元・ふわふわ北京日和

北京住み→日本に本帰国。現在は中国に関係あったりなかったりの気ままなブログ。

海外から連れてきた飼い犬を、日本でマイクロチップ登録する

おかげさまで、多くの方にこちら↓の、中国から日本に飼い犬を連れて帰る手続きについて書いた記事を読んでいただいています。こちらの記事を通してご連絡やご質問をくださったことがきっかけで、Instagramで仲良くさせて頂いている方も何人かいて、とても嬉しいです。ありがとうございます(^^)

minghuabj.hatenablog.com

 

f:id:minghuabj:20200801193829j:image

↑最近のぽー君。暑さにもバテず元気ですよ~🐶2歳8か月になりました。

 

煩雑な手続きを終えて無事日本の地を踏んでから、日本で行った手続きについてはこちら↓に書きました。

minghuabj.hatenablog.com

 

しかし、こちらで一つ、大事なことを書き忘れていました!(+o+)ので、今回はそれについての記事です。

それは、「海外で装着したマイクロチップ情報を、日本で登録する」ことです!

我が家の愛犬ぽーは、中国から日本へ渡航するため、中国でマイクロチップを装着しました。 

ただし、埋め込んだから安心!だと思って放置していたら、日本では何の役にも立たないです。それは、日本ではマイクロチップ情報を日本国内のデータベースに登録してもらう必要があり、万が一行方不明になった際などにそのデータベースと照合して発見・保護につなげるからです。日本でこの登録作業を行わないと、いくら海外で装着済みだとしても無意味なのです。

マイクロチップの登録は、万一動物が行方不明になり、日本国内で発見された際に、その飼育者を速やかに確認するために必要な所有者データを、インターネット上のデータベースに登録しておくものです。

動物の福祉及び愛護 | 公益社団法人 日本獣医師会より抜粋)

 

日本でペットを飼い始めて、その子がマイクロチップ未装着であれば、動物病院に行って装着し、データベース登録についても教えてもらえると思うのですが、

海外から連れてきたマイクロチップ装着済みのペットの登録はどうすればいいのかについては、体験談を書いている人などの情報がなかなか探せずにいました。

ということで、こちら↓の日本獣医師会のページを読み込み、こちらに載っていた「マイクロチップデータ登録窓口」に直接問い合わせをしてみました。

nichiju.lin.gr.jp

 

海外から犬を連れてきて、装着済みのマイクロチップ情報を日本で登録したい旨を伝えると、登録申込用紙を郵送していただけることになりました。

届いた案内がこちら↓。

f:id:minghuabj:20200610225045j:image

 

登録申込書はこうなっています↓。

f:id:minghuabj:20200610225051j:image

品種コードや毛色コードは、同封のリストから該当番号を選んで記入します。

3枚目に払込用紙があるので、郵便局に行って登録料1,050円を支払います。払込金受領書を1枚目に貼ります。

そして忘れてはいけないのが、犬が日本に到着した時に空港の検疫で受け取った、農林水産省発行の「犬の輸入検疫証明書」のコピーを同封し、申込書と一緒に送付するということです。

(ちなみに、輸入検疫証明書原本は、将来また海外渡航する場合にも必要になるので、紛失しないようにしっかり保管をしておきます!)

 

登録申込書と輸入検疫証明書のコピーを送付したら、日本獣医師会より案内通り約3週間後に登録完了のハガキが届きました★

こちら↓

f:id:minghuabj:20200801193514j:image

ハガキの表面には、マイクロチップ番号とペットの名前、種類、品種、生年月日、埋込日のデータが記されています。

これでぽー君、日本で無事マイクロチップのデータベースに登録されました!(^^)!

もし今後登録内容に変更が発生したら、その旨を連絡する必要があります。

 

もちろん、迷子になってしまうなどしてマイクロチップデータベースに頼る場面を生まないことが第一なのは言うまでもないのですが😅無事登録できてよかったです!

