ふわふわ北京日和

2014年1月より北京生活を楽しんでいます★北京グルメやトレンド情報、趣味の中国ドラマ&映画、本の感想など、気ままに発信します。

いくら乗っても分からない。バスに乗って遭遇する、中国あるある

私は今年転職したのですが、今は毎日、バスで通勤しています。

もちろん、それまでもたまにバスに乗ることはあったけれど、

毎日乗っていると、かなりの頻度で、何かが起きることに気付きました。

いい加減にしてよぉ~、と思うけれど、この渋滞のひどい交通状況と、譲り合いというものがない運転マナーが改善されない限りは仕方ないのだろうな。不満に思ってストレスをためても損するだけなので、割りきってネタにするしかありません(笑)。

 

f:id:minghuabj:20171215235815j:plain

↑どうでもいいですが、私の交通カード。798芸術区のショップで買ったシールを貼りました。面白くないですか??見つけた時は思わず買ってしまいました。
北京の人は分かると思いますが、このデザインは、路線バスの案内板。

中国発、開放行き。シュールなアイディア、よく思いついたなこれ!

 

話を戻して、下記は、私がここ3カ月以内で体験した事柄の一例です。

 

  • 事故に遭う
    朝通勤中に乗っていたバスが、右折し入ってこようとした乗用車とぶつかりました。
    お互い譲らないから、そうなるんだよ…。
    幸い、大きな事故ではなく、ちょっとかすった程度で、急ブレーキがかかりましたがけが人はなし。
    しかし、バスは運転を続けられず、乗客は皆追い出されて、次のバス停まで歩くはめに。
    バス停が近かったからすぐ次のバスに乗れたけれど、遠くても対応同じなんだろうな。
    こういう時、車掌による社内アナウンスなんて流れるはずもありません。
    周りの乗客がぞろぞろと、いきなりバスを降りだす。あれ、私も降りた方がいいのかな?そんな感じです。
    乗務員がいるバスでは、「降りて降りて!」とか言われる時もあるけれど、「お客様にはご迷惑をおかけし申し訳ございません」的な謝罪は、一切ありません。
    そして納得がいかないのが、バス料金分を一回清算して、次のバス停まで歩いてまた料金を払って乗ること。自分の非ではないのに、なぜまた払わないといけないのか。いくらバスが安いからって、納得いかないのは私だけ?ケチなの?(笑)

  • 動かなくなる
    朝通勤中に乗っていたバスが、渋滞にはまりました。
    渋滞のひどい北京では、なかなか進まないなんてことはよくありますが、この時は異常でした。いつもスムーズに進む道なのに、今日は運が悪いな…。
    しかし、同じ場所で20分くらい動かないんです。もちろん、バスだけではなく、周りの車も全部。
    朝急いでいる時にこれはないですよ…。
    結局、20分後にやっと流れましたが、周りの乗客の会話を聞いていると、どうやら交通管制があって車が全部止められていたらしい、ということがうっすら判明。なぜ、通勤時間帯にやる!?
    そしてここでも、止まった原因やお詫びのような、車内アナウンスは皆無です。

  • 動かなくなる②
    朝通勤中に乗っていたバスが、渋滞にはまりました。
    またしても、よくある渋滞かと思ったら、今度は私が乗っているバスだけ動かず、周りの車は流れ出した。なぜ!?
    そして数分後、車内アナウンスはなく、乗客がぞろぞろと降りだしました。慌てて私も続いて降ります。
    乗務員さんが、「前のバスに乗って」と言っています。私が乗っているバスと同じ路線の一本後から来たバスが、私のバスを追い越して、前方で止まりました。
    すぐ同じバスが来たから、そこまで時間のロスにはならず良かったものの…。
    結局、なんで止まったの?ねえねえねえ!誰か教えてー!

 

と、いろいろと起こるわけです。これって、私がついていないだけ、ってことはないはずですよね(笑)。

そして、目下の私の一番の疑問は、「何が起こったの?教えてくれないのに皆疑問に思わないの?ねえねえねえ!」ということです。

車内アナウンスはないし、遅延証明とかもちろんないし。

そして、意外なことに(?)、文句を言う中国人乗客を、私は見たことがありません。

もっと皆怒ってもおかしくなさそうなのに、「あーまたか」みたいな感じなのかな?日常茶飯事で慣れているのか、細かいこと(なの?)はいちいち気にしない大陸の気質なのか、両方なのか。

皆、何で止まったか気にならないの?って、私はとても不思議なのです(笑)。

何事もなかったかのような周りの乗客を横目に、分からずモヤモヤしたままやり過ごす私。ああ、分からない!

