元・ふわふわ北京日和

約6年半中国で働き、2019年4月に本帰国。北京で出会った愛犬ぽー(トイプードル×ビションフリーゼ)が相棒★中国暮らしを懐かしみつつ、日本にいながら日々思うことを。

四合院造りの古き良き雰囲気の中、アテンドにもふさわしい北京料理。798芸術区の那家小館(酒仙橋店)

北京である程度の上品さがあり、アテンドにも適した北京料理レストランは何軒かあります。

中でも私がよく行っていたのは「那家小館」。

北京市内に数店舗ありますが、北京を代表するアートスポット・798芸術区に位置する酒仙橋店には何度も訪れました。職場が近かったこともあり、毎回、日本から来た出張者のアテンドや、会社の食事会などに使っていたためビジネスでの利用で、日本人にも好評でしたし、私も気に行っていました。

建国門店も訪れたことがあります。その他の店舗は行ったことがありませんが、酒仙橋店の方が広くて雰囲気もより秀逸ではないかと。

 

何度も訪れ気に入っていた那家小館なので、気合を入れて紹介したいところですが、

大変残念なことに、お料理の写真がありません!(笑)

だって毎回ビジネス利用でしたもん…そんな自分だけパシャパシャ写真を撮れる雰囲気なんてなかったので💧

とはいえ私、参照元がどこであろうと、無許可で写真や画像データをお借りして自分のブログやSNSにアップする、というのが嫌いで…。

ということで、外観+内観の写真のみ、お料理写真なしのヴィジュアルに欠けたお店紹介、恐縮です!

 

酒仙橋店のロケーションは、798芸術区北門すぐ。

798散策と合わせてランチ利用しても良いし、散策後に夜訪れても良いと思います。

夜はライトアップされる「798」のオブジェが目印。こちら↓の1番目の写真です。 

minghuabj.hatenablog.com

 

f:id:minghuabj:20190102005300j:image

↑エントランス。もう、この外観を見ただけでワクワクしちゃいます。堂々としていて老北京の風情があって素敵。

 

店内はとっても広いです。四合院造りになっていて、中庭もあります。

 

f:id:minghuabj:20190102005144j:image

↑こちらは2階のテーブル席、この通り広い広い。

 

f:id:minghuabj:20190102005221j:image

↑大きな円卓のある個室。個室も大小あり非常に充実しています。

 

お料理の写真はぜひ、大衆点評をご参照ください。

http://www.dianping.com/shop/4175269

上品な北京料理を中心に、メニューは豊富に揃います。その辺のローカル店よりはお値段張りますが、それほど高級なわけではないのも使いやすいポイント。

お料理の中で私が特に好きだったのは、

・秘制酥皮蝦…大ぶりのエビを揚げたものですが、エビフライではないですよ( ´艸`)甘酢のような味付け。プリプリのエビがたまりません。

・那家自制豆腐…自家製豆腐だそうな。この豆腐の食べ方、他では食べたことない!卵を混ぜているのかな、黄色がかった揚げ豆腐がすごくおいしくて、忘れられずにいます(笑)。

 

その他、辛い四川系の料理あり、ビジュアルインパクト大の大きな川魚やラム肉あり、どれもおいしくていつも満足でした。日本人がとっつきやすい前菜系やサラダ、スープもあります。

北京ダックもあり、その場でシェフがさばいてくれるので、北京旅行や出張に来た人のアテンドで連れて行っても喜ばれます。

ドリンクにはぜひとも白酒を(笑)。小さな白酒用おちょこで飲んでくださいませ🍶

普通の瓶ビールもありますが、燕京ビールの白(Weissbier)なんて変化球も面白いですよ。白は缶ですけど。

 

f:id:minghuabj:20190102005543j:image

↑夜のエントランス。ライトアップしていて綺麗です。

 

798芸術区付近で北京料理のアテンドなら、ここが一番かな、と思います。

798はちょっと中心部から離れているので、国貿付近ならば建国門店が便利ですね。

有名店ですし、一度訪れてみても損はないと思いますよ。

 

 

那家小館(酒仙橋店)

住所:朝陽区酒仙橋北路2号(798芸術区北門近く)

http://www.dianping.com/shop/4175269