 

f:id:minghuabj:20200801193854j:image
↑「寝起きだワン🐶」

 

 

 

【中国語学習】成語を楽しく覚える、自分流のやり方(YouTube活用&成語ノート)

中級以上の中国語学習者にとって、立ちはだかる壁の一つが「成語」だと思います。

私も、成語がなかなか覚えられなくて、覚えたと思ってもすぐに忘れるし、知らない成語は次から次に現れるし…うぇーい!と、投げ出したくなったことは数知れず😅

実際私も中国で数年暮らし働きましたが、外国人が中国語で会話をする上で、成語なんて使わなくても問題なかったし、「そこそこ日常会話を話せる」ために成語を覚える必要は全くなかったのです。(もちろん、ネイティブは普通に使うので、聞き取れるために語彙を増やしておいた方がいいに越したことはないのですが)

そんな私が、成語をちゃんと覚えようと思い直したのは、今年6月末に受験した中国語検定準1級の勉強を始めてからです。

準1級では、2級やHSK6級よりもずっと豊富な語彙力が試されます。成語も容赦なく出題されるので、これは本腰入れて対策しないとだめだ、と一念発起したのでした。

その甲斐あってか、筆記試験は難なく合格基準点を上回ることができました。しかし、リスニングがなんと合格基準点に1点足りないという、悔しすぎる結果となったため、初の準1級受験は不合格に終わったのでした…( ノД`) また次の機会に受けますよ!

 

そんなわけで、成語攻略に力を入れ出したのですが、単にテキストを見て丸暗記したって、すぐに忘れてしまうのがオチ。

さらに、私が好きな中国ドラマでも、セリフの中に成語はごまんと出てきます。

知らない言葉の意味を調べ、書き留める癖は以前から付けていたのですが、成語はなかなか覚えられない。

ならば少しでも頭に残るよう、楽しく覚えられないか…とYouTubeを探してみたら、ありました。

私が気に入って見ているYouTubeの成語紹介動画は、主にこの二つ。

どちらも本来はネイティブの子ども向けのようですが、外国人学習者にも役立ちます。

中国語の動画なのでリスニングの練習にもなるし、私は必ず中日辞典で日本語の意味や解説を確認するようにしています。

 

●中华成语故事-倒霉先生

www.youtube.com

 

たとえばこれ↓。

www.youtube.com

ちなみに、「抛砖引玉」とは、「たたき台」のこと。何か発言する時、自分の未熟な見解を述べて大方の卓説を引き出すという意味に用いることが多いです。

 

主人公は倒霉先生という、上のサムネイルにあるとおり小さなおじさん(?)です。可愛い顔なのですが、帽子を取るとハゲています。年齢不詳( ´艸`)このダサ可愛さが良いのよ(笑)。

倒霉(運が悪い、ついていない)という名前の通り、いつもトホホな目にあっていますが、時には成功したり、民を救ったりと良いこともあります(笑)。身分も、時には農夫、時には画家、時には将軍と、何にでもなれます。体を張って私たちに成語を教えてくれているのですね…( ´艸`)

口癖の「可恶」があまりにもたくさん出てくるので、これで覚えましたよ。発音も注意★

可恶(kĕ)…憎らしい、いやらしい、癪に障る

 

●「兔小贝Beckybunny」の「小兔子成语故事」

この「兔小贝Beckybunny」というチャンネルは、ネイティブの子ども向けの番組なのですが、その中に「小兔子成语故事」という、成語を一つずつ紹介する動画がいくつかあります。これも、なかなか見やすくて気に入っています。

 

たとえばこれ↓。

www.youtube.com

ちなみに、「匹夫之勇」とは、「血気にやはるだけの向こう見ずな勇気」のこと。

成語の成り立ちにはストーリーがあるので、そのストーリーが頭に残っていると、言葉自体も忘れにくくなります。

 

倒霉先生も兔小贝も、動画としてしっかり作られていて、アニメーションも可愛いので、気に入って見ています。

あとは、こちらの記事↓で書いた、「Yoyo 儿童动画」かな。

minghuabj.hatenablog.com

今はYoyoよりも、倒霉先生と兔小贝の方が好きなのですが、この記事を書いた時はまだ知らなかったので😅

以前も書きましたが、この手の成語紹介動画チャンネルは、YouTubeにも山ほどあります。しかし、その大半が絵が可愛くなかったりして、観ようという気にはなりません。そんな中で、私にとって観ようという気になれる倒霉先生と兔小贝は重宝しています。

 

そして、自分だけの「成語ノート」を作りました!

f:id:minghuabj:20200805142518j:image

↑ただ書き連ねていくと、一度書いたものを忘れてもう一度書いたりしがちなため、見やすいようにアルファベットで整理しています。どんどん増えるので、ルーズリーフでファイリング。