 

…と、そんな、ネタに富んだバス通勤を毎日楽しんでいます(笑)。

 

それにしても、北京のバスは時刻表がないので、

すぐ来ればいいのですが、なかなか来ない時の焦りと心細さといったら…。

この気温マイナスの寒い夜、30分もバスを待ち、さすがに心も凍ってしまいそうでした。

(そういう時に限ってタクシーも捕まえられない)

 

北京に何年もいるのに寒いのが苦手なので、ひたすら春が待ち遠しいです。

 

f:id:minghuabj:20171216000222j:plain

Tous les Joursのクリスマスドリンク、ミルクティーです。ココアパウダーが可愛くて、これですら些細な癒しになる今日この頃(笑)。

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

好きだなぁ、このじわじわ来る感じ。中国のロードムービー『いつか、また』

私は同じ映画を繰り返し観る、ということはあまりしないのですが、

久しぶりに観たくなって、動画アプリでリピート鑑賞してしまったのがこちら。

2014年の中国映画『后会無期』です。

baike.baidu.com

 

『いつか、また』(2014年中国)

原題『后会无期』

監督:韓寒(ハン・ハン)

出演:馮紹峰(ウィリアム・フォン)、陳栢霖(チェン・ボーリン)、鐘漢良(ウォレス・チョン)、王珞丹(ワン・ルオダン)、袁泉(ユエン・チュアン)、陳喬恩(ジョー・チェン)ほか

 

↑改めて見ると、めっちゃ豪華キャストですな。

 

この映画、良いですよね~。共感してくださる方いますか??すごく私好み(笑)。

ただし、大衆受けはしないと思います。好きな人にはすごく受けるだろうな、っていう。日本の映画口コミサイトでも、だいたいあまり評価は高くないですし(汗)。

 

中国の東の果ての島で育った若者3人が、車で西へ西へと旅に出る話。

馬浩漢(馮紹峰)と、地理教師の江河(陳栢霖)が主人公。

殺風景な荒野を車がひたすら進むように、物語も淡々と進んでいくように見えるのに、

どこか不思議な空気をまとったロードムービーになっています。 

 

物語は地味に進むけれど、「そこで来る!?」と言いたくなるような、思いがけない方向からシュールな笑いが突然飛んできて、一人でクスクス笑いたくなってしまう(笑)。

そもそも、3人で出発したのに、開始早々一人が置いてきぼりにされて脱落します(笑)。

 

登場する女性陣も印象的です。

旅の途中で、江河が一目惚れするコールガールを演じるのは王珞丹。登場シーンは長くないのに、強い印象を残す存在感があります。

そして、馬浩漢が出会うビリヤード場の女性は、袁泉。

彼女は自立した、芯のある役がすごく似合う。

ちょっと前にハマって観たドラマ、『我的前半生』でもそうでした。

 

minghuabj.hatenablog.com

 

ひたすら荒野を走る、馬と江が出会ったヒッチハイカー役には、鐘漢良。

以前観た主演ドラマ『何以笙簫默』では、クールでおいしい役でしたが、

この映画ではクールさのかけらもなくて、新鮮でした(笑)。

 

この映画、音楽にも注目です。

音楽プロデュースは、なんと小林武史さん。

 

中でも個人的には、エンディングテーマが印象的で。

朴樹さんという歌手が歌っている、「平凡之路」という歌がずっと耳に残ります。

 

www.youtube.com

YouTubeにMVがありました。(中国での視聴にはVPNが必要です)

しかし、単独で聴くより、映画のエンディングとして聴く方が何倍も良いです。余韻がしばらく醒めませんでした。

 

最後に、中国語タイトルの『后会无期』について。

どういう意味なんだろう?と思って、辞書で調べてみたら、

「后会无期」は出てこなくて、「后会有期」が出てきました。

「后会有期」とは、「また会いましょう」「機会があればまたお目にかかりましょう」という意味で使われる成語だそうです。

この「有」が、「无」(「無」の簡体字)に変えられたのが、映画のタイトル。

ということは、反対に、「もう会わない」という意味と捉えることができるのかな。

映画を観ると、タイトルの意味が余計意味深に感じられてしんみりしてしまいます(笑)。

 

