ふわふわ北京日和

2014年1月から北京在住、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

日本食を食べずに、ちょっとおしゃれなローカル店で絶品マーラータンを味わう幸せ。麻友麻辣燙

私は、中国の辛いB級グルメマーラータン(麻辣烫)が好きです。

日本でも、東京などにはお店がオープンしているみたいですが、地方ではまだまだ見かけるものではなさそうです。本帰国したら食べる機会はほとんどないだろうし、きっと恋しくなる食べ物の一つ。

北京ではその辺にお店がわんさかありますが、もちろんお店によって味も素材もやや違い、おいしいお店は本当においしい!逆に、イマイチだなーってお店もあります。

今回向かったのは、麦子店にある「麻友麻辣燙」。ここ、もしかしたら今まで食べた中でも一、二を争う好みのマーラータン、かもしれないです。私の中で。

 

麦子店は日本人も多く住み、日本食のお店が特に充実しているエリア。

麦子店のシンボル的な、日本食のテナントが集まる建物「一番街」の裏というか、外側です。

 

f:id:minghuabj:20190327015100j:image

↑こちら。チェーン店ではなくて、ここだけでの営業のようです。

 

f:id:minghuabj:20190327015117j:image

↑目立つ一番街、中は日本人サラリーマンのたまり場になっています。

私は、個人的に一番街の中があまり好きではないです(笑)。海外でここまで日本風を求めていないし、いかにも日本風に作りました、という感じにちょっと引いてしまう(好きな方や常連の方すみません。個人の好みです)。

もちろん居酒屋に行きたい時、日本食を食べたい時の味方ではあり嬉しい存在ですし、おいしい油そば↓も食べられますけどね( ´艸`) 

minghuabj.hatenablog.com

 

今夜もたくさん日本人サラリーマンがこの空間にいるのだろうけれど、私はこの中に用はないのよ、と一番街の表側を横目に通り過ぎることに、勝手に爽快感すら感じます。何だろうこの気持ち(笑)。あ、誘われたら一番街でも日本食でも喜んで行きますけどね。

一番街の裏側、すぐ見つかる麻友麻辣燙へ乗り込みます。

 

f:id:minghuabj:20190327015113j:image

↑この階段の柄がなんだか素敵。

 

f:id:minghuabj:20190327015129j:image

↑店内は、赤がメインカラーでちょっとおしゃれ。こぢんまりとした空間に、若い人を中心にどんどんお客さんがやって来ます。

 

f:id:minghuabj:20190327015133j:image

↑早めに行くと空いていましたが、夕食時ピークになるにつれてほぼ満席に。


f:id:minghuabj:20190327015125j:image

f:id:minghuabj:20190327015141j:image

↑まずは、ボウルに自分の食べたい具材を好みで取ります。

一番上の段には葉野菜がいろいろ。日本では見かけない種類の野菜もあります。


f:id:minghuabj:20190327015121j:image

↑麺がないなぁと思ったら、隣にありました。春雨や乾麺がいくつか。

レタス、ほうれん草、うずらの卵、糸こんにゃく、えのき、山芋、乾麺などを取りました。

ボウルをレジに持って行き、重さを量ってお会計。マーラータンとビールで24元でした。なんて経済的なディナー❣️

ボウルの具材を厨房で調理してくれるので、あとはできあがりを待つだけ。辛さのリクエストもできて、ちょっと辛い微辣(ウェイラー)にしました。


f:id:minghuabj:20190327015109j:image

マーラータンのお供はビール🍺燕京ビールです。瓶ビールは大きいのしかなくて缶に。キンキンとまではいかないけれど、ちゃんと冷えています。

 

ここ、マーラータンのお店にしてはサービスも良い方。

多くのマーラータンのお店は、できあがったら番号を呼ばれて自分で取りに行くシステムですが、ここはテーブルまで運んでくれます。さらに、箸やれんげも持ってきてくれてびっくり。


f:id:minghuabj:20190327015105j:image

↑調味料はテーブルに備え付け。右の麻油(マーヨウ)が個人的には欠かせません!ピリッとアクセントが加わるんですよね。


f:id:minghuabj:20190327015136j:image

↑きました!私のマーラータン。

一目見て思った…美しい!(笑)

こんな美しいマーラータンに出会ったのは初めてです。上にはごまだれがかかっていて、これは珍しいかも。他店では、ごまだれを別で出すことも多いので。

そして、この美しいマーラータン、すごくおいしいです。なんだか感動してしまいました。おいしいおいしい〜と心の中で何度も言いながら20元のマーラータンを食べる日本人、何なんだろう(笑)。

微辣にしたせいか、辛さは控えめ。マイルドで奥行きがあるスープがとても好みです。真っ赤でゴロゴロした唐辛子や、よけるのが面倒な花椒が入っていないのも食べやすいです。スープはもちろん飲めますよ。

 

野菜もたっぷり食べられて、お手軽リーズナブルでピリ辛おいしいマーラータン。

帰国前にたくさん食べておきたくなり、次の日も別のお店にマーラータンを食べに行ったのですが(笑)、麻友マーラータンのおいしさには全然及ばなかったなぁ。個人の好みにももちろんよるけれど。

すっかり気に入ったし、また近々来なくては!麦子店に来る目的が日本食じゃなくてマーラータン、でも良いんです(笑)。

 

 

麻友麻辣燙

住所:朝陽区農展館北路15号

http://www.dianping.com/shop/69129886

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村