ここに、準1級のテキストで出てきた成語、そしてYouTubeで出てきた成語、さらに中国ドラマのセリフで出てきた成語など、出会った成語をメモしています。

中には成語でない単なる四字熟語もありますが、まとめて書いています。

 

f:id:minghuabj:20200805142505j:image

↑こんな感じです。これは「B」から始まる成語たち。「不」や「百」などで始まる言葉が多いので、「B」のパートはボリュームがあります~。

 

エクセルなどでまとめた方が早いし効率的じゃん、って言われるかもしれませんが、あえて書いているのには自分なりの理由があります。

一つは、自分で書くことによって、書ける簡体字と書けない簡体字が分かるということ。見て・聞いて分かるのに、いざ書けない!という簡体字って実は多いのです。スマホやPCでピンインを入力して文字を出すことはできても、いざ手書きだと書けない…💦

さらに、日本の漢字と同じように見えて、微妙に違う文字に気付けること。

中検準1級には、ディクテーション(聞いて書きとる)問題や中国語作文問題もあり、これらの対策のためには「書く」練習が欠かせません。特にディクテーションの練習をしてみて、「こんな文字さえ思い浮かばないなんて!(聞いて分かるのに)」とか、「これまで日本の漢字と同じと思い込んでいたのに、実は微妙に違った」などといった字が山ほどあることに気付かされました。

(余談ですが、先日の試験で私が不合格になったのも、ディクテーションで点数が思うように取れなかったから…;つД`) 次回までにたくさん練習します~)

なので、書いて覚えることは、できるだけ疎かにしないようにしています。

 

自分で口をついて出なくても(そこまでは私、目指していません)、やっぱり成語が聞き取れるとぐっと理解やコミュニケーションが深まるし、嬉しいものです。

どうせやるなら楽しく自分に合った方法で、続けていけたらいいですね。

 

 

 

 

親子三代にわたる迷宮入り事件に挑む 中国の警察ドラマ『燃焼』

今年5月から6月にかけて中国で放送されたばかりのドラマ『燃焼』(燃烧)を、YouTubeで観終えました。『猟狐』に続く警察ドラマです。なかなか面白かった。主演は、私にとっては初めましての経超(ジン・チャオ)。

30年にわたる迷宮入り事件を追いかけるドラマです。

 

YouTubeはこちら↓。全51話と長い!現在、日本語字幕はありません。中国語字幕のみ。

www.youtube.com

 

『燃焼』(2020年中国)

出演:経超(ジン・チャオ)、張佳寧(ヂャン・ジァニン)、奚美娟(シー・メイジュエン)、譚凱(タン・カイ)、林籽(リン・ズー)ほか

baike.baidu.com

 

*****

中国・龍城市(架空の都市)。祖父の高四海(ガオ・スーハイ)、父の高建設(ガオ・ジエンシャ)が共に警察という家庭に生まれた高風(ガオ・フォン、経超)は、自分も警察になったが、辞めて無職の身に。

祖父の高四海は30年前、ある遺体は人違いで容疑者はまだ生きていると主張していたが、何者かに陥れられ、汚名を着せられた。高四海はアルツハイマー病となった。高建設も後に同じ事件を追ったが、真相に近づく中で事故と見せかけて殺された。事件は解決済みとされた。

30年後のある日、とある洞窟で女性の白骨遺体が発見されたのを機に、高四海と高建設が追っていた事件とのつながりが浮上し、再捜査が始まる。警察を辞めた高風は、祖父と父の汚名をそそぐため、独自で事件の調査を始める。

*****

 

全51話って長いよなぁ…しかし、後半はどんどん面白くなって、最後は一気に観てしまいました。序盤は事件の概要がなかなか見えなくて、回想シーンもしょっちゅう出てくるし、視聴者は少しずつ少しずつ理解していく感じでした。なかなか進まないなぁ~と思っていたら、後半どんどん面白くなったかな。

 

事件の黒幕は、趙月娥(ヂャオ・ユエアー)というおばあさんです。っていきなり言っちゃいますけれど、このおばあさんが黒幕だということはドラマの初めの方ですぐに分かるので、ネタバレというわけではないですよ(笑)。

このおばあさんが相当な悪人で、自分は手を下さず、人を金で利用し、都合の悪い人間はたとえ身内であろうと手を下し、躊躇なく消します。そうやって、30年前から身内や警察を騙してきた悪の権化。農村での暮らしから這い上がり、龍星集団という中国屈指の大手グループ企業を牛耳り、その龍星集団は今や息子と孫娘が中心となって経営しています。怖い怖い~💦

親族企業の悪事は、これまで中国ドラマで何度か出てきたけれど、おばあさんが黒幕というのは初めて見るので新鮮でした。

(この憎き趙月娥を演じている奚美娟さん、『月に咲く花の如く』の終盤でちらっと西太后役で出てきた方ではないですか!)

