ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

北京の庶民的な場所に隠れた小さな小さなカフェが、温かく心を落ち着かせてくれました。壱別珈琲

犬のお手入れに連れて行くお店の近くに、良さそうなカフェがあると知って立ち寄ってみました。

場所は、朝陽路と延静里中街の交差する所。大望路と東四環路(慈雲寺)のちょうど間くらいのエリアで、住んでいる人は多いですが、地下鉄駅から遠いし、住んでいなければまあ来ないだろうなというロケーションです。

 

f:id:minghuabj:20190420025107j:image

↑上の看板が牛肉面のお店と一緒になっていたので、見つけた時は「大丈夫か!?」と思いました(笑)。知らなければ簡単に見過ごしてしまいそうな、左側の黄色く小さなドアがそのカフェ、壱別珈琲です。

英語名はGoodbye Blue Mondayですって、面白い( ´艸`)もしかして、壱というのは月曜日のことかな?中国語では月曜日のことを「周一」「星期一」「礼拜一」と、一で表しますもんね。壹(日本漢字では「壱」)は、一の大字です。

 

その、小さな小さなドアの向こうには、小さいけれどとても温かな空間が待ち受けていました。

感じの良い女性のスタッフさんが、笑顔で対応してくれます。

 

f:id:minghuabj:20190420025053j:image

↑椅子が4つと小さなカウンターだけ。もちろんテイクアウトも可能です。

 

f:id:minghuabj:20190420025100j:image

↑メニューはシンプル。カフェドリンクとパンなど。

 

f:id:minghuabj:20190420025057j:image

↑一口サイズの可愛いクッキー。ドリンクを注文したら、店員さんが「お一つどうぞ」とくれました。

 

f:id:minghuabj:20190420025104j:image

↑抹茶ラテのアイス(25元)。本当は氷を入れてほしかったけれどまあいいや。おいしかったです。

そして、いただいたクランベリーのクッキーも美味でした♡普通に買って帰りたいくらい。

ショップカードはカレンダーになっていて、それぞれの月がありました。今月4月と、自分の誕生月のカードを記念にいただいてきちゃいました。

そして、カードのカレンダーを見てようやく気が付きました。毎週月曜日が定休日なんですね。そういうことかー、グッバイブルーマンデイ。可愛いなぁ( ´艸`)

カウンターには、コーヒー関連などの本も並んでいました。

 

f:id:minghuabj:20190420025112j:image

↑カウンターに置いてあったコーヒー豆、パッケージが可愛くて見せてもらいました。台湾の会社が作っているんですって。北京では売っていなくて、友達が台湾から買ってきてくれたんですよ、と店員さんが話してくれました。

フレンドリーで優しい店員さんに、とっても好印象。北京のこんなに小さなカフェが、こんなに居心地が良いなんて。まだまだピンキリではありますが、北京の接客サービスは本当に良くなっていると感じます。

 

私が店内でちょっとくつろいでいる間、ちょこちょこお客さんが訪れていました。皆さん、店員さんと仲良く会話をしているんですよね。常連さんかな。

近隣で働いているであろう人たちが、ふらっと立ち寄って顔なじみの店員さんと会話を交わし、コーヒーを飲んでいく。なんだか良い空間だな、と感じました。

訪れる前は特に期待もしていなかったけれど、予想以上に印象が良くて、気分良くお店を後にしました。

 

こんな北京暮らしもあと少しだと思うと、もちろん嬉しい反面、やっぱりちょっと寂しいな。

と、メランコリックになっている場合ではないのです。新生活への準備準備準備…💦

 

 

壱別珈琲

住所:朝陽区延静里中街1号楼

http://www.dianping.com/shop/98503799

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京の風情を感じるロケーションで、パンダのクラフトビール。熊猫精醸啤酒厨房 Panda Brewery & Kitchen(北新橋店)

クラフトビールシーンがアツイ北京で、特に中国っぽさを良い意味で感じるのは、やっぱりPanda Brewですよね。

Pandaですから🐼

 

以前Panda Brewの三元橋店に行きました↓。が、今大衆点評を見てみたら、お店が営業していない様子…。実際お店に行っていないので分からず、閉店なのか復活するのかは不明です。 

minghuabj.hatenablog.com

 