私、中国に来る前は、動画サービスかレンタルDVDで、毎日1本観るほど洋画ばかり観ていました。

映画はわりと観ている方だと勝手に思っていたけれど、中国映画は全くと言っていいほど知らなかったんだなーと、反省です。

せっかく中国語も勉強しているんだし、良質な中国映画を求めてこれからもいろいろ観ていきたいです♪

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

リーズナブルさに脱帽。人気の浙江料理レストラン、緑茶(工体店)

ショッピングモールなどでよく見かけるレストラン、緑茶。

浙江省の料理を提供しています。

レストランなのに「緑茶」って名前、なんだか面白くて可愛い。

 

もう3年前くらいになると思いますが、友人にすすめられて初めて緑茶に行ったのは、大望路にある光華店。

人気店のようで、とっても混んでいました。

その後何度か行きましたが、やっぱり行列ができるほどの人気。

しばらく行ってなかったけれど、ふと工体店に行ってみました。

 

f:id:minghuabj:20171212011648j:plain

↑世茂工三にある工体店。あれ、緑茶ってピンクでしたっけ?可愛い。

そして、工体店は全然混んでいません。私が見たことのある他の店舗は、平日でも並ぶほどにぎわっているというのに。ここは穴場かも?(笑)

 

f:id:minghuabj:20171212011711j:plain

f:id:minghuabj:20171212011743j:plain

↑半個室のようなテーブルもいくつかあります。

 

f:id:minghuabj:20171212011933j:plain

↑普通の夕食時に行ったのに、予想に反して空いていて逆にびっくり(笑)。

わりとシックな雰囲気で、一見、高級レストランなんじゃないかと思う内装。

 

しかし!

この緑茶、驚きのリーズナブルなお値段で、お腹いっぱい中華が食べられてしまうのです。

 

f:id:minghuabj:20171212012140j:plain

↑メニューの一部。鉛筆でチェックを入れてオーダーします。このように、メニューは豊富。そして、文字がずらりと並んでいるので、分からないものは想像で(笑)。

オーダーにもよるものの、お安くないですか!?

 

2人で訪れましたが、安いのでいろいろ頼んでみよう!と注文。

 

f:id:minghuabj:20171212012205j:plain

↑麻醤油麦菜。10元!

油麦菜にごまだれソースがかかっています。ごまだれソース、なんだかピーナッツバターっぽい味に感じました。

私は中国に来て、油麦菜という野菜に出会い、好きになりました。日本にはないですよね!?

個人的に、ほうれん草とレタスの真ん中みたいな食感だと思っています。

 

f:id:minghuabj:20171212012235j:plain

↑麻婆豆腐。8元!

小皿ではなく3~4人前くらいあるのに、びっくりの安さです。

もちろん日本で食べる麻婆豆腐よりは辛いですが、中国で食べる基準で言うと、優しめの辛さだと思います。ご飯が進みます。

 

f:id:minghuabj:20171212013906j:plain

↑雪菜純豆腐。12元!

優しい味のスープです。

 

f:id:minghuabj:20171212013840j:plain

↑石鍋鶏湯豆腐。22元。

ちょっと甘めの味付け。

そして、豆腐ばかりになりました(笑)。

 

f:id:minghuabj:20171212012434j:plain

↑小鍋土豆。15元!

ピリ辛のじゃがいも。味が濃くておいしい。

 

f:id:minghuabj:20171212013543j:plain

↑面包誘惑という名前のハニートースト。28元。

これがこの日一番高い品となってしまいました!

緑茶に来たら、これを注文する女子の多いこと。でもこれって、まさか浙江料理…ではないですよね(笑)。全然中華デザートっぽくない看板デザートで意表を突くのが面白いです。

いかにもカロリーが高そうですが、やっぱり食べたくなってしまう。甘いものは別腹です。

 

こんなに注文して、いつも通りビールもたくさん飲んで、2人でお会計は150元弱。

そこら辺のローカルな食堂でもないのに、ましてや高級感すら感じられるこのレストランで、驚きの安さです。これが人気の秘密なのでしょうね。

(工体店は空いていますが…)

 

品数が多いので、次回はまた違ったオーダーができそうです。

ちょっと多めの人数でワイワイ中華を楽しむのにも、緑茶は知っておくと使えると思います♪

 

 

緑茶(工体店)

住所:朝陽区工体北路13号世茂広場工三4階

http://www.dianping.com/shop/5423552

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

無難なカジュアルダイニング?~Lily's American Diner(三里屯店)

