかろんのバニラ(250円)。

肝心の、ぷりんの様子が全然写せていなくて失礼💦

このぷりんはとても濃厚でとろとろ。なめらかな口当たりがお上品なぷりんでした。何個でも食べたい(笑)。まかろんもおいしかったです。

 

f:id:minghuabj:20220528235720j:image

↑ぽー🐶が食べたそうに寄ってきました。これはあげられないよー、ごめんよー😅穏やかな笑みを湛えた観音さまのデザインが素敵です。

ぷりんもまかろんも、箱詰めでギフトにすることもできるので、ちょっとしたお土産にもぴったりですね☺

店内には、御朱印帳やお香、ハンカチなど、素敵な和小物も揃っていますよ。

 

長谷寺門前には、ほかにも草もちや三輪そうめんなど、ご当地の味が楽しめるお店が並んでいます。

参拝とセットで楽しむのもいいですね♪

 

神亀

住所:奈良県桜井市初瀬2432-2

(掌)神亀堂 長谷寺門前店 (hasejinkido.base.ec)

観音ぷりん / (掌)神亀堂 じんきどう(@hase_jinkido) • Instagram写真と動画

 

 

【奈良】寒牡丹を見に、石光寺を再訪。ワンコにも優しいお寺です(葛城市・御朱印)

奈良県葛城市にある石光寺を参拝しました。2021年5月に訪れて以来、2度目の訪問です。

前回は電車で一人訪れましたが、今回は愛犬ぽー🐶を連れて、車で行きました🚙

前回の訪問記↓

minghuabj.hatenablog.com

お寺の紹介は前回書いたので、今回は省略します。

 

石光寺は、牡丹や芍薬をはじめ境内に季節の花が咲き誇る、”花の寺”としても親しまれています。関西花の寺第20番札所でもあります。

前回は春に訪れ、その時は見頃の芍薬がたくさん、境内を彩っていました。

その時に、冬は寒牡丹が咲くと知り、ぜひ寒牡丹を見に冬再訪したいと思っていたのでした。

さらに、こちらは犬連れにとっても優しいお寺!石光寺さんのインスタグラムには、「#ワンちゃん同伴OK」のタグがついています❣これだけでも好感度が上がります( *´艸`)

拝観料400円をお支払いし、中へ入ります。受付の方が、ぽーを見て「今人少ないので、おさんぽしていってくださいね」と優しく声をかけてくださいました。

 

f:id:minghuabj:20221205001337j:image

↑紅葉はすっかり終わってしまい、落ち葉の絨毯ができていました🍁

 

f:id:minghuabj:20221205001343j:image

↑境内をぽーと歩きます。春の華やかさに比べたら、やっぱり薄ら寂しさは否めませんが、冬なのでしかたないですね(^^;

一つひとつの藁に守られているのが寒牡丹です。小さなかまくらみたいで可愛いです☺

 

f:id:minghuabj:20221205001349j:image

↑こんな感じで、けなげに咲いています。お寺のHPに解説がありました↓。

ホンモノの寒牡丹 冬の石光寺と二上山の借景 [時期:11月下旬〜1月初旬] | 石光寺 (sekkouji.or.jp)

 

f:id:minghuabj:20221205001407j:image

f:id:minghuabj:20221205001353j:image

↑この黄色い子に、特に目を奪われました。

 

f:id:minghuabj:20221205001358j:image

↑ぽー🐶もクン活です。寒牡丹の香りがするワン?服の前がはだけているのは失礼しました💦

 

f:id:minghuabj:20221205001402j:image

↑ぽーの顔と同じくらい大きな花を咲かせています✿ぽーは、花より鼻🐽

寒牡丹をちゃんと見たのは初めてかも。境内の様子も、春と比べると静かで寂しくはあるものの、冬の寒さの中で、それぞれの花たちがしっかり咲いてくれているのを見ると、なんだか心を打たれるものがありました。来てよかった。

 

最後に、御朱印をいただきました。この日は書置きのみの対応でした。数種類あり、2体拝受。

f:id:minghuabj:20221205001411j:image

阿弥陀如来御朱印。左上に、寒牡丹のスタンプがあります。1月末までの授与。

 

f:id:minghuabj:20221205001415j:image

↑12月末まで授与されていた、聖阿上人の御朱印です。

 

大きくはないけれど、ワンコと一緒にお花が楽しめる、素敵なお寺でした🐶✿

 

石光寺

住所:奈良県葛城市染野387

牡丹・芍薬・寒牡丹と中将姫伝説の石光寺(奈良県葛城市) (sekkouji.or.jp)

 

 

【奈良】一部紅葉の残る久米寺を再訪。寿老神の御朱印をいただきました(橿原市・御朱印)

11月、奈良県橿原市久米寺を参拝しました。2年前の11月下旬にも参拝したので、ほぼ2年ぶり2度目の訪問です。

前回は電車で一人参拝でしたが、今回は車で、愛犬ぽー🐶と一緒にお伺いしました。橿原神宮の近くにあります。

前回の訪問記↓

minghuabj.hatenablog.com

真言宗の歴史あるお寺で、弘法大師空海とも関係があります。お寺の紹介は前回書いたので、今回は省略。写真も少なめです。ぽー🐶は抱っこして参拝しました。

まずは本堂でお参りを。

 

f:id:minghuabj:20230103102022j:image

↑やっぱり素敵な多宝塔、重要文化財です。大きくはないけれど、この形が好き。

 

f:id:minghuabj:20230103102015j:image

↑やっぱりまぶしい、金色の大日如来坐像✨

紅葉の見頃は過ぎていたものの、まだ一部赤い葉が残っていて風情がありました。雨上がりだったこともあり、雨露に濡れた紅葉と境内もそれはそれで良し。紅葉の終わりを楽しみに訪れたと思われる参拝客も、ちらほらいらっしゃいました。