今回は、北新橋店へ。

北京最大のチベット仏教寺院、観光スポットとしても人気の雍和宮にも近いエリアです。

 

f:id:minghuabj:20190317231023j:image

↑こちら。外観全体が納まりきれませんでした。

 

f:id:minghuabj:20190317230948j:image

↑上の方には、ゴツいパンダさんが。

 

店内に足を踏み入れると、まずはずらりと並んだボトルビールがお出迎え。

 

f:id:minghuabj:20190317230955j:image

↑オリジナルのビールもたくさん売っています。パンダイラストのボトル、お土産にも良いですよね。

 

店内は、1階と2階があります。

全体的に黒を基調としたカッコいい内装。1階はシックでクールな、ラウンジみたいな印象の空間です。

 

f:id:minghuabj:20190317231034j:image

↑ゆったりソファ席。

 

f:id:minghuabj:20190317231017j:image

↑端にはテーブル席。空間をゆったり使っていて、窮屈さを感じません。

 

f:id:minghuabj:20190317231050j:image

↑店内の一角には、カフェスペースもありました。

 

f:id:minghuabj:20190317230940j:image

↑カウンター。タップがずらーり!上の段に並んでいる小瓶みたいなのは、ビールそのものです。ビールの色が外から見えるようになっているんですね~、これ素敵。

 

2階に行きました。

 

f:id:minghuabj:20190317231005j:image

↑階段の壁に名前が。

 

f:id:minghuabj:20190317231057j:image

↑2階のフロア。前方にステージがあって、ライブができるみたいです。私が行った時は何もありませんでしたが。

もっと混んでいると思っていたのにかなり空いていて拍子抜け。と思ったら、夜が更けるにつれてお客さんが増えてきました。

 

f:id:minghuabj:20190317231044j:image

↑ビールメニュー。一つひとつの名前も面白いです。

「女性におすすめ」「ずっしりした味わいが好きな人におすすめ」などとカテゴライズされているのもナイス👍

 

f:id:minghuabj:20190317231001j:image

↑熊猫眼蜂蜜艾爾 / Panda Eyes Honey Ale(36元)。アンバーエールです。ほのかな蜂蜜の香りが心地良い一杯。

それにしても、泡なさすぎです(笑)。いつもはもっと注ぐのが上手だった気がするのですけど💦もう少し泡も入れてほしかったなぁ( ´艸`)

他のビールも個性的でおいしい。4種類のビールを飲み比べできるテイスティングセットもありますよ。

 

f:id:minghuabj:20190317231012j:image

↑おつまみにDeep Fried Chicken(39元)。まあまあ普通かな。

フードはどれもボリューミーだし、やっぱり、複数人で来てシェアして食べる方が良いですね~。

 

ここのPanda Brewは、他のクラフトビールのお店に比べて外国人客が少なく、中国人客の方が多い印象。

パンダといい、それぞれのビールの個性的な味わいといい、他ではなかなか味わえないようなユニークさがあります。

中国でビールを飲むなら、中国らしいパンダビール🐼覚えておきたい一軒です。

 

 

熊猫精醸啤酒厨房 Panda Brewery & Kitchen(北新橋店)

住所:東城区東四北大街14号

http://www.dianping.com/shop/20663198

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

愛犬の新しいお友達。へにゃくたヒョウちゃんがいきなり我が家にやって来た

北京で飼っている愛犬ぽーのフードやおやつ、消耗品などは、ECサイトで買うことが多いです。

普段利用しているのは京東(ジンドン)で、各メーカー直営店から買うようにしています。

しかし、中国でも積極的に商品展開をしているドギーマンは、京東に公式ショップを開設していないようで、タオバオ系の天猫の方に直営店がありました。

ということで、ドギーマンで買い物をしたい時は天猫を利用しています。

 

f:id:minghuabj:20190414013244j:image

↑今回も注文の品が届きました~🐶

おいしい時間は、買っていないけれどおまけでつけてくれたようです。ドギーマンさんは毎回、ちょっとしたおまけをつけてくれるのです。なんだか嬉しいですよね。さすが!

 

ただ、今回はもう一つおまけが付いてきました。

 

f:id:minghuabj:20190414013255j:image

↑なんだ、コレ?