三里屯太古里から西側、工体スタジアムの方向に進むと、新東路沿いに首開鉑郡というマンション群があります。

テナントもいろいろと入っていて、Heaven SupermarketXL Bar and Restaurantもこの辺り。

 

minghuabj.hatenablog.com

 

その中の一つ、Lily's American Dinerで一人ごはん。

 

f:id:minghuabj:20171210194312j:plain

↑店名の頭文字を取った、「LAD」のロゴが目立っています。

このお店、双井と四恵にもお店があり、私は以前双井店に行ったことがあります。

その時の印象は、これといった特徴もなく、至って無難というか、普通でした。なので、普通と分かっていて、三里屯店に行きました(笑)。

 

f:id:minghuabj:20171210194406j:plain

↑三里屯店の店内、広いです。こちらはカウンター。

 

f:id:minghuabj:20171210194447j:plain

↑テーブル席。2回訪れましたが、いずれもお客さんがほとんどいません(汗)。

それでも24時までオープンしているので、遅い食事には意外と使える!?

 

f:id:minghuabj:20171210194528j:plain

↑メニューはタッチパネル式。これで注文まで済ませます。

サラダ、ハンバーガー、パスタ、ピザ、メキシカンなど、一通りあり。

サラダやハンバーガーなど、追加料金でトッピングを選べるものが多いです。

 

f:id:minghuabj:20171210194559j:plain

↑1回目の訪問時、まずはビール。タイガーにしました。

 

f:id:minghuabj:20171210194629j:plain

↑2回目の訪問時。テーブルに置いてあったキャンドルを近づけて無駄にムードを上げてみましたが、ホットチョコレート(20元)です(笑)。この時は、お酒より温かいものが飲みたかったんです…寒くてね…。すごく甘かったです。

 

f:id:minghuabj:20171210194718j:plain

↑1回目の訪問時、シーザーサラダ(39元)とマッシュルームスープ(20元)。

期待はしていませんでしたが、やっぱり特徴のない味(?)。どちらも、Annie's(北京に複数店舗あるイタリアンレストラン)の方がおいしい!って思ってしまいました(笑)。

スープに付いてくる、ガーリックトーストはおいしかった。

 

しかし、ハンバーガーを食べてみたくて再訪。

 

f:id:minghuabj:20171210194758j:plain

↑チキンハンバーガー(39元)。チキンがかなり大きめ。ハンバーガーはなかなかおいしかったです。これ一つでお腹いっぱいになりました。

 

やっぱり、いつ行っても無難であまり感動はありません(笑)。

が、混んでいなくて静かだし、夜遅くまでやっているし、長居してくつろげるし、わりと穴場感があります。

こういう普通~のお店も、北京では意外に貴重だったり(?)して(笑)。

 

 

Lily's American Diner(三里屯店)

住所:朝陽区新東路8号院首開鉑郡小区北区4号楼底商1-037号

http://www.dianping.com/shop/18980983

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

金城武×周冬雨主演のラブコメ映画『喜歓你』

今年4月に中国で公開された映画、『喜歓你』を観ました。

主演は金城武と周冬雨(チョウ・ドンユィ)。舞台は上海。

私は周冬雨ちゃんが大好きなので、彼女の新作はいつも楽しみ。

日本公開はされていないようですが、今年の第30回東京国際映画祭に出品されていました!

邦題は『こんなはずじゃなかった!』となっています。

 

2017.tiff-jp.net

 

『喜歓你』(2017年中国)

監督:許宏宇(デレク・ホイ)

出演:金城武、周冬雨、孫藝洲(スン・イージョウ)、林志玲(リン・チーリン)ほか

 

あらすじ・解説は上のリンクを参考にしてくださいませ。

 

金城武と周冬雨という、不釣り合いなようで実はいいコンビ?の2人。

この2人の魅力があって、この映画が面白くなっていることは間違いないだろうな、と思います。

金城武が演じる路晋は、異常なほどの潔癖症で、まずい料理は絶対に食べない大金持ち。

周冬雨演じる顧勝男は、天才的な料理の腕を持つホテルのシェフだけれど、性格はとにかくテキトーで抜けている。冒頭で、付き合っていた彼氏には「色気が感じられない」との理由で振られる始末。

