元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

愛犬のエリザベスカラーがやっと取れた!美聯衆合動物医院にて

皮膚の治療のため、エリザベスカラーを着けていた愛犬ぽー。

 

minghuabj.hatenablog.com

 

そろそろ赤みも収まってきたし、外してもいいかな?と、再び動物病院へ。

 

f:id:minghuabj:20180827134315j:image

↑こういう動物病院に訪れました。

日本人の生活圏からは離れた南の方で、釣り池のある酷魚垂釣CLUB↓の近くです。

 

minghuabj.hatenablog.com

 

本当は動物病院を変えない方がいいのかもしれないのですが、引っ越して前回の動物病院↓ はそれほど近くなくなったのと、

minghuabj.hatenablog.com

 

まあいろいろあって、こちらの美聯衆合動物医院に連れてきてもらい、エリザベスカラーをつけることになりました。

なので、今回もこちらへ。


f:id:minghuabj:20180827134258j:image

病院内は想像以上に清潔できれいでした。モニターには、ペットフード会社のCMや、病院(ここはどうやら母体が大きな病院で、あちこちに分院があるようです)のCMが流れていました。

 

f:id:minghuabj:20180827134309j:image

↑人見知りで初対面の人にはなかなか気を許さない、頑固で臆病なぽー。暴れて獣医さんに迷惑をかけまくります💧(というか、一人は前回と同じ獣医さんなので初対面ではないのだけれど)

検査をするのに、抱っこされるのを嫌がって、獣医さん二人がかり。

看護士さんにも、「肝子小」(臆病、とかそういう意味)と言われました💧

もっと人懐こくはならないものでしょうか(笑)。性格なのかな?それとも私の育て方が悪いのだな、きっと(泣)。

でも、私にはべったり甘えてきます。そんなぽーが大好きです❤️(親バカ)

 

f:id:minghuabj:20180827134357j:image
↑検査結果を待つ間、こんなちっちゃなニャンコを発見。エサを与えられていたし、患者さんではないのかな?

私が近付くと、小さな声でニャーニャーと鳴き、小さな手を差し出してきます。か、可愛すぎる!

 

院内には他にも、足を怪我した大型犬や、ケージに入って点滴を打つ小型犬など、患者のワンニャンたちがいました。

皆、言葉を発せないから、痛みを上手く伝えられない。飼い主さんが気付いてあげられるかがすごく重要なんですよね。

治療に耐えてエラいぞー!皆頑張れー!

ぽーと暮らすようになって、犬や猫に対して以前より何倍も感情的になっています(笑)。

と、あまり他の犬や猫に気を取られているとぽーがすねるので、ほどほどに…。

 

検査結果が出て、だいぶ治っているので、エリザベスカラーを外してもらえました。

 

f:id:minghuabj:20180827134303j:image

↑ようやく視界が開けました(笑)。良かったねー!

 

ここの病院は、獣医さんもスタッフさんも皆さん親切でした。

まあ、場所が場所なので、外国人はなかなか来ないと思いますが…。

 

診察を終えて病院を出て、酷魚垂釣CLUBに向かって博大路を散歩することに。

途中で、でっかい変な入口を見つけました。

 

f:id:minghuabj:20180827134502j:image

↑何だ、この遺跡もどきのような入口は。


f:id:minghuabj:20180827134508j:image

↑公園でした。知らなかった!

広い北京、まだまだ知らないスポットが山ほどあるなぁ。

ペットは入園禁止と書いてありました。なので、入らず通り過ぎただけ。

 

とりあえず、エリザベスカラーが外せたので良かったです!

首元がすっきりしたみたいで、ぽーも嬉しそう♪

これからも健康で大きくなるんだよー🐶

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村