買っていないおもちゃが入っていました。注文明細を見ると、なんとこのおもちゃまでサービスで付けてくれたみたいなのです。

 

f:id:minghuabj:20190414013236j:image

↑ヒョウちゃん…へにゃくた…ペタンコBODY!なんなんだキミは!ヒョウというよりトカゲにしか見えないです(-_-;)

 

ぽーはこのヒョウちゃんが気に入ったらしく、噛んだり振り回したりしてずっと遊んでいます。このへにゃくた具合が噛み心地が良いらしいです(笑)。

私と引っ張りっこして遊ぶのも楽しいようで、よく私にヒョウちゃんを持ってきます(笑)。

そしてこのヒョウちゃん、頭とお腹の2カ所、押すと音が鳴ります。ぽーが口にくわえると、Pi~。なんだこの脱力系の遊びは…。笑いが止まりません。

 

微笑ましくぽーとヒョウちゃんの様子を見ていたのですが、あまりにもヒョウちゃんを噛みすぎて、2日で2カ所とも音が鳴らなくなりました(笑)。噛みすぎじゃ!

 

f:id:minghuabj:20190414013249j:image

↑ポーちゃんとヒョウちゃん(*`艸´)

それにしてもヒョウちゃん…全然可愛くないね(笑)。

 

f:id:minghuabj:20190419125647j:image

↑Zzz〜😴

 

太っ腹のドギーマンさん、いつもありがとうございます~。

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

日本人パティシエ監修のロールケーキがコンビニでも買える!Booth’s Cakeと北京セブンイレブンがコラボ

Booth's Cakeといえば、北京の駐在奥様で知らない人はいないであろう、 こちらの日本人の間ではすっかりおなじみの有名パティスリー。

北京で日本のケーキが食べられるようになった先駆者的存在で、看板商品はロールケーキです。

北京では現在4店舗を構えています。こちらは工体店の記事↓。

minghuabj.hatenablog.com

 

Booth's Cakeは、日本人パティシエの森田さんが、オープンからずーっと一貫してその味を守っていらっしゃいます。

数年前になりますが、前職でもお世話になったことがありましたし、プライベートでも何度もお店に足を運んでケーキを買いに行きました。

 

そんなBooth's Cakeがなんと、セブンイレブンとコラボしているではありませんか!

中国人が発信しているグルメ情報系のネットメディアで紹介されていたのを見て知り、早速セブンに買いに走りました。

 

f:id:minghuabj:20190417225013j:image

↑じゃーん、こちら。セブンイレブンで、Booth's Cakeのパティシエ森田さん監修のロールケーキが販売されています!

コンビニスイーツで顔写真が出てくるのって、日本じゃ大御所有名パティシエくらいですよね。カリスマ的扱いです。森田さんすごい!!

下の方には、スプーンですくって食べてね、と書いてあります。

味は2種類、プレーンとレッドベルベット(紅絲絨)で、各11.8元。店頭でBooth'sロールを買うと1つ30元前後なので、このコンビニ価格は良心的と言えるのではないでしょうか。

味もちゃんとおいしかったです。特にこのクリームがふわふわとろとろです。これが近くのセブンで手に入るのは嬉しいなぁ。一気に2つ食べましたよ( ´艸`)

 

スイーツのレベルがなかなか上がらない北京のコンビニで、このクオリティに出会えるようになるなんて、朗報です(笑)。

日本のコンビニでは安くておいしいスイーツがあふれていますが、中国のコンビニスイーツは、まだまだクオリティが低いまま。

Booth'sとのコラボをきっかけに、全体のレベルが上がってくれたら良いのですけどね~。

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

行列は喜茶以上!?快進撃が止まらないドリンクチェーン、楽楽茶(三里屯店)

タピオカミルクティーやチーズティーフルーツティーといったお茶ドリンクのブームは、北京でまだまだ収まる気配はなく、若者を中心に人気ぶりが続いています。

その中でも今特に人気を誇るのが、喜茶(Hey Tea)と鹿角巷(The Alley)、そして楽楽茶ではないでしょうか。

いつ見ても行列であきらめていた楽楽茶へ、ようやく行ってきました♪

 

楽楽茶は上海発祥。中国で大流行している、「Dirty(きたない)」ドリンクのネーミングの火付け役とも言える存在です。今は中国主要都市に多店舗展開し、ドリンクのおいしさはもちろん、そのユニークなデザイン性やスピーディな商品展開でも消費者を魅了し成功しています。これらの点は喜茶にも共通するところで、強力なライバル同士と言えるのかも。