 

そして、趙月娥の孫娘で高風の元彼女の許佳桐(シュー・ジァトン、張佳寧)は、趙月娥の共犯となり、祖母の仕掛けた悪事の闇にどっぷり漬かってしまいます。これもわりとドラマの初めの方でそうなるので、ネタバレではありません(笑)。

可愛くて、イギリス留学経験もある頭脳明晰な女性で、若くして龍星集団を引っ張る許佳桐。法を犯すことなく順風満帆な道を歩むことは難しくなかったはずなのに、趙月娥の孫娘であるばかりに、これも相当憎たらしい悪女となっていきます。

許佳桐を演じた張佳寧は、なんだか役不足に感じました。可愛いけれど、幼いし企業のトップの役はふさわしく見えないし、表情も乏しいし、声は吹き替えだし。メイクも似合ってなかったです😅

真相を追いかける警察。趙月娥が怪しいと直感では分かっているのに、証拠集めに苦戦する。涼しい顔をして証拠を隠滅し殺人を重ねる趙月娥。追い追われ、真相へと近づいていく過程が、特に後半面白かったです。

 

この祖母と孫娘という、メインの女性キャラが憎たらしくてたまらないのですが(笑)、私のお気に入りのキャラクターは女性刑事の劉青葉(リウ・チンイエ、林籽)でした。林籽さん美人です。高風の幼なじみで、ずっと高風のことが好きだがその思いは秘めたまま。

主人公の高風を演じる経超、高身長のイケメンですね~。演技も良かった。彼の出演作を他にも観てみたいです。

高一家のそれぞれの境遇や人生は辛かったです…。

 

舞台となる龍城市は架空の都市。沿岸都市の雰囲気が良いな、どこでロケしたんだろう?と思って百度百科をチェックしたら、青島ロケとなっていました。

ところで、中国のドラマって架空の都市の設定が好きですよね。なんでだろう?『猟狐』『人民的名義』もそうだったし。さらに、事件とのつながりで「南国」という架空の外国も出てきました。「南国」て!初出のセリフでは笑いましたけど(笑)。しかも、南国人の名前は中国人の名前だし、中国語で会話するし。そういえば、『橙紅年代』でもM国なんてのが出てきたわね…。

 

また面白いサスペンスドラマが観られて良かったです。今回も存分、中国語の勉強をさせてもらいました( ´艸`)

やっぱり私は、日本でも人気の華流歴史ドラマより、現代ドラマの方が好きだなぁ。

 

 

AIはどこまで進化するか? 斬新なSFアクション映画『アップグレード』

映画鑑賞記録。『アップグレード』をAmazonプライムで観ました。

近未来を舞台にしたSF・バイオレンス・アクション(とでも言おうか…)です。いろいろな所で評価が高く、おすすめされているレビューを読み、気になって観てみました。確かに面白かった!AIがさらに進化した未来は、今となってはそれほど遠いものには思えなくて、単なるSFでは終わらせられない考えさせられる部分がありました。

けれど、私はグロいのが苦手なので、観たことを後悔しました(笑)。そんなグロい描写が何度も出てくると知っていたならば、観なかったよ~(泣)。流血や暴力シーンが苦手なわりには、クライムサスペンスものなんかは大好物なのですが、過激なバイオレンスアクションやグロいの、スリラー系などは避けたいのです…。

まあ、映画の好みは人それぞれですし、実際世間の評価も高い方なので、観る人を選ぶと同時に好きな人にはハマる映画だと思います。

 

『アップグレード』(2018年米)

原題:Upgrade

監督:リー・ワネル

出演:ローガン・マーシャル=グリーン、メラニー・バレイヨほか

日本公式サイト(予告編動画が再生されます)

upgrade-movie.jp

Amazonプライム視聴はこちら↓

Amazon.co.jp: アップグレード (字幕版)を観る | Prime Video

 

