元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

【山口】関門海峡を望む下関の港町、唐戸ぶらり歩き

下関滞在中は、関門橋の近く、港を望む下関グランドホテルに宿泊していたので、

空き時間に周辺を散策してみました。

 

亀山八幡宮

 

f:id:minghuabj:20181201202002j:image

↑「世界一のふくの像」に目が点になる👀八幡宮

石段を上りました。


f:id:minghuabj:20181201203407j:image

↑港を見渡せます。


f:id:minghuabj:20181201201910j:image

↑絵馬もふくになっていました。どんだけふく推し!でも可愛いです(笑)。

 

赤間神宮


f:id:minghuabj:20181201202254j:image

↑赤が映えます。

この赤間神宮は、壇ノ浦の合戦に敗れ、わずか8歳で関門海峡に入水した、安徳天皇を祀っている場所です。

安徳天皇は、平清盛の孫。


f:id:minghuabj:20181201202516j:image

↑赤と白が美しい、鮮やかな造りです。竜宮をイメージして造られたのだそう。


f:id:minghuabj:20181201202140j:image

↑石段を上って参詣しました。上から港側を見渡します。青空だともっと綺麗だろうな。


f:id:minghuabj:20181201201851j:image

赤間神宮には、平家一門の墓「七盛塚」もあります。


f:id:minghuabj:20181201202247j:image

↑突然、ふく料理の由来。ほ~!

 

●はい!からっと横丁


f:id:minghuabj:20181201202019j:image

↑近くには遊園地もありました。

 

スターバックス


f:id:minghuabj:20181201203332j:image

↑スタバのドライブスルーなんてあったんですねー!初めて見ました。

この日は定休日でした💦

スタバ人気が凄まじい中国で作ってもウケそうです(笑)。

 

●旧下関英国領事館など

 

f:id:minghuabj:20181201202104j:image

↑突然、こんなにレトロで可愛らしい洋風建築を見つけました。

何だろうと思ったら、元は領事館だった建物なのですね。

 

夜、もう一度近くを通ってみました。


f:id:minghuabj:20181201201927j:image

↑上の英国領事館の近くにある、旧秋田商会ビル(右)と下関南部町郵便局(左)。

これらの洋風建築群、夜はライトアップされとても綺麗でした。


f:id:minghuabj:20181201202124j:image

↑港に戻りました。はい!からっと横丁の観覧車もライトアップされて綺麗です。


f:id:minghuabj:20181201202037j:image

↑夜の関門海峡


f:id:minghuabj:20181201202541j:image

↑カモンワーフ内にあったクレーンゲーム。

ふくだらけ。というか、ふくしかない!さすが、推し具合が徹底しています(笑)。


f:id:minghuabj:20181201202329j:image

↑夜空に、ふくのちょうちんが映えます。これはキュート♡

 

下関駅

 

最終日は、下関駅から博多を経由し、福岡空港へ。

下関駅は、唐戸エリアからは距離があります。徒歩だと厳しそうだったので車で行きました。


f:id:minghuabj:20181202001627j:image

下関駅内にもふくだらけ!青・黄・ピンクのちょうちんは可愛いです。


f:id:minghuabj:20181201201940j:image

明治維新150年ですから。下関も、維新の舞台となりました。


f:id:minghuabj:20181201202340j:image

↑駅の階段にも。

 

今回は観光が目的ではなかったので、ついでに回れる所だけしか行きませんでしたが、

山口には他にもみどころが豊富にあります。

私が好きな高杉晋作のゆかりの地も、下関に点在しているのですが、今回は回れず。

でも、下関にはきっとまた、必ず来る気がします。次回のお楽しみに取っておこう。

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村