出会いが最悪だった2人が距離を縮めていく、王道のラブコメじゃないかと思いきや、

役者さんの魅力と、クスっと笑わせる小ネタが光って、ありきたりな作りになっていないのが良かったです。

 

周冬雨ちゃんは、いかにもな華やかでアジアンビューティ―タイプの多い中国女優さんたちとは全く違うタイプ。

特別美人というわけではないですが、みずみずしくてきらっと光るものがあって、

くるくる変わる表情がとっても可愛らしい。

チャン・イーモウの『サンザシの樹の下で』でデビューした時はまだまだ幼かったのですが、最近大人になって綺麗になったなぁと思います。

 

baike.baidu.com

 

そして、日本でも知名度のある女優、リン・チーリンが、金城武演じる主人公のお付きのシェフの役で特別出演しています。登場するだけで画面がパッと変わる、本当に美しい方ですね。

 

個人的におっと思ったのが、金城武の秘書役で出演している孫藝洲。

彼は、私が初めて観た中国ドラマ、『愛情公寓』の主要登場人物の一人として出演していました。

『愛情公寓』は、中国版『フレンズ』(というか、『フレンズ』のパクリとも言われていた…)的なコメディドラマで、数年前にすごく流行っていました。

シーズン4で止まっているのですが、早くシーズン5が観たい!

とてもハマって観ていたので、『愛情公寓』のメンバーを他で見かけると、勝手に嬉しくなってしまいます(笑)。

 

そうそう、中国映画も中国ドラマと同様、中国語の字幕が出ます。

セリフがそのまま文字になって出てくるので、中国語の勉強にはとっても良い教材です♪

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

三里屯にオープンした小鶴東京餃子居酒屋。チョイ飲みには良いかも?

仕事後、三里屯で一人ご飯の場所を探してぶらぶら。

そういえば最近行っていないなと思い、トップウィンセンター(通盈中心)を散策していると、地下1階に"餃子居酒屋"を見つけました。

 

f:id:minghuabj:20171209125319j:plain

↑店名が見えづらくてすみません(汗)。「小鶴東京餃子居酒屋」というお店がいつの間にかオープンしていました。なぜ東京?

この場所、以前はフライドポテトのお店だったのですが、確かにあれは全然お客さんが入っていなかったな…。時間の問題と思っていましたが、早々に閉店してしまったのですね。

ちなみに、このトップウィンセンター自体が昨年オープンした新しい商業施設。

もうお店の入れ替えが起きています。売れないお店はすぐ取って替わられる。三里屯は家賃も高いですしね。

 

餃子が大好き♡なわけではないのですが(笑)、久々に食べたくなって入ってみました。

 

f:id:minghuabj:20171209125402j:plain

↑明るい店内。私以外に、日本人のサラリーマン客がいました。

 

f:id:minghuabj:20171209125520j:plain

↑箸置きが餃子の形です!これ可愛い。日本から持ってきたんだろうな、と推測(笑)。

 

f:id:minghuabj:20171209173050j:plain

↑メニューの一部。餃子を店名に掲げているので、種類がたくさんあるのかと思ったら、2種類しかありません!

餃子屋さんというより、ちょっと飲むのに良いかも、というラインナップ。

"日本の中華"もあります。日本人か、日本滞在経験のある中国人が始めたお店なんじゃないかな、とこれまた推測。

ランチセットもあり、30元くらいのリーズナブルな定食が揃っていました。ランチタイムの方が、近隣のビジネスパーソンでにぎわうのかもしれませんね。

 

f:id:minghuabj:20171209125639j:plain

青島ビール(15元)と、小ねぎの温玉乗せ(15元)。

…んん!?メニューにはどう見ても「小ねぎ」と書いてあるのに、ねぎではなく、ほうれん草です。私はほうれん草が好きだからむしろこっちの方が良いですが、なぜそこの日本語を間違える!(笑)

 

f:id:minghuabj:20171209125721j:plain

↑東京餃子(18元)。7個入り。

私は普通、一度に7個も餃子を食べることはあまりないのですが、これは小ぶりでペロッと食べられました。一口餃子みたい。

そもそも、「東京餃子」って、何ですかね…?餃子フリークではないので、すみません(汗)。

北京で食べる餃子と言えば、圧倒的に水餃子が多いし、焼き餃子も日本の餃子と形が違ったりするので、久しぶりに日本の餃子を食べました。

 

別のテーブルでは、店長らしき男性が、日本人のお客さんと日本語で話していました。

メニューを見て思った通り、おそらく、日本で滞在経験のある中国人の方が始めたお店なんでしょうね。

 

餃子以外に、リーズナブルで一人でも食べられそうな小皿がそろっているので、

チョイ飲みには使えるかもしれません。

もっとにぎやかにワイワイ飲みたいなら、私は3階にあるこちら↓をおすすめします★ 

minghuabj.hatenablog.com

 

 

小鶴東京餃子居酒屋

住所:朝陽区南三里屯路通盈中心地下1階

http://www.dianping.com/shop/95554746

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ!