参考↓36kr.jp

(ちなみにこの36krというサイト、中国のビジネストレンドをいち早く日本語で紹介していて参考になるので、私はよくチェックしています~)

 

現在、楽楽茶は北京に5店舗。先日合生匯店に行ったら案の定行列で、出来上がりまで40分かかると言われて待てなかったため断念。日を改めて三里屯店に行き、リベンジしてきました。

ただ、三里屯店も混んでいることは容易に想像がつきます。

ということで、お店に到着する前に注文しておくことにしました♪

 

微信のミニプログラム「BUY乐乐茶」から、事前に注文し支払いを済ませることができます。

 

f:id:minghuabj:20190417122153j:image

↑自分の位置から近いお店がデフォルトで表示されています。もちろん取りに行けるのであれば、他の店舗に変えてもOKです。

このような画面で、商品を選び、支払(微信支付)までできます。お店の混雑度にもよりますが、あとはだいたい30分後くらいにお店に受け取りに行くだけ。行列に並ぶ必要はありません。とってもラクラク~♪

ただし、上のキャプチャ画面のように、下に「本店繁忙」となっているタイミングは、お店が忙しすぎるということで、残念ながら事前注文ができなくなっています。通常はここに、支払いに進むボタンが表示されるのですが。

この場合は時間を置いて再度チャレンジするか、店舗を変えるか、事前注文はあきらめて行列に並びに行くか、ですね(-_-;)。

 

私がやってみた時は事前注文ができたので、微信であらかじめ支払いまで済ませて、お店へGO~♪

 

f:id:minghuabj:20190414012950j:image

↑三里屯店。三里屯太古里の南区と北区の間に位置する、3・3大厦にあります。

3・3大厦にはバーストリート側にThe Alleyもあり↓、太古里南区には喜茶もあり、この辺りはお茶ドリンク大御所勢ぞろいですな。 

minghuabj.hatenablog.com

楽楽茶はThe Alleyの裏側、三里屯西街側にあります。

 

f:id:minghuabj:20190414012953j:image

↑お茶工房のようなセットまであります。

 

f:id:minghuabj:20190414013011j:image

↑並んでいますね~。

 

f:id:minghuabj:20190414013003j:image

↑茶葉が数種類ディスプレイされています。

 

f:id:minghuabj:20190414012942j:image

↑パンも売っています。しかしどれも、大きすぎる…。ここに限らず、中国のパンってなぜこんなに大きくしたがるのでしょうか。食べきれないのでいつも買う気にならないです(-_-;)

 

f:id:minghuabj:20190414013016j:image

↑お茶工房のセットをのぞいてみたけれど、動いてはいませんでした。ディスプレイ用かな?

 

事前注文していた注文番号をスタッフさんに見せたら、すぐにドリンクを受け取れました。とっても便利!

 

f:id:minghuabj:20190414012958j:image

↑西瓜酪酪(19元)。スイカの生絞りジュース+チーズクリームフォーム、かな。

フレッシュなスイカと、ほんのりあまじょっぱいチーズクリームとのハーモニーが秀逸です。

テイクアウトの紙袋も可愛いですよね★

 

f:id:minghuabj:20190414012946j:image

↑黒糖波覇脏脏茶(19元)。直訳すると、黒糖、バブル(タピオカのこと)、汚い茶、となりますが、もちろん本当に汚いわけではなくて(笑)。黒糖がミルクに交じる様子を汚いと表現しているだけです。私のはちょっと時間が経って、"汚い"絵ではなくなりましたが。

黒糖の優しい甘さのタピオカ、もっちもちでとてもおいしい!ドリンクと言うよりは、まさに飲むデザート。これなら何度でも飲みたくなっちゃいます。

 

それにしても、同じ3・3ビルにあるThe Alleyのタピオカミルクもすごくおいしいし、どっちにしようか迷ってしまうではありませんか。こんな至近距離で至福のドリンクがしのぎを削っているなんて、贅沢な悩みです(笑)。

 

f:id:minghuabj:20190414013007j:image

↑ちょっと微妙な日本語が混じっていますが、これくらいならご愛敬です…(笑)。

 