*****

近未来。自動車修理工のグレイ(ローガン・マーシャル=グリーン)は、妻のアシャ(メラニー・バレイヨ)と平穏な日々を送っていた。しかしある日、アシャの自動運転車に乗って出かけた二人は、謎の組織に襲われる。アシャは殺され、グレイは首から下が動かない全身麻痺となってしまった。

失意のグレイに、巨大企業のCEOが驚きの提案を持ちかける。新しく開発した「STEM」というAIチップをグレイの体に埋め込むと言うのだ。その実験台になれば、グレイの体はまた動くようになるという。

手術は成功し、グレイは体を動かせるようになった。「STEM」はグレイと会話ができ、「STEM」に身を委ねれば、自分で意図しなくても超人的な力を出すことができる。卓越した身体能力を手に入れたグレイは、妻の復讐を果たすために動き出すが…。

*****

 

近未来といっても、自動運転車が今よりもメタリックになってより身近なものになっているとか、ドローンが警察の捜査に駆使されているとか、スマートホームが当たり前になっていて、声で全部操作できるとか、そのような環境の未来です。自動運転車もドローンもスマートホームも、たとえば10年前だったらものすごく新しくて未来的に見えたかもしれませんが、今はすでにあるものなので、未来が舞台とはいえ妙にリアリティがありました。もしかしたら、数年後にはこの映画の一部が当たり前の光景になっているのかもしれない…と。

 

冒頭で書いたように、グロい流血シーンが苦手なので、アクションシーンはまともに観られませんでした😅が、自分の意図しない動きをAIが勝手にやるので、グレイの戸惑った情けない顔で、体は超キビキビと、高速ロボットのように動き、相手を痛めつけます。ロボット的なアクションの動きと、それに頭がついていけないグレイの様子が、ユニークで面白く斬新でした。

 

最新AIチップが体内に埋め込まれ、AIと体内で共存するグレイ。AIはここまで進化してしまうのでしょうか。人間がAIを駆使する、のではなく、AIが人間に危害を及ぼすところまで行ってしまうのでしょうか。数年後、数十年後の科学はどうなっているのだろうと、楽しみである反面ちょっと怖さも感じます。

 

 

 

 

Amazonオリジナルドラマ『モダン・ラブ~今日もNYの街角で~』でほろり

Amazonオリジナルドラマ『モダン・ラブ~今日もNYの街角で~』を観終えました。 

ニューヨーク・タイムズ紙のコラム「Modern Love」に実際に投稿されたエッセイをドラマ化したもので、1話完結のエピソード各30分×8話のオムニバス形式になっています。

大都会NYに生きる、ごく一般の人々が秘めている、とっておきのラブ・ストーリー。描かれる愛も、男女の愛情だけではなくて、さまざまな形の愛を描いています。1話30分と短く、気軽にサクサク観られますが、各話観終わるともれなく、心地よい余韻が包んでくれました。ほっこり温かい気持ちになれて、おすすめです。

製作総指揮は、『シング・ストリート 未来へのうた』『はじまりのうた BEGIN AGAIN』、『ONCE ダブリンの街角で』の監督ジョン・カーニー!彼の映画は好きです。もちろんこのドラマも、各エピソードを素敵な音楽が彩ってくれました。

 

『モダン・ラブ~今日もNYの街角で~』(2019年米)

出演:アン・ハサウェイ、デヴ・パテル、ティナ・フェイほか 

Amazon.co.jp: モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ シーズン1を観る | Prime Video

 

予告編↓

www.youtube.com

 

キャストも豪華です。エピソード2「恋のキューピッドは世話好き記者」の主人公は『LION / 25年目のただいま』などのデヴ・パテル、エピソード3「ありのままの私を受け入れて」はアン・ハサウェイ。そしてエピソード7「僕らが見つけた家族のカタチ」では、シンガーソングライターのエド・シーランがチョイ役で出演しています。彼が演技しているのを初めて見ました!

