ふわふわ北京日和

2014年1月から北京在住、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

北京の風情を感じるロケーションで、パンダのクラフトビール。熊猫精醸啤酒厨房 Panda Brewery & Kitchen(北新橋店)

クラフトビールシーンがアツイ北京で、特に中国っぽさを良い意味で感じるのは、やっぱりPanda Brewですよね。

Pandaですから🐼

 

以前Panda Brewの三元橋店に行きました↓。が、今大衆点評を見てみたら、お店が営業していない様子…。実際お店に行っていないので分からず、閉店なのか復活するのかは不明です。 

minghuabj.hatenablog.com

 

今回は、北新橋店へ。

北京最大のチベット仏教寺院、観光スポットとしても人気の雍和宮にも近いエリアです。

 

f:id:minghuabj:20190317231023j:image

↑こちら。外観全体が納まりきれませんでした。

 

f:id:minghuabj:20190317230948j:image

↑上の方には、ゴツいパンダさんが。

 

店内に足を踏み入れると、まずはずらりと並んだボトルビールがお出迎え。

 

f:id:minghuabj:20190317230955j:image

↑オリジナルのビールもたくさん売っています。パンダイラストのボトル、お土産にも良いですよね。

 

店内は、1階と2階があります。

全体的に黒を基調としたカッコいい内装。1階はシックでクールな、ラウンジみたいな印象の空間です。

 

f:id:minghuabj:20190317231034j:image

↑ゆったりソファ席。

 

f:id:minghuabj:20190317231017j:image

↑端にはテーブル席。空間をゆったり使っていて、窮屈さを感じません。

 

f:id:minghuabj:20190317231050j:image

↑店内の一角には、カフェスペースもありました。

 

f:id:minghuabj:20190317230940j:image

↑カウンター。タップがずらーり!上の段に並んでいる小瓶みたいなのは、ビールそのものです。ビールの色が外から見えるようになっているんですね~、これ素敵。

 

2階に行きました。

 

f:id:minghuabj:20190317231005j:image

↑階段の壁に名前が。

 

f:id:minghuabj:20190317231057j:image

↑2階のフロア。前方にステージがあって、ライブができるみたいです。私が行った時は何もありませんでしたが。

もっと混んでいると思っていたのにかなり空いていて拍子抜け。と思ったら、夜が更けるにつれてお客さんが増えてきました。

 

f:id:minghuabj:20190317231044j:image

↑ビールメニュー。一つひとつの名前も面白いです。

「女性におすすめ」「ずっしりした味わいが好きな人におすすめ」などとカテゴライズされているのもナイス👍

 

f:id:minghuabj:20190317231001j:image

↑熊猫眼蜂蜜艾爾 / Panda Eyes Honey Ale(36元)。アンバーエールです。ほのかな蜂蜜の香りが心地良い一杯。

それにしても、泡なさすぎです(笑)。いつもはもっと注ぐのが上手だった気がするのですけど💦もう少し泡も入れてほしかったなぁ( ´艸`)

他のビールも個性的でおいしい。4種類のビールを飲み比べできるテイスティングセットもありますよ。

 

f:id:minghuabj:20190317231012j:image

↑おつまみにDeep Fried Chicken(39元)。まあまあ普通かな。

フードはどれもボリューミーだし、やっぱり、複数人で来てシェアして食べる方が良いですね~。

 

ここのPanda Brewは、他のクラフトビールのお店に比べて外国人客が少なく、中国人客の方が多い印象。

パンダといい、それぞれのビールの個性的な味わいといい、他ではなかなか味わえないようなユニークさがあります。

中国でビールを飲むなら、中国らしいパンダビール🐼覚えておきたい一軒です。

 

 

熊猫精醸啤酒厨房 Panda Brewery & Kitchen(北新橋店)

住所:東城区東四北大街14号

http://www.dianping.com/shop/20663198

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村