楽楽茶もメニューは豊富で、どれもこれも試してみたくなっちゃいます。

快進撃が止まらない楽楽茶、自分好みの一杯を見つけるのも楽しいですね。

 

 

楽楽茶(三里屯店)

住所:朝陽区三里屯路33号3・3大厦西門1階1120号

http://www.dianping.com/shop/122651324

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

北京で人気のクラフトビール大御所!毎晩大盛況のSlow Boat Brewery

ここ数年、北京のクラフトビールシーンがアツイです。

良いお店はいくつもありますが、特に外国人にも人気の大御所的存在は、Great Leap、京A、Arrow Factory、Slow Boat Breweryでしょうか。私の中では"四天王"です(笑)。

そのうちの一つ、Slow Boat Breweryを久々に訪問しました。中国語名は悠航鮮啤。

 

Slow Boatは元々、東四エリアの胡同にひっそり店を構えていて、当初から在住外国人が集まるホットなお店でした。創始者はチャンドラーさんとダニエルさんという2人の外国人です。

3年前くらいに三里屯に大型店をオープンし、東四のお店は閉店。

私は前職でメディア系の仕事をしていた時に、三里屯店のオープンに当たり内覧に呼んでもらって以来のお付き合いで、お世話になりました。

三里屯にお店を構えている以外にも、他のレストランにもビールを提供しています。ハンバーガーの人気店Home Plate BBQなどなど。

(ちなみにこの三里屯のお店、Slow Boatがオープンする前は、日系のお花屋さん兼カフェだったんですよね…。閉店してしまってまさかSlow Boatになるとは驚きでした。懐かしい…)

 

f:id:minghuabj:20190402004842j:image

↑看板デザインがいつの間にか変わっている気がする。場所は、三里屯太古里から南にまっすぐ下れば見つかります。インターコンチネンタルホテル隣接のトップウィンセンター(通盈中心)の、道を挟んで東側。

 

店内は、1階から3階までありとっても広いです。各フロアにバーカウンターとテーブルがあり、店内でビールを醸造しています。

以前訪れた時は2、3階も見たのですが写真は残っておらず💦気になる方は大衆点評をご覧ください。

今回は1階を利用。というのもこのSlow Boat、1階のみ犬同伴OKなのです🐶ということで、愛犬ぽーの散歩がてら立ち寄ってビールを🍻

 

f:id:minghuabj:20190402004828j:image

↑写真ブレました💧1階はカウンターと小テーブルが3つだけの狭いスペース。できれば2、3階を利用した方が活気があって良いと思います。

ここ、三里屯という場所柄と、Slow Boatというブランドが確立されてわりと有名なこともあり、毎晩外国人も多く訪れる人気店。ピーク時は席がなくて1階で立ち飲みしている人や、並んで待っている人もいます。

 

f:id:minghuabj:20190402004806j:image

↑1階のカウンター。

 

f:id:minghuabj:20190402004903j:image

↑この階段から2、3階に行けます。今回はぽーと一緒だったので上には行けず。

というか、ポスターに注目!灯市口にも店舗がオープン予定みたいですよ、朗報ですね~パチパチ👏

 

f:id:minghuabj:20190402004833j:image

↑ドラフトビールのメニュー。Slow Boatは、シーズンによってビールのラインナップが少しずつ変わります。新しいビールもちょこちょこ入っていて、リピーターも飽きさせない工夫が感じられます。

新しいビールの情報やキャンペーンは、お店の公式微信アカウントで逐一発信されていますよ🍻

 

f:id:minghuabj:20190402004811j:image

↑フードメニューの一部。Slow Boatは何と言っても、ハンバーガーがおいしいことでも外国人に有名です。どれもオリジナリティがあってユニーク。

 

f:id:minghuabj:20190402004837j:image

↑Helmsman's Honey Ale(45元)。ほんのーり甘く、しっかり奥行きのあるおいしいビールです。

それにしても、グラスが新しくなった気がする!グラスのデザイン変わりましたよね?

 

f:id:minghuabj:20190402004857j:image

↑これは何だったかな…アンバーエールだったと思います、忘れました(^-^;

 

f:id:minghuabj:20190402004817j:image

↑東四豆腐バーガー(45元)。東四というのはもちろん、Slow Boatがかつてお店を構えていたロケーションが由来ですね。お肉なし、豆腐がメインのバーガー。ユニークながら外さないおいしさです🍔お肉はないけれどお腹いっぱい!

