元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

ひどいパクリ、超有名カレー屋編。そしてスーパーマーケットの営業停止が気がかり

三里屯SOHOをぶらぶらしていたら。

地下1階にて、何だか見覚えのある看板が目に入りました。

 

f:id:minghuabj:20171208001915j:plain

↑いつの間に、三里屯にもココイチができたんだろう?

…んんん!?

ここ中国でパクリを見慣れている私でも、あまりのひどさに目を疑いました。

日本人にはすっかりおなじみ、「CoCo壱番屋」ではない。

「DAVID」?デイビッド!?どちらのお国よ!?

こ、これはひどすぎます…。

 

日本人として、ココイチさんに代わって怒りすら覚えながら、

店内には決して入らず、覗いてみました(笑)。

 

f:id:minghuabj:20171208002050j:plain

↑可愛いのかよくわからないクマ。

上のモニターには「クリーミーチキンオムレツ」が写っています。35元らしい。

夜確か8時くらいでしたが、お客さんが入っている様子はありません。

 

f:id:minghuabj:20171208002325j:plain

↑カレー屋さんのはずが、アフタヌーンティーを打ち出しています。

「下午茶」は中国語でアフタヌーンティーの意味。

女子会に使えって?何でもアリだね!(もちろん褒めているわけではないです!)

 

そして、極めつけはこちら。↓

f:id:minghuabj:20171208002401j:plain

↑!!!「ゆレー」!!!

海外で変な日本語の看板を見かけるのは珍しくありませんが、

よくあるのは、「マッサージ」が「マッサーヅ」になっていたりとか、

たこわさび」が「たこわちび」になっていたりとか、

要するに、似た文字を見よう見まねで書いて間違っていることが多いのです。

しかし、「カ」と「ゆ」を、どうやって間違うというのでしょうか?

ああ、ひどすぎる。

 

それにしても一番恐ろしいのは、

本家の知名度が低い国や地域では、模倣店が先に評判になったり有名になってしまったりすると、

本家と模倣店のどちらが正規なのかが、現地の人に誤解されてしまうことだと思います。

本家がいくら海外で知名度を広めようと努力しても、偽物を訴えても、

こういうことが平気で起こる可能性も、ないわけではないのです。

 

ココイチさんは、積極的に海外展開をされていますし、北京にも複数お店があります。

私も、日本のカレーが食べたくなったらときどきお世話になっています♪

ココイチのお店|カレーハウスCoCo壱番屋グループ

こんなひどい偽物に負けず、日本のカレー代表として引き続き頑張っていただきたいです!

 

ちなみに、私が見たゆレーのお店はこちらです。

http://www.dianping.com/shop/93962175

 

さて、場所を移して、以前の記事でもちょっと触れた、Heaven Supermarketの前を通りがかりました。

タイトルのスーパーマーケットとは、ここのことです。

 

minghuabj.hatenablog.com

 

今日もにぎわっているんだろうな、と覗いてみようとすると… 

 

f:id:minghuabj:20171208002436j:plain

↑外観。さすがに寒いから外で飲んでいる人はいないな。

って、あれ?

 

f:id:minghuabj:20171208002511j:plain

↑「一時休業中」の文字が。

最近この場所に移転したばかりだったのに。赤スプレーで書かれた文字が、なんだか怖いのですけれど…!

明らかに、「本日は臨時休業させていただきます」というレベルではない雰囲気を勝手に感じるのですが。

何かあったのかな、としか思えない、赤い文字…。ぶるぶる。

 

いつまで営業停止かも全く不明。

家の近所なので、営業再開していないかときどき覗いてみます(汗)。

 

そんな仕事帰りの夜散歩でした。

 

 

Heaven Supermarket 天堂超市

住所:朝陽区新東路12号星天地広場地下1階

http://www.dianping.com/shop/95367146

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村