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

ひどいパクリ、超有名カレー屋編。そしてスーパーマーケットの営業停止が気がかり

三里屯SOHOをぶらぶらしていたら。

地下1階にて、何だか見覚えのある看板が目に入りました。

 

f:id:minghuabj:20171208001915j:plain

↑いつの間に、三里屯にもココイチができたんだろう?

…んんん!?

ここ中国でパクリを見慣れている私でも、あまりのひどさに目を疑いました。

日本人にはすっかりおなじみ、「CoCo壱番屋」ではない。

「DAVID」?デイビッド!?どちらのお国よ!?

こ、これはひどすぎます…。

 

日本人として、ココイチさんに代わって怒りすら覚えながら、

店内には決して入らず、覗いてみました(笑)。

 

f:id:minghuabj:20171208002050j:plain

↑可愛いのかよくわからないクマ。

上のモニターには「クリーミーチキンオムレツ」が写っています。35元らしい。

夜確か8時くらいでしたが、お客さんが入っている様子はありません。

 

f:id:minghuabj:20171208002325j:plain

↑カレー屋さんのはずが、アフタヌーンティーを打ち出しています。

「下午茶」は中国語でアフタヌーンティーの意味。

女子会に使えって?何でもアリだね!(もちろん褒めているわけではないです!)

 

そして、極めつけはこちら。↓

f:id:minghuabj:20171208002401j:plain

↑!!!「ゆレー」!!!

海外で変な日本語の看板を見かけるのは珍しくありませんが、

よくあるのは、「マッサージ」が「マッサーヅ」になっていたりとか、

たこわさび」が「たこわちび」になっていたりとか、

要するに、似た文字を見よう見まねで書いて間違っていることが多いのです。

しかし、「カ」と「ゆ」を、どうやって間違うというのでしょうか?

ああ、ひどすぎる。

 

それにしても一番恐ろしいのは、

本家の知名度が低い国や地域では、模倣店が先に評判になったり有名になってしまったりすると、

本家と模倣店のどちらが正規なのかが、現地の人に誤解されてしまうことだと思います。

本家がいくら海外で知名度を広めようと努力しても、偽物を訴えても、

こういうことが平気で起こる可能性も、ないわけではないのです。

 

ココイチさんは、積極的に海外展開をされていますし、北京にも複数お店があります。

私も、日本のカレーが食べたくなったらときどきお世話になっています♪

ココイチのお店|カレーハウスCoCo壱番屋グループ

こんなひどい偽物に負けず、日本のカレー代表として引き続き頑張っていただきたいです!

 

ちなみに、私が見たゆレーのお店はこちらです。

http://www.dianping.com/shop/93962175

 

さて、場所を移して、以前の記事でもちょっと触れた、Heaven Supermarketの前を通りがかりました。

タイトルのスーパーマーケットとは、ここのことです。

 

minghuabj.hatenablog.com

 

今日もにぎわっているんだろうな、と覗いてみようとすると… 

 

f:id:minghuabj:20171208002436j:plain

↑外観。さすがに寒いから外で飲んでいる人はいないな。

って、あれ?

 

f:id:minghuabj:20171208002511j:plain

↑「一時休業中」の文字が。

最近この場所に移転したばかりだったのに。赤スプレーで書かれた文字が、なんだか怖いのですけれど…!

明らかに、「本日は臨時休業させていただきます」というレベルではない雰囲気を勝手に感じるのですが。

何かあったのかな、としか思えない、赤い文字…。ぶるぶる。

 

いつまで営業停止かも全く不明。

家の近所なので、営業再開していないかときどき覗いてみます(汗)。

 

そんな仕事帰りの夜散歩でした。

 

 

Heaven Supermarket 天堂超市

住所:朝陽区新東路12号星天地広場地下1階

http://www.dianping.com/shop/95367146

 

 

↓ランキング参加中◎その他北京情報いろいろ! 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村