 

f:id:minghuabj:20190402004907j:image

ホワイトチョコレートキャラメルブリュレ(35元)。デザートは別腹、抜かりなしです( ´艸`)

 

f:id:minghuabj:20190402004847j:image

↑ぽーも食べたいねぇ~。持ってきたおやつでガマンだワン🐶

隣の席のお客さんも犬を連れていました。おとなしくお利口なコーギーちゃん。ぽーはコーギーちゃんに興味津々ですが、全く相手にされませんでした。ププ

 

f:id:minghuabj:20190402004822j:image

↑他のお客さんに可愛いと言われました( ´艸`)良かったねぇ~。

 

クラフトビール好きな人はぜひ、チェックしてもらいたいお店の一つです🍻

できれば上のフロアでにぎやかな雰囲気も含め楽しめるとより良いかな。

ボトルビールや、オリジナルTシャツにマグカップなどのアイテムも販売しているので、ビール好きな人へのお土産にもなるかもしれませんね。

 

 

Slow Boat Brewery 悠航鮮啤

住所:朝陽区南三里屯路6号

http://www.dianping.com/shop/66717084

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ユニークなシャングリラビールにも出会える★雲南料理の人気店、一坐一忘(SKP店)

先日、会食に参加するため、大望路の高級路線ショッピングモール・SKPへ。

6階にレストランが並んでいる中の一つ、雲南料理の人気店「一坐一忘」に行きました。

 

f:id:minghuabj:20190318185051j:image

↑こちらです。In & Outという英語の店名もついています。エントランスから、緑に囲まれた空間が印象的。

Jumbo Seafood↓のお隣です。

minghuabj.hatenablog.com

 

一坐一忘は雲南料理の有名店で、日本人も知っている人が多いです。

SKP以外にも、三里屯店と工体店があります。

 

f:id:minghuabj:20190318185054j:image

↑入口近くの席。

 

f:id:minghuabj:20190318185111j:image

↑この通路を進み、奥のスペースへ行きました。

私たちが訪れた時、ちょうど個室が改装中になっていて使えなかったようで、今回は個室でなくテーブルで食事に。

 

ここでは、ユニークなチベットビールが楽しめます🍻

ボトルが数種類あって、色により種類と度数が違うんです。面白い!

皆でいろいろ飲み比べしました。

 

f:id:minghuabj:20190318185042j:image

↑こちら、シャングリラビール♡パッケージのイラストもなんだかエキゾチックで可愛いですよね。この緑のパッケージは、チベタンペールエール

 

f:id:minghuabj:20190318185058j:image

↑Super Novaという名前のこちらは、色は薄いけれどアルコール度数はなんと7.1%👀

 

f:id:minghuabj:20190318185047j:image

↑こちらはSon Ghaという名前。

他に黒ビールっぽいのもありました。

 

このシャングリラビール、オリジナリティがあってパッケージも素敵だし、面白いなぁと思って調べてみたところ、ホームページを発見。

いつか現地で飲んでみたいなぁ。

shangrilabeer.cn

 

注文は全てお任せし、会食だったため写真はほとんど撮らず。

 

f:id:minghuabj:20190318185105j:image

↑お料理の一部。手前は、卵とジャスミンの炒め物で、雲南料理店でよく出てくるメニューだそうです。あっさりしていて食べやすい。

左の麺と真ん中の魚、どちらもとてもおいしかったです!

写真はありませんが、炊き込みご飯のようなお料理や、ヘルシーなお味のスープも良かったし、辛いおつまみ系もアクセントになって◎。

全体的に上品な料理で、口に合うものが多かったように思います。

 

雲南料理店って私の印象だと結構当たり外れがあって、おいしいお店は本当においしい一方、失敗したなーというお店もありました💧

この一坐一忘はおすすめできるクオリティでした。今回は10人以上の大所帯でしたが、2、3人の少人数でじっくり味わいに来るのも良いな、と思いました。

ちなみに三里屯店はモール内ではなく、大使館街の雰囲気の良いエリアにあり、内装もSKP店とはまた違ったおしゃれな感じが人気のようですよ。

 

 

一坐一忘(SKP店)

住所:朝陽区建国路87号北京SKP6階D6004号

http://www.dianping.com/shop/97674093

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村