各エピソードそれぞれ良いのですが、やっぱり特に評価の高いエピソード1「私の特別なドアマン」が秀逸でした。恋愛がいつもうまくいかない独身女性のマギーと、マギーが住むマンションのドアマンで、いつもマギーをそっと見守っているグズミンの話です。

 

↑エピソード1「私の特別なドアマン」

 

また、エピソード3でアン・ハサウェイが演じるのは、躁うつ病の女性。好調の時と沈んだ時の落差が激しく、自分の病気と人間関係に悩む主人公を、アン・ハサウェイがさすがの演技で魅せてくれました。エピソード2のデヴ・パテルはやっぱりカッコいいし。エピソード7の、子どもを望むゲイカップルと、生みの母親との話も好きです。エピソード8「人生の最終ラップは より甘く」で描かれる老年の恋、私は泣いてしまいましたよ…。

1話完結のオムニバスドラマなので、どこから見てもいいのですが、最終話のエピソード8は必ず最後に観るべし!NYの街の風景をバックに、これまで観てきた視聴者を喜ばせてくれる仕掛けが待っています。

 

オープニング曲も好き。

www.youtube.com

 

現在シーズン1のみの配信ですが、シーズン2の制作予定はあるのかな?良いドラマなので、続編が制作されたらぜひ観たいです。 

 

 

 

【和歌山】ぶらり高野山~徳川家霊台編 奥之院ではお地蔵さまもマスク姿に

和歌山に住むようになってから、おそらく10回以上は訪れている高野山。またもや行ってきました。

今回は、まずは初めての徳川家霊台を訪れた後、毎回必ず行く奥之院へ。

 

●徳川家霊台

 

金剛峯寺の奥の方にあります。「波切不動」をさらに奥に進むと受付が見えます。

f:id:minghuabj:20200719224718j:image

↑こちらから入ります。拝観料は大人200円。

 

f:id:minghuabj:20200719224620j:image

徳川家霊台は、家康と秀忠の御霊を祀るため、三代将軍家光が大檀主となって創建されました。

家康を祀る場所というとすぐに思い浮かぶのは日光東照宮ですが、高野山にもあったのですね。

 

f:id:minghuabj:20200719224546j:image

↑受付から奥に進み、さらにこの上に上がります。

 

f:id:minghuabj:20200719224645j:image

↑階段を上がると、到着です。このように、ひっそりこぢんまりとした小さな霊屋(たまや)が二つ。向かって手前(写真右)が家康霊屋、奥(写真左)が秀忠霊屋です。

家康霊屋にのみ、前方に鳥居があります。分かりやすいですね。

 

家康霊屋。

f:id:minghuabj:20200719224653j:image

f:id:minghuabj:20200719224634j:image

小さいながらも、精巧で立派な装飾が施されており、豪華です。ミニミニ日光東照宮、といったところでしょうか。

 

f:id:minghuabj:20200719224741j:image

 

秀忠霊屋。 

f:id:minghuabj:20200719224606j:image

↑こちらには鳥居がありません。

 

f:id:minghuabj:20200719224711j:image

f:id:minghuabj:20200719224559j:image

二つの霊屋、鳥居がない以外は、私にはあまり違いが分かりませんでした😅

 

f:id:minghuabj:20200720155217j:image

↑どちらにも、徳川家家紋がたくさん施されています。

 

徳川家霊台は以上なので、所要時間も大してかかりません。

ついでに、徳川家霊台の手前にあった南院(波切不動)にも立ち寄ってみました。

 

●南院「波切不動尊

 

f:id:minghuabj:20200719224700j:image

↑本堂前。 

 

f:id:minghuabj:20200719224639j:image

全国にある波切不動の総本山が、ここなのですって。

 

f:id:minghuabj:20200719224724j:image

↑紫陽花が綺麗に咲いていました。

 

f:id:minghuabj:20200719224705j:image

私はちょっと立ち寄っただけですが、ここ南院は宿坊にもなっていて、宿泊することもできますよ。

 

●奥之院にて

 

奥之院はもう数えきれないほど訪れているので、新しい写真はあまり撮らなくなってしまいましたが、今回は違いました。

コロナの影響で、なんとお地蔵さまたちが!

