ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

上海から3時間弱、空の便でマカオへ

先日、上海虹橋空港からマカオ航空に乗り、

マカオへ飛びました。

 

マカオに行くとなると、多くの人がまず香港に入って、

そのついでにマカオも行っておくか〜、というパターンが多いと思います。

直行でマカオへ訪れるのは少数派かな?

私も過去に数回マカオを訪れていますが、いずれも深圳や香港からフェリーで訪れるパターンだったので、

飛行機で上陸するのはこれが初めて。

 

マカオは中国に返還されたものの、

国際線&香港・マカオ・台湾便が同じ扱いになっており、

外国人は出入国審査が必要となります。もちろんパスポートがあればOK。

中国の空港では、よく香港・マカオ澳門)・台湾をあわせて「港澳台」と表記しているのを見ますよね。

ちなみに中国人がマカオに行く際には、「港澳通行証」という、これまた身分証ともパスポートとも違った証明書が必要になるそうです。

中国に返還された香港・マカオに行くのに、外国人より中国人の方が手続きが大変なんて、なんだか複雑ですね…。

 

それでも、虹橋発マカオ行きの便、ほぼ満席に近いほど埋まっていました。

私が乗ったのは、9:15虹橋発→12:00マカオ着のフライトです。

 

f:id:minghuabj:20180420143251j:image

機内食は朝食メニューです。見た目通りのレベル(笑)。

ドリンクの種類がすごく少なかったような気がします。これで国際線扱いなんて、位置づけがよく分かりません(汗)。

個々の席にモニターはなし。まあ、短時間のフライトですし、私は気になりません。 

 

無事マカオに到着したら、イミグレーションを通過します。

中国大陸を出る時は、パスポートに出国スタンプを押されますが、

マカオのイミグレーションでは、押されません。

 

f:id:minghuabj:20180427235706j:image

↑入境審査では、スタンプを押さないかわりに、このような紙を渡されます。

名前、パスポートNo.、入境日などが刻印されています。

これまで提示を求められたことはないので、捨てても問題なさそうですが、

念のため、一応出国するまでは持っておきます。

 

マカオ空港は小さな空港。

f:id:minghuabj:20180422232229j:image

↑到着ゲートを出てすぐ。こんなに揃って威勢良くライターを売っていたので面白かった(笑)。

 

f:id:minghuabj:20180422232549j:image

↑両替所。マカオ人民元は使えません。

マカオの通貨はパタカ。

ただし、パタカはマカオですら使えない所もあるので、同じレートの香港ドルに換える方が断然良いですね。

香港ドルは、マカオでも普通に使えます。

 

f:id:minghuabj:20180422232603j:image

f:id:minghuabj:20180422232616j:image

繁体字を見ると、大陸から脱出して来た実感がわきます(笑)。

 

香港のついで、もいいですが、直行マカオもありですね。

街中にポルトガル語が併記されているのも、個人的には異国情緒を感じられるポイントで、大陸や香港とはまた違った雰囲気を楽しむことができます。

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村