この日は11月23日。2年前に来たのは11月27日でほぼ変わらないのですが、2年前は紅葉がほとんど残っていなかったなぁ。2年前の写真には赤色がほとんどない(笑)。

 

おっ、阿弥陀堂でニャンコさまに遭遇。

f:id:minghuabj:20230103101952j:image

↑正面から見ると貫禄のある猫ちゃんですが、横顔が、か、可愛い…😽💛

って、2年前も同じ場所で猫ちゃんに会ったぞ。しかも、記事を見返すと、模様がとっても似ています。同一人物、いや、同一ニャンコ?それとも親族?ここに住み着いているのかしら🐈近づいても全然逃げません。

 

f:id:minghuabj:20230103101957j:image

↑毛づくろいをしている仕草も可愛いです。

 

f:id:minghuabj:20230103102143j:image

↑ぽー🐶もおそるおそるご挨拶…。(もちろん接触はしていません!)

 

f:id:minghuabj:20230103102008j:image

↑あら、塩対応でした( *´艸`)

 

本堂脇の納経所で、御朱印を拝受しました。御本尊の御朱印薬師如来)は前回拝受したので、今回は「寿老神」をいただきました。

f:id:minghuabj:20230103102026j:image

↑大和七福八宝霊場の「寿老神」です。長寿延命を願って。

大和七福八宝霊場は、奈良の8社寺を巡る霊場で、専用色紙に御朱印を集めることもできます。私は色紙派ではないので、いつも通り御朱印帳にお書きいただきました。

大和七福神八宝霊場 (yamato-7fukujin.com)

 

久しぶりに再訪できてよかったです。この日もご縁に感謝m(__)m

 

久米寺

住所:奈良県橿原市久米町502

久米寺 | 西国四十九薬師霊場会 (yakushi49.jp)

 

 

 

【奈良】西国三十三所番外札所・法起院。長谷寺門前にある、徳道上人のお寺(桜井市・御朱印)

2023年になりました。昨年書きたかったことが全然書ききれておらず、時間差でゆっくりアップしていこうと思います。

10月に奈良県桜井市長谷寺を参拝した際、門前にある塔頭寺院法起院にも立ち寄らせていただきました。

西国三十三所の番外札所としても知られているお寺です。

 

f:id:minghuabj:20221030231359j:image

↑こちらから山門へ。

 

f:id:minghuabj:20221030231503j:image

↑山門です。境内はこぢんまりとした小さなお寺ですが、西国巡礼の方々が多く参拝に訪れているようでした。

 

法起院奈良時代の735年(天平7年)、徳道上人という僧により創建されました。徳道上人は、718年(養老2年)、西国三十三所霊場巡礼を始めたとされている人物です。

ここ法起院で、晩年を隠棲して過ごしたのだそうです。

宗派は真言宗豊山派、御本尊は徳道上人像。この像は上人の自作と伝えられるとか。

西国番外札所 長谷寺開山堂 法起院 【縁起】 (houkiin.or.jp)

私は西国巡りはしていませんが、現在も多くの人が巡礼を続けているその起源がここにあると思うと、長い時間信仰が受け継がれてきたことに感慨深くなり、思いを馳せてしまうのでした。

 

本堂のお写真を撮っていなかったので、以下は本堂以外を😅もちろん、まずは本堂にしっかりと手を合わせてから境内を回ります。

f:id:minghuabj:20221030231338j:image

↑手前の小さなお堂には、弘法大師と馬頭観世音が祀られています。

 

f:id:minghuabj:20221030231439j:image弁財天堂

 

f:id:minghuabj:20221030231425j:image

↑仏足石。インドで制作されたのですって👀

 

f:id:minghuabj:20221030231415j:image

↑笑顔が印象的…(^^;

 

f:id:minghuabj:20221030231447j:image

↑本堂の左側に、徳道上人の御廟がありました。正面に見えているのが、上人御廟十三重石塔です。周囲には、西国三十三所各寺院の御砂が納められており、御砂踏みをしながら一周させていただきましたm(__)m

 

f:id:minghuabj:20221030231347j:image

↑そばには、”はがきの木”もあります!

モチノキ科の常緑高木。葉の裏に尖ったもので書くと文字が浮かび上がる。「はがき」の由来となった言われる木。当院の葉書きの木に願い事を書くと叶うと言われている。

(「西国番外札所 長谷寺開山堂 法起院 【境内ご案内】 (houkiin.or.jp)」より)

 

f:id:minghuabj:20221030231406j:image

↑本堂に隣接した畳の間。

 

御朱印を2種類拝受しました。

f:id:minghuabj:20221030231454j:image

↑「開山堂」と書かれた、西国三十三所番外の御朱印です。左上の1300年特別院は、閻魔大王と徳道上人さんですね☺

 

f:id:minghuabj:20221030231432j:image

↑もう一体、「徳道上人」の御朱印もいただきました。

 

長谷寺だけでなく、西国三十三所の始まりとも言えるであろうこちらのお寺も合わせて参拝することで、より古くからの信仰に思いを馳せ、理解することができるのではと思います。

また長谷寺と一緒に、立ち寄らせていただきたいです。

 

法起院

住所:奈良県桜井市初瀬776

西国番外札所 長谷寺開山堂 法起院 (houkiin.or.jp)