 

f:id:minghuabj:20200719224554j:image

↑お化粧地蔵。キレイにお化粧してあげると美人になれるという言い伝えのある、奥之院のアイドル的存在のお地蔵様もマスク姿です。

 

f:id:minghuabj:20200719224730j:image

↑お化粧地蔵と並んで奥之院の人気お地蔵さま、仲良し地蔵。お二人仲良く、赤いマスクを着用されています。

 

f:id:minghuabj:20200719224627j:image

高野山のマスコットキャラクター「こうやくん」も、分かりやすくソーシャルディスタンスを喚起してくれています!大杉1本分の距離って、なんだか微笑ましいです。こうやくん、可愛くて私好きなんですけど(笑)。

 

帰りはもちろん、大好きなやきもちを。

f:id:minghuabj:20200719224735j:image

↑やきもちのお店はいくつかありますが、私はこの「上きしや」さんのやきもちが特に好きです♡何個でも食べられます(笑)。

愛犬ぽーの背中の上で、ごめんよ~( ´艸`)もちろん、ぽーは食べられません!

 

高野山には何度も来ていますが、見所が多すぎて、まだ訪れていないスポットもたくさんあります。

今年はあと何回来られるかな。

 

www.instagram.com

 

徳川家霊台

住所:和歌山県伊都郡高野町大字高野山

www.wakayama-kanko.or.jp

 

高野山真言宗 総本山金剛峯寺公式サイト

www.koyasan.or.jp

 

上きしや(花坂店)

住所:和歌山県伊都郡高野町花坂753-1

www.kamikishiya.com

 

高野山の過去記事> 

minghuabj.hatenablog.com

 

 

  

 

 

韓国映画『ハッピーログイン』 3組の男女を描く、ほっこりなラブコメ

映画鑑賞記録。『ハッピーログイン』をAmazonプライムで観ました。サクッと観られて楽しいアジア映画を観たい気分になって、なんとなく選んでみたけれど、観て良かったです♪

冬のソナタ』のイメージが強いチェ・ジウも主演の一人。アラフォーCA役を素敵に演じていました。コメディも似合いますね!

 

『ハッピーログイン』(2016年韓国)

原題:좋아해줘

監督:パク・ヒョンジョン

出演:チェ・ジウ、イ・ミヨン、キム・ジュヒョク、カン・ハヌル、ユ・アインほか

Amazon.co.jp: ハッピーログイン(字幕版)を観る | Prime Video

 

これも邦題に違和感ありありですが…😅

予告編などを見ると「SNSを通じて繋がる男女のストーリー」色を押し出されているけれど、実際観たところSNSはあくまでもストーリーの手助けになるツールの一つにすぎず、それよりも普通にラブコメとして楽しめました。出会いもSNSがきっかけではなくて、実生活で出会った後に、一つのコミュニケーションツールとしてSNSを使うだけで。まあ、相手の投稿の内容やSNSを通してのやり取りにヤキモキしたり、一喜一憂したりして、それが微笑ましいのですが( ´艸`)

 

映画に登場するのは3組の男女。

・飲食店オーナーのソンチャン(キム・ジュヒョク)と、客室乗務員のジュラン(チェ・ジウ

ソンチャンは新婚生活のために新しく家を借りることにする。その家のオーナーは、CAのジュランだった。しかしソンチャンは入居直前に彼女に振られ、またジュランは詐欺にあい家を失う。しぶしぶながらも同居生活を始めた二人。

・著名脚本家のギョンア(イ・ミヨン)と、売れっ子韓流スターのノ・ジヌ(ユ・アイン)

ギョンアの作品に出演したことで売れっ子になったジヌだが、人気絶頂の最中入隊。除隊後仕事のために再会するが、実は二人には世間に隠している過去があって…。

・作曲家のスホ(カン・ハヌル)と新米プロデューサーのナヨン(イ・ソム)

恋愛経験のないスホは、ソンチャンの店で知り合ったナヨンに一目惚れし付き合うことに。実はスホは、耳が聞こえない。しかし話すことはでき、相手の唇を読み会話ができるため、耳が聞こえないことをナヨンに打ち明けられずにいた。

 

それぞれ素直になれずにすれ違いもするけれど、思わず応援したくなってします。最後クライマックスに向かう演出が温かく、まさに「ハッピー」でした。

 

キャスト皆良かったです。自然体で、好感が持てました。悪役のいない話は肩の力を抜いて観られるのでいいです(笑)。特にカン・ハヌルさんが良かった!チェ・ジウさんも、気の強いアラフォーCA役がハマっていたし、相変わらず綺麗。

ソンチャン役のキム・ジュヒョクさん、お亡くなりになられていたのですね、知りませんでした…。良い俳優さんだなと思ったのに、新作が観られないなんて残念です。

 

ほっこりふんわり、温かい気持ちになれる一作でした。